全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全857ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


セゾンカードから届いた「大事なお知らせ」。


イメージ 1


新サービス拡充と年会費値上げのお知らせだった。

サービス拡充の内容は
・ユナイテッドクラブラウンジ利用パス2枚
・優先搭乗
・マイル有効期限無制限
・特典航空券の適用除外日なし
・マイル購入10%割引

陸マイラーならともかく、自分自身にとってはどの内容もまったく不要。
単なる年会費値上げでしかなく、最悪。

これまでメインカードでそれなりに活用させてもらってきたが、
ちょっと付き合いきれない。解約を真剣に検討してみようかと。


開く コメント(0)

WSF 牧 7.9 1400-1715


それほどいい予報でもなかったが、少しずつ上方修正されてたので、
夕方狙いで牧でウィンドサーフィン。

隣の新畑では関西学連の新人戦初戦。そこからの情報で午前中から
すでに風が入りはじめたと知って、あせる。


イメージ 1


あせった割には到着時はそこまで風は吹いておらず。
上がったら張り直し前提で、7.9をセット。

インサイドはそうでもなかったが、アウトに出て新畑サイドまで行くと
ジャスト〜アンダーぐらいでけっこう乗れた。

2時間ガッツリ乗ってヘトヘト。疲れてはいたが、あまりに気持ち良かったので
16:30からもう1ラウンド出たが、これで身体がボロボロになった。無理しちゃいかん。

帰りの運転もままならず、嫁さんにお願いする体たらく。。。


イメージ 2


ビーチの水際で溺れかけてたのを嫁さんが救出したカミキリ虫。
助けたものの息も絶え絶えで、あまり動けず。。。


イメージ 3


夕食は小龍包のお店。


イメージ 4


夕食を終えて駐車場に戻ると、えらい空が赤かった。


開く コメント(0)

J1 16節 G大阪 1-0 湘南


ロスタイムの食野のゴールで、久々に大盛り上がり。


イメージ 2


戦力の割にいいサッカーをする湘南と対戦。


イメージ 1


ガンバは倉田が出場停止で、福田がインサイドに入って右WBに田中達也。左は中村。

磐田戦で改善の見られた中盤の組み立てが、この日は湘南のプレスの前に沈黙。
またまた前へボールを運べず、後ろで延々ボール回しをするサッカーに逆戻り。

前半はホント退屈で帰りたいぐらい。田中達也が1対1できる状態に持ちこんだ時のみ
その半分ぐらいはチャンスになる。偶発的にアデミウソンがGKと1対1に持ち込んだが
ドリブルが大きくなってアウト。

福田が全然機能しないと思ったら、後半最初から遠藤投入し、これが大当たり。湘南の
足が止まったことも重なって、ガンバが攻めまくった。それでも決定機は数えるほどで
スコアレスドローも覚悟した91分、食野がドリブルで相手DFを外してミドルを決めた。

ファン・ウィジョの決定力はどこかへ行ったし、アデミウソンのプレーの軽さは相変わらずだし、
今なら食野の方がよっぽど期待できる。ドリブルのシャープさでも決定力でも。



遠藤が出てきてボールが回り始めたのは良かったが、皆が遠藤を頼りまくるのは不満。
もっと自分達で何とかせーよ、と言いたい。


開く コメント(0)

南米選手権 GL JPN 2-2 URG


本気のウルグアイとBチームでまさかのドロー。
不確実性てんこもりのサッカーの面白さ。

チリに大敗した試合も決定機の数ではそんなに変わらなかった。
日本がもう少し決めて、逆に失点を少し抑えられれば、こんな結果にはなる。
まあそれが難しいんだけど。

試合全体としてはウルグアイに相当押し込まれたが、この日はGK川島が1対1を防ぐなど
盤石のプレー。スアレス、カバーニの強力2トップに流れの中から失点しなかった。
1失点目はちょっと厳しい判定のPKだったし、2失点目はCKもヘッドも完璧でどうしようもなし。

逆に日本の1点目は柴崎の素晴らしいロングパスから三好が個人技で持ち込んでシュート。
2点目は中島が珍しくこねくりまわさずにシンプルにオーバーラップした杉岡に渡したとこから。
守備も含めて中島のこのへんの判断がこなれてくると強いかも。




ウルグアイ相手に勝ち点1をゲットしたことで、最終戦に勝てば決勝トーナメント進出の
可能性が出てきた。そんな機会はめったにないので、がんばってほしい。

この試合は岡崎、川島の両ベテランが効いていたが、今後そこをどうするか?
森保さんの采配も見もの。


開く コメント(0)

女子W杯 GL JPN 0-2 ENG


これが現時点での実力差。

むしろ後半は日本も押し込んでチャンスを量産できたことにビックリ。
(最近、目線が落ちて来てるか?)

ボールの置き所やパス回しはかなり改善されてきてる。
あとは守備も攻撃もゴール前の精度。

守備はあと一歩、予測や粘りが欲しい。格上とやる時は序盤の劣勢を
どこまで耐えれるか?で決まるのに、そこを粘れない。

攻撃も、相手がたくさんミスしてくれたことでラストパスまでは完璧なんだけど
それが確度の高いシュートにまで持ちこめない。

森保さんも高倉さんも準備試合をほぼ選手の選考や見極めに使って
コンビネーションを高めることしてこなかったのが不満。そういう意味では
大会中の伸び代はまだあるはず!




1位抜けはできなかったが、アメリカ、フランス、イングランドと別山になったのは
むしろラッキーゾーン。ドイツも準決勝まで当たらないし。

一回戦の相手はオランダに決定。スピードでぶっちぎられるのを何度も経験してるので
序盤いかにゼロで抑えられるか?で勝負は決まりそう。


開く コメント(0)

全857ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事