文章教室

文章教室にまだ通っておりました。でへへ^^
案外しぶとく持続力のある私です。
9年位になるのかなぁ。
私が辞める前に、先生がお辞めになることになりました。
もう80歳になるので、そろそろ時間の拘束から解放されようかというのが理由で、、、
そんで、今月第四火曜日が最終講座です。

それなので、明日提出する作品が先生に添削してもらう最後の作品です。

こりゃ大変だ!
すこしはましな作品で締めたい。

先生からのお題は「出会い」

なるほど、ふむふむ。

気負ったけれど、どう書いたらよいか、なんか、ありきたりの筋書きしか思いつかず、、、。
申し訳ないっす。先生。
こんな作品です。。。
申し訳ないっす。。。
引用というちょっと手抜きはいってます

明日からも(仮題)
 
 私は今日まで生きてみました/時には誰かをあざ笑って/時には誰かにおびやかされて
 吉田拓郎のこの唄は時々私の頭の中に流れる。ひとはみな、こうやって生きていくのかなぁ、みんなそうなのかなぁ。
人生は出会いであふれている。その中には大切で愛おしい出会いがたくさんあるが、この唄のように、そう「時には」軽蔑したり、軽蔑されたり、そんなことも確かにあった。昔はそれを相手のせいにしてきたけれど、今はそれは実は自分の影を写しただけにすぎないとわかる
年をとるにつれて、性格は徐々に丸くなり、最近は他人を批判したりすることは少なくなった。ひとはそれぞれ自由に表現してよいのだ。表現の違いは単にセンスの問題である———つまり個性だと、悟ったような事を思いつつ、まだまだ未熟者の私ゆえ、いまだにいろんな感情がとぐろを巻いている。だから、時々、この歌が流れ、自分を慰めるのだろう。でも、そういえば、最近は流れてないなぁ。
 わたしは今日まで生きてみました。時にはだれかにうらぎられて/時にはだれかと手をとりあって
 誰かと関わるということは面白い。私が私の人生しか知らなかったら、独りよがりのつまらない人間のままだろう。そうだとしたら、生きる意味さえ失いそうだ。誰かの人生と交差したとき、何かが生まれて模様を残す。その模様が私の肉になる。たくさんの模様があればあるほど私は多様な考えを学び、体験し、ユニークな存在になれる。人生を閉じるときにそれを見ることができるだろう
 今、たくさんの出会いに囲まれている。社会の坩堝の中で出会った貴重な縁。そこに意味があるとしたら、みな私の宝物だ。———わたしにはわたしの生きかたがある/それはおそらく自分というものを知るところからはじまるのでしょう———賛成!。  

開く コメント(14)

2018

あけましておめでとうございます!

元気ですかー!
昨年は学んだ年だったなぁ。
今年はも少し成長したいなぁと思っている所存です。

”ましに”、、、とは言ってもですね、努力して価値を高めるパターンではなく
どっちかというと、いろいろ削って素の自分探しですかねぇ〜。

心のいらないものを捨てる。
自己防衛のために使っていた心
自己保身のために利用していた心
そんなもんなしに生きてみたい

いったい自分でどんなやつやねん!
本当はいいやつに違いないのだけれど、そこんとこどーなってんの?
みたいな、、。

と、久々なのにこんな記事っす

えっとですね、今日記事をアップしたのは、素敵なサイトを見つけたからです☆
宇宙ステーションのカメラがライブで動画配信しとるということで探してみました!
宇宙からの地球。
なんかすごく落ち着きます。


静かだなぁ。

ところでNASAのホームページからみれるはずだったんだけど、↑は違うとこなのかな?
NASAのは英語だらけでよくわからず。
聞くところによると色々面白いこと盛りだくさんらしい。
今の火星の地表の映像とか、、、。
ずっとみてたら火星人を発見できるかも、、なんてロマンもあるかもね。



開く コメント(2)

じわじわと

2018年03/04
追記

去年の6月こんなこと書いてたんだなぁ。
立ち直ることができたなぁ〜。
だから、人生はなんとかなるのかな
ダメだと思ってもさ。
ご苦労さん。去年のわたし。


ひさびさに、めげてるなぁ〜。

うさぎは寂しいと死んじゃうという説があるけれど、ヤバイんじゃないか、おいら。

太陽と月という記事を書いた記憶がある
月体質の私

太陽の光で輝く。

太陽ないと真っ暗。

しかたねー、自家発電すっか! と思ったけれど
なーんか無理している感じが いなめない。


また、おんなじ記事かい!
てめーいつまで、うじうじしてんだい!


さて、

こんな時、元気になることばがほしいと、ネット上を探しに行く。

ネットってすごいね。
なんでも用意されているんだなぁ。


「人に嫌われた時に読みたい名言集」
なるサイトがあった


友達に好かれようなどと思わず、
友達から孤立してもいいと腹をきめて、
自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

あなたを好きな人もいる

本当はいい方向に進んでいる

開く コメント(0)

無惨

永六輔さんのインタビュー

永さんが語った単語に胸がドキッとした。

学生運動をしていたころの話



「無残・・・それだけを抱えて家に帰ったものです」


-----無惨------

この言葉にドキッとした。
恋をするようなそんなドキッ




----無惨-----

あなたの魅力はなんなのかしら?


無惨



無力で
美しい


無惨な男
無惨な女


いっそ無惨に

なれるものなら
なってみろ





2016年、ありがとう
2017年、かかってきやがれ!

















ということで、おやすみなさい♡



















無残
いたましいこと。あわれなこと。また、そのさま。









なんじゃろね、この記事は・・・。


開く コメント(4)

どんな時だって

人生には失敗してしまうことは必ずある。
けれど、人間には
失敗の後、どう生きるかを選ぶ自由がある。

失敗の後にどう生きるかが大事なんじゃないかな


ドラマの中のセリフで、うろ覚えだから正確じゃないのだけど、
取り返しのつかないような失敗をしても
希望があるんだなぁと思えたセリフでした

聞いた途端、急に元気になったというか
私の人生もすこしはまともになれるのではないか
過去の後悔は消すことができるんじゃないか
神様から叱られるばかりの人生で終わらせない希望があるのではないか
と、すごく元気づけられた。


他人の命を奪ってしまうとか、そんな失敗でも
その後にどう生きるか、
踏ん張って踏ん張って

どんなにみっともなくたって

生きる資格がないと石を投げられても

どう生きるかを考えることさえできたら

それは、ものすごい価値感なんじゃないかと思う。

失敗した出来事は本題ではなく
その後が問われるのかな、、、、と。




ごんぎつね
君みたいになりたいと、子供の頃思ったっけなぁ。

がんばろっ、
もっと丁寧に生きよう
ちゃんと考えよっと。
何が問題なのかをキチンと把握しながら、正解を見つけよう。


開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事