高知白バイ事故=冤罪事件確定中

高知白バイ事故を詳しく知るには左の書庫からKSB 瀬戸内海放送のシリーズをご覧下さい

全体表示

[ リスト ]

準備中(10)

5 その他の新証拠の評価及び明白性についての結論

請求人は、新証拠として、教員Aほか乗員6名の陳述書(作成日付は平成22425日から同年717日)及びうち1名の捜査段階の供述調書を提出している。これらは、概ね、本件バスが停止していたときに本件白バイが衝突したという内容である。
しかし、本件バスが車道に出る前に一旦停止した後、再発進し、低速度で進行して最終停止位置に停止したことは明らであり、その間の時間もわずかである。そうすると、本件バスの乗員にとって、本件衝突が本件バスの再発進後、進行中に起きたのか、最終停止後に起きたのかを正確に認識することは容易ではなかったと考えられる。
現に、上記のうち生徒Aの供述調書(再弁30)及び生徒Bの陳述書(再弁15)には、本件バスの進行中に本件白バイが衝突したことをうかがわせる記載があり、乗員の感じ方には差異がある

そうすると、衝突は本件バスの停止後であったという上記各供述について、原決定が、その証拠価値は乏しいとして、確定判決の認定を左右しないと判断したことに誤りはない。

そして、原決定は、本件即時抗告審において所論が言及していないその他の新証拠についても検討した上、三宅鑑定書意見書を含め、本件において「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」は存在しないと判断しているところ、その判断に誤りはない。
 
6 審理不尽の論旨について
所論は、原審裁判所が三宅洋一氏の証人尋問を行わなかったことについて、審理不尽の違法があると主張する。
しかし、原審裁判所は、請求人が提出した三宅鑑定書意見書を取り調べており、三宅氏の証人尋問の必要性についての請求人の主張は、主として、

①専門的な事項について、同氏が裁判所に直接説明するほうが分かりやすい、

②本件タイヤ痕が真正のタイヤ痕とは認められない理由や三日月型の痕跡が路面擦過痕とは認められない理由について、直接尋問する必要がある、というものであった(原審平成25912日の打合せ調書、原審弁護人らの同年1010日付け意見書14頁〜26頁)。

このうち、①については、原決定が、色再現の違いに関する三宅鑑定書の指摘は前提となる資料の点で誤っているとした点は是認できないが(前記3(2)イ)、そのことは、本件ネガフィルムの原本性及び画像改変の疑いの点で、三宅鑑定書意見書の明白性を否定した原判断に影響を及ぼすものではない (前記3(2)ウ)。それ以外の点で、原審裁判所が三宅鑑定書意見書について理解しておくべき内容を誤解していると疑われるものはない。

②について は、三宅氏がそのように判断した具体的理由が意見書等によって追加されたのであればともかく、三宅鑑定書意見書に十分な理由が記載されていない からといって、それを証人尋問によって確認しなければ審理不尽であるとはいえない。

原審裁判所において、三宅鑑定書意見書の取調べに加えて、同氏の証人尋問をも実施すべきであったとはいえず、審理不尽の主張も理由がない。
よって、本件即時抗告は理由がないから、刑訴法4 2 61項によりこれを棄却することとし、主文のとおり決定する。

平成281018
高松高等裁判所第1
裁判長裁判官  半 田 靖 史
裁判官     
裁判官   廣 丈 嗣

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事