★らいおんことばのデイケア 利用者様ブログ★

失語症や構音障害のご利用者様による近況報告のブログです。どなたでもコメント大歓迎です!

【ジミ・ヘン】の部屋

[ リスト | 詳細 ]

ゆっくり、着実に、ポジティブに日々前進されている
火曜・木曜利用のジミ・ヘンさんのブログです。
皆に勇気を与えてくれる、太陽のような存在です!
趣味は音楽。左手でのピアノ演奏はとても素敵です。
生きがいはボランティアでの会話支援。
記事検索
検索
自信をつけることの難しさについて!!!
 
 201111月上旬に私は脳内出血で倒れました。 その後、20124月上旬に病院を退院して、自宅に戻りました。 その翌々日から私はデイサービスに行き始めました。 「運動」とか「言葉」とか、一切無しのデイサービスです。 今になって思うと、自分自身がどうやって過ごして行くのだろうと思って、自信がもてないままでした。 
 
4月以前の病院では、PTさんやとOTさんが1時間ずつのリハビリ運動を行いました。 STさんは、40分間の言葉の訓練をやりました。 その他に看護士さんが見守りで、私の歩行の自主練を手伝ってくれました。 夕食の後にSTさんの宿題をやり、充実した生活を送りました。 それは、漢字の書き取りふり仮名をつける宿題でした。 
  
 一方、4月以降のデイサービスでの生活は、雲泥の差がありました。 かろうじて、私は筋力トレーニングをやり、自宅に帰ってからの「言葉の復習」をしました。 病院にいる時のノートをしっかりと持っていました。 私は相談する人も無い状態で、周りと人とも口を効かずに過ごしていました。 もっとも、私は失語症であったのですから(笑)
 
 6月中旬に家内がケアマネジャーの人に他のデイサービスに移りました。 運動のデイサービスです。 運動に関しては、私自身がモルモットになり、運動能力の向上に進んで行くつもりでした。 6月中旬には、私の右足は装具のままでしたが、9月初めには外履きをはける様になりました。 私の運動能力の向上は、3カ月余りで効果があると思いました。 
 
 (その2)では、「言葉の自信」を取り上げて見たいと思います。
 
by ジミ・ヘン
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

怪我をして思ったこと!!!
 
 今年の2月上旬に、私はあばら骨を2本折り、本調子に戻るまでに23ヵ月かかりました。 怪我をする前と後での心の変化について書いてみたいと思います。
 
 まず、私は用心深くなりました。 例えば、自宅にいる時も足もと周りの電源コード等を注意して、危ない位置におかない様にしています。 また、絶対にせかせかしては、駄目である事を私の肝に銘じております(笑) 次に、私は自分の事だけを中心に考える様になりました。 手始めに金曜日、運動のデイサービスに行き始めました。 その前、ケアマネジャーの人から問い合わせ先を聞き、自分自身で見学にも行きました。 その翌日は土曜日ですが、「らいおん」のボランティア活動の日で、私は体を動かすことが多くなりましたが、疲れは残らず快調に過ごしています。 
 
 最後に私の生活全般のことですが、健康第一に考える様になりました。 自宅にいる時だけでなく、「らいおん」にいる時もそういう風に過ごしています。 前は、ちょっとでも時間があれば、ピアノとかMy(マイ)チャレンジとかをしていたりしていました。 が、最近では昼寝もしています(笑)
 
by ジミ・ヘン
 

 


開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

仲間と一緒にカラオケに行きました!!!
 
 515日、「らいおん」の短時間の利用者であるMさんと一緒にカラオケに行きました。 実は、3カ月前から予定していましたが、私の骨折事故があったために延期になっていました。 私は進んでカラオケに行ったことは、ありません。 会社にいる時も、飲み会の後で、2次会のカラオケに行くという事は、絶対あり得ませんでした(笑)!!! その理由は、私自身が音痴なのと、みんなのヘタクソな歌を聞くことがどうしても我慢を出来なかったのです。 ところが、「らいおん」に来てからは、自分自身のためにカラオケをやる様になりました。 「発音」と「大きな声でしゃべる事」は、最高のリハビリという事がわかったからです。
 
 当日、二人は東京メトロの改札口で待ち合わせをし、午後115分ごろにカラオケ店に入りました。 午後3時までMさんが8を歌い、私は4を歌いました。 私が歌ったのは、ピアノの弾き語りをやるため下準備として2曲をカラオケで唄いました。 それ以外は、「らいおん」ではどうしても機械の都合か何かで、拒否された2曲を唄いました。 「はつかり5」と「空へ」の2曲です!
 
 これからも二人でカラオケに行きたいと思います。 
リハビリの一環として・・・・・!
 
by ジミ・ヘン
  

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

デイケアのマニュアルを作りました
(その2)!!!
 
 今年2月にデイケアのマニュアルを作り終えました。 ブログの(その2)にいては、利用者の一人一人が、朝930分に「らいおん」に着いてから午後4時までどの様な生活を送っているかを詳細に書いてみる事にしました。 
 
 10時からの「朝の会」に始まり、1030分から「Weチャレンジ」というものがあり、「口腔体操・昼食」をはさんで午前中は終わりです。 午後は、「おやつ」等をはさんで1430分からの「Weチャレンジ・体操」をやります。 1515分から帰りの仕度に入ります。 そして、「帰りの会」などをして、全員で歌を唄い、「サヨナラ」をします。 
 
 「らいおん」のヘルパーさん達にも私は素案を見せて色々なコメントをもらいました。 そして、私自身か゛直しました。 デイケアのマニュアルを最終段階に移りました。 が、日下先生か゛私に対して最後のぺ−ジで「作った理由について」とか「自分の今までリハビリをふりかえって」とか、私自身の思う事を書いてとお願いされました。 一週間が立ち、K先生のチェックを受けてマニュアルはとうとう完成しました!!! 
 
 これからも手直しや追加があるかもしれしれませんが、
バ−ジョン2やバージョン3という形でやりたいなと思いました。 あと一つは、「私の思う事です」が、別の機会にブログに取り上げて見たいと思っています。
 
by ジミ・ヘン

イメージ 1

  

 


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

デイケアのマニュアルを作りました(その1)!!!
 
 昨年、10月下旬、私は「らいおん」のデイケアのマニュアルK先生の指導を受け、作り始めました。 その理由は、私も失語症であったために、言葉の不自由な人々に何かお役に立てる事は、出来ないかなと思いました。 それが、デイケアのマニュアルを作り始めるきっかけでした。 
 
 2年前、「らいおん」の紹介メモを私が作ったものがありましたので、自分のパソコンから引っ張り出してきて、原稿案の作成に使いました。 毎週、火曜日K先生との個別訓練でマニュアルに関する打ち合わせを行いました。 年が明けて2月まで打ち合わせを重ね、全部で13もマニュアルの原稿案を作りました。 それでも、私は苦痛とは感じずに、マニュアルの完成を目指しました。
 
 マニュアルの中身は、まず、第一に「一日のスケジュール」や「個別・グループ訓練」や「WeMyチャレンジ」等の説明が中心になっていました。 その次は、「送迎車にてのってからデイケア到着までの流れ」、「席についてやること・席にあるもの」について説明しました。 「荷物をおいておく場所について」や「トイレの使い方」も懇切丁寧に説明をしました。 ちなみに、私は週二回、「らいおん」には来ていますが、その他にボランティア活動もしています。 それだから、利用者としてだけではなく、ボランティアの立場から安心や安全にマニュアルを整備しました。
 (その2)へ続きます!
   
by ジミ・ヘン

   


開く コメント(5)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事