イメージ 1

今から2年前の今頃のことです。
フィンランド人の知人から回ってきた
写真がこれ。

この2人のデンマーク人の高校生は
自分達の写真が地球上のどのあた
まで拡散するかに興味をもって英語
で協力を呼びかけています。

英語そのものを学ぶ方法もあります
が、英語を使ってなにかやる
PCゲームでも、チェスでも、料理でも
興味あることを「英語でやる」
でないと、英語を使いこなす日本人の
数は今後も変わらないかも知れない。

イメージ 2

リスニングは英語の木の根。
太い根に支えられ高木が育ちます。
根で吸収された水分・養分が
美しい葉や花になり
あなたを癒します。
でも根は地中にあり眼に触れません。
この目立たない根がlisteningです.
根を育て、英語力を開花させる
その仕組みがAHOです。
AHOの資料をお送りしています。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
去年に続き3回目となる隣町の市営小学
生デーケア・ホーム。
今や遅しと東京の魔術師を待つ子供たち。
人種は様々。

イメージ 2
ちょっと責任者と打ち合わせ。風が少し
出始めたが屋外でやることに。
しかもフィンランド語の通訳なしで英語
でやっちゃへと。
責任者のルスさんは基本おおざっぱ。

イメージ 3
東京から持ち込んだワイヤレス・スピー
カーの調子がいまいち。
しかもオープニングで使うマジック道具を
置き忘れてきたみたい。
焦ったが何事もなかった振りをする。
ここベテラン教師の腕のみせどころ。大汗。

イメージ 4
しょうがないので
二番目に用意していた500円玉の空中
消滅。
500回以上試してきたマジックだけに
ドンピシャ。空中で しっかり消えた〜!
子供たちの歓声が嬉しい。

イメージ 5
テーブルの下を覗き込んだり、怪しい動き
をして、気になるアフリカ系の少年を前に
立たせて味方につける。
これから助手のように協力的になる少年。

イメージ 6
柳沢マジック倶楽部で学んだ 2本の毛糸
が手の中で1本になってしまうマジックが
大うけ。
自分の手の中で起きた不思議を友達に語
り続け少年の大興奮が止まらない。

イメージ 7
この頃から、風が強くなり おぐしが心配
になるが、三本ロープで受けを狙う。
ううむ、今ひとつ盛り上がりに欠ける。

イメージ 8
更に おぐしが気になる風が強まるが
可愛い少女を選んで、シルクの結び目を
一瞬で消す。
モノが消えたり、突然出現したりするのが
子供たちに受けるのは世界共通。

イメージ 9
これまた柳沢マジック倶楽部で堤先生から
紹介されたキュッキュ音がでる調味料の瓶
が要所要所で大受け。
おぐし状態をすっかり忘れて余裕のスマイル。

イメージ 10
最後は またまた可愛い女の子に好きな
カードを選んでもらい 表に自分の名前を
書いてもらいます。ERUSHA 中東系?
そのカードをトランプの中にもどし、しっか
りシャッフルしてもらいます。
なのにそのカードはとんでもないところから
出て来る。これがエンディング・マジックで
した。

それにしても屋外のマジックは問題あり。
次回はヘルシンキ日本語補習校での
夏祭りに3回目の出演予定。
屋内で日本語と英語でやれるので気は楽く。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 2

8/14(火) のBBC Newsによると
英誌エコノミストの調査部門「エコノ
ミスト・インテリジェンス・ユニット」
発表の「2018年世界で最も住みやす
都市ランキング」で、大阪が3位、
東京が7位に選ばれたそうです。

首位はオーストリアの首都ウィーン。

1位 ウィーン(オーストリア)
2位 メルボルン(オーストラリア)
3位 大阪(日本)
4位 カルガリー(カナダ)
5位 シドニー(オーストラリア)
6位 バンクーバー(カナダ)
7位 東京(日本)
8位 トロント(カナダ)
9位 コペンハーゲン(デンマーク)
10位 アデレード(オーストラリア)

この中で住んだことがあるのは東京とコ
ペンハーゲン近く。

オーストラリアもカナダもオーストリアも
行ったことがありません。

ヘルシンキが入っていないのは不思議な
気がしますが、医者に直ぐに見てもらえな
い公共医療制度だからかな。

ちなみに、2016,2017年の結果は以下
の通りです。
イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

リスニングは英語の木の根。
太い根に支えられ高木が育ちます。
根で吸収された水分・養分が
美しい葉や花になり
あなたを癒します。
でも根は地中にあり眼に触れません。
この目立たない根がlisteningです.
根を育て、英語力を開花させる
その仕組みがAHOです。
AHOの資料をお送りしています。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事