高知白バイ事故=冤罪事件確定中

高知白バイ事故を詳しく知るには左の書庫からKSB 瀬戸内海放送のシリーズをご覧下さい

全体表示

[ リスト ]

闇に光を・・・・

 鉄「政・・・てめぇ 旦那の許可は取ってあるんだろうな?」
 政「もちろんでさぁ。でも事後承諾になるかとおもいますよ」
 鉄「そりゃまずいぜ。政」
 政「いやぁ 違うんですよ。きちんと許可をもらてますよ」
 鉄「・・・・よくわかんねぇな。どういう意味だ?」

 政は鍵盤を打つ手を止めて鉄を振り返る。

 政「旦那が『忘れん坊』ってのを忘れたんですかい?」
 鉄「そりゃ 間違いないことだが・・・」
 政「でしょう。 いざとなりゃ そういうことにするんですよ」

 鉄は苦笑いしながら答えた
 
 鉄「へっ 俺と旦那にはないものを持ってるな。てめぇは。」
 政「いえ きちんと許可をもらっているのはホントですよ。」
 鉄「旦那はなんて許可をくれてんだ?」
 
 政が返答に詰まる。詰まるが、詰まりながらも答える

 政「・・・・できることなら別の場所でやれと・・・・」

 鉄「あはははは。政ぁ。その、できることならって言葉に甘えるわけだな」

 政「へへ 恐れ入りやす。」
 鉄「まぁ、いいやな。で 何から始めるんだい?」

 政の顔から笑顔が消えた。
 鉄はそれに気がつかない顔をして、政の言葉を待つ。

 政は視線を逸らし鍵盤に向きなおした。

 政「兄貴、その辺いろいろとありますがね。あまり書くと旦那はもちろん、叔父貴の関係筋に迷惑が掛かるかもしれません・・・」
 
 鉄「だから、何を書くのかと聞いてんだがな。事後承諾でも、お前の早とちりでもいいから、先ずはなにから書くつもりなんだい?いまさら何迷ってんだ。」

 政「では言いますが・・・二つほどあるんですが、先ずは・・親方日の丸の保険屋からです。」
 鉄「自動車共済保険かい?」
 政「ヘイ。どうして事実関係を争わないまま、あの金額を支払うことにしたのか?」
 鉄「ふむ。先ずはその辺からだな。その理由がわかったんだろう。」
 政「へい 建前は・・ってところですがね・・・兄貴も角におけませねぇ。知ってたんですかい?」
 鉄「そんなことはいいから、早く書かねぇと時間がなくなるぞ。」

 政「わかりやした。では・・・」
 
 政は鍵盤を打ち始めた。

 スクールバスの任意保険は市町村共済組合の自動車保険。そして 白バイの任意保険も同じ共済保険。
 その共済保険の言うことには「一般的に、損害賠償は、双方の損害・・・今回は人身に関する損害を合算した上で、それに過失割合を乗じて双方の保険屋が支払うっていうのが原則。今回過失割合がどのようになろうが、当共済保険として支払う金額は変わりない」
 つまりは、損害額の総計を支払うのは共済保険一社。だから、過失割合を争う必要が無いという説明をした。

 今回の高知白バイ事故はバス側に人身に関わる損害はない。つまりは損害額の10割は白バイ隊員の逸失利益とご遺族の精神的苦痛に関する慰謝料となるのだが・・・

 仮に 白バイの加入していた共済保険に搭乗者保険が掛かっていて、それも運転手自身の損害を補償した保険であれば、その論が成り立つ。

 しかし この保険屋が、民保のようにそういったオーダーメイドの保険商品を用意できる組織とはちくと思えない。

 先を急いでいるので理解しにくいかと思いますが、続けます。

 物損の場合、双方、対物の任意保険には入っている場合がほとんどだろう。
 A,B両車がおなじ損保会社なら、A車の修理代が70万円 B車の修理代が30万円として、過失割合が10:0であろうが5:5であろうが、損保会社は100万円を支払うことになる。

「そんなことはない。私の事故の場合は相手も同じ保険屋だったけど、向うの修理代(70万円)は保険で払ったけど、自分の修理代(30万円)は自分で自分で払った」
と言う方もいるかもしれない。

 それは その人の勉強不足です。または不親切な担当者に巡り当たったと思ってください。

 話を戻します。

 この論理を今回の事故に適用して「事実関係を争わない理由」としていることに疑問がある。

 今回 バスの運転手の精神的損害は別にして、人身に関わる損害は0万円
 で白バイの方は1億円。

 損害の合計は1億円となります。

 仮に過失割合が バス:白バイ=9:1としましょう。

 一般には、1000万円過失相殺されて9000万円がご遺族に支払われることになります。

 でも、この保険屋は『過失割合を争っても当社の支払い総額は同じだから、争う必要が無かった』といっている。
 つまり、過失相殺された1000万円についても共済保険が補填するから
 過失割合を争う意味が無いといった。

 私が知る限りでは そういう説明ができるのは、白バイの運転手に特約がついていたときだけだと思います。

 その特約がついていたうえで。片岡さんサイドに求償権を行使してはじめて『同じ金額を払うことになる』というならわかりますが・・・


 親方日の丸の保険屋にその様なバイクの運転手に特約をつけることができるのか?
 
 また、以前は自動二輪の共済保険はなかったが、いつからできたんだろう。

 保険が掛かっていたとしたら、それは車両に掛けられていたのでなく、白バイ隊員個人にかけられた保険でしょう。
 そうであれば 同じ共済保険ではあるがそれは自動車共済保険ではない。
 会計は別なはず。

 いかん時間切れです







 
 

 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

自賠責はどの様な判断をされたのでしょうか・・・

任意保険を支払うという事は自賠責の判断がなされているはずですが・・・?

2008/7/7(月) 午前 9:00 [ tos*ik*zu23** ] 返信する

顔アイコン

おおお 流石です。
返信は山本さんのブログにてしておきます

さて、ご無沙汰してます

愛媛白バイ事故は7月9日が3回目の裁判のようですね。 傍聴券が必要なくらいの関心が集まっているとか聞いて言います。

愛媛県の皆さん、お時間があれば是非に傍聴してみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/toshikazu2355

2008/7/7(月) 午前 11:17 [ littlemonky737 ] 返信する

顔アイコン

内緒様

警察車両総合自動車保険契約等に関して初歩的な間違いがあるとの事ですが、素人の私が書いて言うrのですから

知るは一時の恥という言葉があります。
間違いは間違いで訂正する必要がありますから、具体的な部分を教えていただけたらありがたいです。

なお 保険会社(自治協共済保険)の事実関係を争わなかった理由の公式な場での説明は・・

「双方とも同じ保険会社なので、過失割合に関係なく保険金の支払額は同じだから・・・」と法廷でぬかしていましたが・・・いや 申していました。

2008/12/3(水) 午後 0:36 [ littlemonky737 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事