★らいおんことばのデイケア 利用者様ブログ★

失語症や構音障害のご利用者様による近況報告のブログです。どなたでもコメント大歓迎です!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

自信をつけることの難しさについて!!!
 
 201111月上旬に私は脳内出血で倒れました。 その後、20124月上旬に病院を退院して、自宅に戻りました。 その翌々日から私はデイサービスに行き始めました。 「運動」とか「言葉」とか、一切無しのデイサービスです。 今になって思うと、自分自身がどうやって過ごして行くのだろうと思って、自信がもてないままでした。 
 
4月以前の病院では、PTさんやとOTさんが1時間ずつのリハビリ運動を行いました。 STさんは、40分間の言葉の訓練をやりました。 その他に看護士さんが見守りで、私の歩行の自主練を手伝ってくれました。 夕食の後にSTさんの宿題をやり、充実した生活を送りました。 それは、漢字の書き取りふり仮名をつける宿題でした。 
  
 一方、4月以降のデイサービスでの生活は、雲泥の差がありました。 かろうじて、私は筋力トレーニングをやり、自宅に帰ってからの「言葉の復習」をしました。 病院にいる時のノートをしっかりと持っていました。 私は相談する人も無い状態で、周りと人とも口を効かずに過ごしていました。 もっとも、私は失語症であったのですから(笑)
 
 6月中旬に家内がケアマネジャーの人に他のデイサービスに移りました。 運動のデイサービスです。 運動に関しては、私自身がモルモットになり、運動能力の向上に進んで行くつもりでした。 6月中旬には、私の右足は装具のままでしたが、9月初めには外履きをはける様になりました。 私の運動能力の向上は、3カ月余りで効果があると思いました。 
 
 (その2)では、「言葉の自信」を取り上げて見たいと思います。
 
by ジミ・ヘン
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事