★らいおんことばのデイケア 利用者様ブログ★

失語症や構音障害のご利用者様による近況報告のブログです。どなたでもコメント大歓迎です!

【番茶】の部屋 つれづれ日記

[ リスト | 詳細 ]

月曜・水曜・金曜にご利用の番茶さんのブログです。
世間の出来事を番茶目線で紹介。
鋭く、ユーモラスに読み解く視点はさすが!です。
趣味はハーモニカ!プロ級の腕前です。
記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【番茶】つれづれ日記

 襟元のバッジは議員の象徴であり、国会議員はバッジを着用しなければ議場にいれぬ。金権選挙で当選すれば「バッジを買った」と言われ、不祥事を起こせば「バッジを外せ」と言われる。
 衆院は赤紫色、参院は紺色のモールのまた同じような金色の十一弁菊花模様があしらわれているのが、実は、衆院は金メッキで参院は金張り。つまり、参院議員のバッジの方が高価なのである。さて…。
番茶

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

【番茶】つれづれ日記

 なかなか巧みな命名だったのが「骨太の方針」で、意味はよく分らぬが逞しそうな感じはする。2001年に小泉政権が導入した当初の概要説明では「おそれず、ひるまず、とらわれず」だと。
 5年に一度の年金財政検証の公表時期も参院選の後にする方針というから、国民的議論となること必至の難問は「おそれて、ひるんで、先送れ」らしい。その手は巷では「骨抜き」と申しますが…。
番茶

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

【番茶】つれづれ日記

 紆余曲折(うよきょくせつ)があったようですが、、ようやよく出ました内閣不信決議案。この間、衆院解散誘発を懸念する声も漏れ聞こえ、恐る恐る懐事情を与党に見透かされているようで何やら迫力不足ですが。
 それに比べて、このど迫力。昨日の参院本会議で三原じゅん子が「阿部総理に感謝こそすれ、問責決議案を提出するなど、まったくの常識はずれ、愚か者の所業とのそしりは免れません」どと。続け、「野党の皆さん、恥を知りなさい」と一喝。堂に入った啖呵の切り方は昔取った杵柄(きねづか)なのかもしれないが、いやはや、びっくりしましたなあ。言論の府は追力比べの場ではありませんが。
番茶

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

【番茶】つれづれ日記

 結局老後って、いくらかかるだよ! CMの画面に深くうなずく。政治家が目の前の選挙だけを見て未来を見ない。負担はせっせとツケ回し、弱ってないか。未来に向けて命をつなぐ本能が。
 近所のビルの軒先に毎年かかるツバメの巣。巣立ちが近い。白黒がくっきり分かれ、体もすっかり大きくなったひな鳥たち。それでもせっせと食べ物を運ぶ親鳥に、ふとほぼえみがけたくなる。ツバメは人けの多い所を選んで巣をを作る。人けがが多いと猫や蛇など天敵が近寄りにくい。人間にわが子を守らせるよく見ると餌をついばむひな鳥の横に「SECOM」のシール。まさかね…。
番茶

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

【番茶】つれづれ日記

 誰よりも高い場所に立とうとするのは人間の性(さが)なのか。それにして、すさまじい。世界で最も高いも場所を目指して登山者が列をなし、エレベスト山頂付近で渋滞発生という奇観にわが目を疑う。
 それに比べ、われらが地球の奥底の何と遠いことか。世界で最も深いマリアナ海溝の底に到達したのは1960年に潜水艇トリエステ号の2人、2012年に映画監督ジェームズ・キャメロン氏。
 続く4人目として米国の探検家が先月、最深部到達に成功したと伝えられた。ようやくたどり着い最後の秘境に待っていたのは海底に沈んだプラスチックごみだったとか。人類の営み恐るべし。
番茶

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事