高知白バイ事故=冤罪事件確定中

高知白バイ事故を詳しく知るには左の書庫からKSB 瀬戸内海放送のシリーズをご覧下さい

全体表示

[ リスト ]

ブレーキ痕写真検証

 10月3、4日のKSBの報道以来、このブログの訪問者も増えたり、また、いろんな動きが出てきたりしています。

 さて ちらりとコメント欄には書いたのですが、
 ブレーキ痕の長さについてです。
 法廷では右1mと認定されています。
 左は1.2mです。
 
 検証しました。

 下の写真はRKC放送の6月7日地裁判決の日『高知アイ』で流されたものを静止画で抜き取りました。

 右側のブレーキ痕にご注目。
 
イメージ 1


 字幕の『事故現場』の「故」と「現」の上辺りまで、一度消えかかって、また濃くなってスリップ痕が伸びているのがわかるとおもいます。

 画像が荒くて申し訳ないのですが 拡大するとちゃんとその『スリップ痕の切れ端』は警察のチョークでかこまれています。

 つまり 警察は証拠として扱うつもりだったのでしょう。
 そしてお気づきでしょうか
 左よりも右の方か長いのです。

 次に、KSBの映像より書き出した静止画です。
 3人の警官がスリップ痕を測定しています。

 
イメージ 2


 こちらでは、RKCに写っているブレーキ痕とは明らかに長さが違う。

 KSBの映像が撮影されたのはRKCのそれより後というのは『影の方向』から判断できます。

「ブレーキ痕切れ端」のあった辺りには、処理剤の『白い粉』も撒かれていない。
  
 RKCの映像にあった「ブレーキ痕の切れ端」は『蒸発』したんでしょう。そうとしか考えられない。

 
 

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

参考になる記事ありがとうございます!
当方のブログにも遊びに来て下さい!

2007/10/11(木) 午後 9:01 [ コロ助 ] 返信する

顔アイコン

参考になる記事ありがとうございます!
当方のブログにも遊びに来て下さい!

2007/10/11(木) 午後 9:02 [ コロ助 ] 返信する

顔アイコン

消えるブレーキ痕!?作ったとしか考えられません(-"-) 削除

2007/10/12(金) 午前 0:21 [ takamori ] 返信する

顔アイコン

う〜〜〜む
この記事の写真を改めて見ると・・
KSBの写真のスリップ痕は1mあるのか?
県警の鑑識が伸ばしている「メージャー」の手前端はスリップ痕の端と一致していない。

この3人の鑑識はなにをしてるんだぁ??

2007/10/12(金) 午前 0:26 [ littlemonky737 ] 返信する

顔アイコン

>takamori様
コメントありがとうございます

そうとしか かんがえられないでしょう!!

2007/10/12(金) 午前 0:28 [ littlemonky737 ] 返信する

顔アイコン

ブログ読んで、うろ覚えながら何かのお役に立てれば、とコメントします。

例えばスリップ痕が1mあったとする。
このスリップ痕が途切れることのない一本の連続した痕であるならば、この1mをバスが進む間、ABSは動作していないことになる。
(ABSが動作していればタイヤは回転し、スリップ痕は途切れる)
道路とタイヤの動摩擦係数は0.4〜0.5といわれる。
(タイヤはABS不動作のため転がっていない、従って転がり摩擦係数の適用は不適当)
バスの車重が10トン。
これだけの数値から、バスがブレーキを掛け始めたときの速度が算出されるはず。検察側の証言ではバスの車速は10km/hでしたっけ?これと照合できませんか?

もしくは、バスの車速10km/hから、動摩擦係数0.5で地面を滑ったときの移動距離は?(高校か大学初歩の物理計算で解けるはず)
この計算結果は1mよりずっと短いものになるのでは(テレビで報道された0.3m程度とか)

このあたりから反証できませんか?と思いましたが…

2007/10/24(水) 午後 10:09 [ cop*e*fish*23 ] 返信する

顔アイコン

copperfish023さんの書き込みが正しいとすると、摩擦係数をμ、バスの質量をm、重力加速度をg、スリップ長さをl、バスのブレーキを踏んだ時の速度をvとすると

μ・m・g・l = 1/2m・v*v

v = root(2μgl) = 3.13 m/s = 11.3 km/h

となって検察側の証言とほぼ一致することになります。

それと下の写真もよく見るとヘルメットを被った警察官の左にブレーキ痕があるように見えます。 削除

2007/10/31(水) 午前 2:06 [ momisan ] 返信する

顔アイコン

私はブレーキ痕が曲がってるのが気になります。
どういった状況でこのようなぐにゃりと曲がったブレーキ痕が付くのでしょうね。

2007/11/2(金) 午前 11:21 [ fig*ter*of_**di ] 返信する

顔アイコン

2枚の写真は、撮影した方向、角度が大きく違うため、長さが違うように見えるだけかと思います。
下の写真のスリップ跡を見ますと、真ん中の警官の左膝外側付近から、ヘルメットを被った警官の左側付近まであるように見受けられます。
私が真ん中の警官の格好を真似て、左膝から右手までの距離を測ると、約70cm、ヘルメット警官が寄り添うようにしているようにも見えないので、1mくらいかなぁ・・・、と思えるのですが、いかがでしょうか?

2007/11/5(月) 午前 0:46 [ ket*r*u2 ] 返信する

顔アイコン

二枚目の写真、白バイ隊員の右手の角度、体の重心に注目。隊員は右手を事件現場にペタリと着いている。手袋で路面をぬぐっている様にも見える。事故処理現場でとる体制にしてはきわめて不自然。
もともとあったスリップ痕先端はバスの前輪位置より前に出ている(長かった)ようにも見える。

2007/11/5(月) 午後 3:00 [ - ] 返信する

顔アイコン

石田総合保険「ブレーキ痕からわかる車の速度計算」から

http://isida3.com/index.htm

「交通事故」->「ブレーキ痕からわかる車の速度計算」

-----

(1)裁判の証拠、左がブレーキ痕1.2mでは

ブレーキ痕
1.2m:乾いたアスファルト(新しい舗装):16km/h
1.2m:乾いたアスファルト(交通量少):14km/h
1.2m:乾いたアスファルト(交通量多):14km/h

(2)目測の上限:時速10km/hに収めるには、

ブレーキ痕
0.5m:乾いたアスファルト(新しい舗装):10km/h
0.6m:乾いたアスファルト(交通量少):10km/h
0.6m:乾いたアスファルト(交通量多):10km/h

-----

計算式は冷徹ですね。

白バイの目測あまりあてにならないようです。 削除

2008/10/11(土) 午後 2:16 [ もとバイク乗り ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事