★らいおんことばのデイケア 利用者様ブログ★

失語症や構音障害のご利用者様による近況報告のブログです。どなたでもコメント大歓迎です!

【ジミ・ヘン】の部屋

[ リスト | 詳細 ]

ゆっくり、着実に、ポジティブに日々前進されている
火曜・木曜利用のジミ・ヘンさんのブログです。
皆に勇気を与えてくれる、太陽のような存在です!
趣味は音楽。左手でのピアノ演奏はとても素敵です。
生きがいはボランティアでの会話支援。
記事検索
検索
装具を作り直しました!!
 
1月末より、私は右足の靴ズレに悩まされていました。 その原因は、私の右足の装具にあり、装具を作り直す事に決めたのです。 それに際しては、私なりの挑戦をしました。 今まで2は、家内にお任せ状態でありました。 本来は、私が自分自身の身に起こったことは、一から十まで良く知っておきたい性分です(笑) 装具を作る事に関しては、一人でやって見ようと思いました。
 
まず、手始めに労基署の人に電話をかけ、申請書を送ってもらうことからスタートしました。 労基署の人に申請書を送り返すと同時に手紙を書きました。 それとほぼ同時に、日下先生経由で装具屋さんを紹介してもらいました。
日下先生とのやりとりは、メールを使いました。 「らいおん」で装具屋さんとは、3回お会いしました。 補足的に私が打ち合わせをやりたい時には、携帯電話を使いました。 私は連絡手段を駆使して、ようやく新しい装具を完成しました!  510日の事で、一生懸命にやったおかげです!(笑) 
 
今回の出来事で、私はあるメモを作りました。 3年後、装具を作りたいと思った時に、備忘録として取っておくためです! ちなみに、装具屋さんの人にも見てもらいました(笑)
     by ジミ・ヘン
 

 
イメージ 1

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

りの人の言葉により自信をつけた事!
 
私にとって周りの人の言葉によって、自信をつけた例を紹介します。
 
まず、言語聴覚士のK先生です。 私との付き合いは、4年半にもなります。 特に、私の自信なさげな様子を見て、いつも「ジミ・ヘンさんなら、キット出来るよ!」とK先生は、励ましてくれています。 「らいおん」の施設紹介などもその通りでした! ちなみに、自分自身は、1年前から不安そうな様子を見せずに、振る舞っています。 自信がついたのだと思います!
 
2番目として、マルエツの2階の薬屋の店員さんが挙げられると思います。 毎回、買い物のたびに、絆創膏風邪薬などを私は買います。 その度ごとに、 「おはようございます。 前回、お買いなった薬は、どうですか?」 と彼女は、話しかけてくる様な事もあります。 決まった店に行く事で、私は顔なじみになりました。
 
3番目は、私の近所のおばさんです。 一年半の間に、お互いにムダ話しをする様になりました。 つい先日、彼女は私の事を誉めてくれたのです。 「言葉も分かりやすいし、口数が増えたんじゃないのかなあ?」 私は調子にのって、 『土曜日には、行徳までボランティア活動に行っている。』 と話しました。 ちなみに、ムダ話しの所要時間は、2倍以上、増えました(笑)
 
失語症の一部の人々は、自信を失っており、私は今回、話しかける事が必要であると気がつきました!
 
  by ジミ・ヘン


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

自信をつけること!
 
7年前、私が病院を出る直後のことを話したいと思います。 ちなみに、私はプラス志向の人だと言われてきております。 「らいおん」のK先生には、そう言われて育てられてきました(笑)!
 
その当時、私はデイ・サービスに行った時、送り仮名をふる事は出来ませんでした。 昔、出来た事が、今はどうして出来ないだろうなと思いました。 私は受け身の人間だから、怪我をして、今、こう風になるという事も自分の責任だ、と私なりの解釈で生きてきました。 私は、赤ちゃんの様な気分で一から学び直さなければ、ならないと思いました。 ちなみに、病院にいる時のある人の言葉です。 入院患者のSさんの口から出た言葉です!
 
一年後には、ようやく、送り仮名ふりが出来ました。 その理由は、デイ・サービスから家へ帰ってから、ルビふりを一日も休まず、実施しました。 同じ様な問題を繰り返して休まずに、練習することが良かったのかも知れません。
それは、自信につながる様になるからです!
 
 次回、私の努力では無く、周りの人の言葉によって自信を取り戻したことを紹介します!
 
   by ジミ・ヘン
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ヘルパーさんの話!!!
 
私は「らいおん」のヘルパーの人に関する話しをしてみたいと思います。 私は、常々、
『どうすれば、あんなに親切にすべての人々にやさしく、接することが出来るのだろうか?』
と言う事を心の中で思っていました。
 
 417日、見学者が一人、見えられてヘルパーSさんに質問をされていました。 私はピアノを弾いており、聞き耳をたてていました(笑) 
「ここには、何年ぐらい、勤務されているのですか?」 と言う質問に対して、Sさんは、
6年間です!」 と言いました。 Sさんは、引き続き、
最初の一年間は、どの様に対処すれば、良いのか分かりませんでした。」  
 と見学者に対し、答えました。 私は、ビックリしました!!! 
『そうなんだ! あのSさんでさえ、一年間、何をしたら良いかと心配でいたんだなあ!』 と思いました。
 
 私は、ボランティア活動を始めて2年半にもなります。 最近、私は会話の端々に、冗談を交えてしゃべっています(笑) 
私はSさん以外のヘルパーさん達にも同じ事を
慣れるまでの期間は、どれぐらいか?
と聞いてみたいなあと思いました。
 
   by ジミ・ヘン
 

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

 靴ズレが治りました!!!
 
4月初め、ようやく私の右足の靴ズレが治りました。 1月末から、2カ月間かかってしまいました。 最初の1カ月は、私の右足のわきの部分に靴ズレが出来、次のもう1カ月の時は、私の右足の裏側に新たに靴ズレが出来たのです!
 
靴ズレの件で、私の不自由な右足の事をより慎重に考える様になりました。 私は、お風呂に入った時には、それまでとは違って右足を念入りに洗う様になりました。 まず、最初に右足の裏側をよく見る様にします。 そして、スポンジに石鹸をつけて、ゆっくり洗います。 ちなみに、私はお風呂では、シャワー・チェアを使っています。 湯船は、入らずにシャワーです! それで、お風呂から出た時は、もうひと手間かけていました。 私の右足の裏から側部にかけて携帯電話で写真を撮るのです。 131日から2カ月間、ずっと撮り続けていました! そうすると、私のケガの治り具合がひとめで分かるからです。  
 
「モニタリング」は、時間はかかりますが、最も地道な方法で私に向いているなあと思いました!
 
  by ジミ・ヘン
 
(シャワー・チェアの使い方です。 
右の写真:普通は折り畳み式でこう使います。 
左の写真:お風呂に入っている時は、椅子の形で使います。)

イメージ 1イメージ 2

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事