旅丸

台北かなり好きかも

ひとり言日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

あんみつ。
今頃になって、あんみつの美味しさに気付いたよ。
 
今回試してみたのは、東京・上野に本店のある「みはし」というお店。
上野なんて滅多に行かないから、上野らしいお土産にと選んだよ。
イメージ 1 
                       紙袋もしっかりした紙で、高級感あり。
 
白玉あんみつにしようと思ったけど、みつまめにしました。
イメージ 2
                  あんず 求肥 みかん が上段に入っているよ。
 
やっぱりみつまめ(あんみつなど)は夏場に食べるのがいいね。さっぱりしているし。
アイスものっけたいしなぁ。
 
イメージ 3
              蜜をかけるとこんな感じ。個人的にはもう少し甘い方が好きかも。
Distant Worlds FINAL FANTASY RETURNING HOME
というコンサートに行ってきました。
11/7 のことです。
イメージ 1
                   カメラ規制が厳しかったので、これしか撮れなかったよ
 
ある日、友達からFFのコンサートあるよ!行こう!!
というメールがきて、すぐにチケット取りに奔走したよ。
 
思えば、2002年にその存在を知ってから、何度チャレンジしても取れなかったこのチケット。
今度こそ!と思っていたら、取れちゃった。
 
数年に一度しかない貴重な機会なので、金に糸目をつけるのはやめよう!
SS席を迷わず購入です。
 
届いたチケットは、それだけでも大切にしまっておきたくなるようなレア感があったよ。
イメージ 2
                         FF14のキャラクターなんだね。
 
色々なオーケストラコンサートには行くけれど、東京・有楽町にある国際フォーラムへ入るのは初めてだった。
あいだみつを美術館が併設されてあるなんて、知らなかったよ〜
休日だということもあって、フォーラム前の広場みたいな所では骨董市なんかもやっていて賑わいを見せていた。
 
コンサートの内容がテレビゲームファンのためのものだから、年齢層も若い。
意外と女子も多くて、ほっとしたよ。
私はFFの音楽が好きだけど、中でも植松さんの曲が好きだから、って言うのもあってやってきたけど、
なるほど、
会場に先生が表れた時の、あのキャーって感じを見ると、皆も好きなんだなーって連帯感を感じたよ。
 
植松さんが、また戻ってきますと宣言してくれた時には、
じゃあ、私もまたチケット取り頑張ります、って思ったよ。
 
やっぱり最後は手術だね。
先生にそう言われた時、やっぱりって思ったけど、こんなに早くこの展開が来ちゃうなんて!
 
そういう時私は決まってある事を想って遠い目になってしまう。
牧草地帯の一軒家に住んで執筆活動をしながら(小説家でもないくせに)印税で悠々自適に暮らしたい…
 
手術は別に怖くないんだよね。
もう二回も体験したし、散々怖かった夜の病院ももうへっちゃら。
嫌だなあ、と思うのは手術後のあの痛みだけ。
 
でも今回躊躇するのは、傷口が(またその話って感じ)かなり大きくなるって事よ!
もう半袖は着られないでしょうね。
ふう。
 
傷口がどうのって言っていられるだけ、幸せなんだろうけど、ブルーになるなぁ。
 
私が想像して青くなっているのは、元巨人軍の桑田投手とおんなじ感じの傷になるんだろうなって事。
そうなの、肘、壊しちゃったんだよねぇ。(再発とも言う)
スポーツが大の苦手な私が、スポーツ選手と同じような怪我するなんて、ふっしぎ〜
 
様子見で打ってもらった、注射が効かなかったら…
手術室が私を待っているかも!
 
手を怪我した時も、6年以上注射で誤魔化してきたから、今度もあと5年は注射でじらしたいなぁ。
 
私はただのOLだけど、パソコンを頻繁に使うようになった現代では、スポーツ選手でも何でもない一般人の私達も気をつけないと腱を痛めちゃうから大事に使ってね。
 
府中の競馬場へ行って、秋華賞、って言うのを見てきたよ。
どっちかと言えば、馬を見に行った、ってのが正しいね。
イメージ 3
数年前、一年ほど乗馬をやっていたから、馬をみるとワクワクするよ。
ひとこぶラクダ・ふたこぶラクダ・ゾウなど色々なのに乗ったけど、馬が一番乗りやすいね。
とはいえ、暴れん坊将軍みたいに馬を操るのが夢だったけど、資金難でクラブへ通えなくなって結局実にならなかったなあ。
乗っていたのはサラブレッドだったけど、最後まで台なしじゃ一人で乗る事も出来なかったよ…
 
そんなわけで、犬と一緒でとにかく動物をみるのが大好きな事もあって、馬を見に競馬場へ行ってきたよ。
イメージ 4
 真ん中にも芝生があったり、子供広場みたいなのがあったりして、シートを広げている人がたくさんいたよ
 
競馬場って、おじさんだらけの何か汚い感じをイメージに持っていたけど、府中の競馬場はテーマパークっぽくてきれいだったぁ!
ちょっとサッカー場みたいね。
緑の芝生がある所とか。
 
パドックの近くに、白い馬のいる柵があって、その馬ときたら、シミ一つない白馬ちゃんなの。
美しかったです。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たまには競馬場もいいかもね。最近CMもなかなか面白いし。
ビギナーズラックで最後はプラスで帰れたから、楽しい一日でした。
 
そうそう、その日は京都でメインレース GⅠ って言うのがやっていて、そのレースを大型画面で見たんだけど、その熱狂っていたらすさまじくて、面白かったぁ。
 
 
幻のうどんを食べに行きましょう、と言われて、行ってみるか、と言う気持ちになった。
で、どこにあるの?
群馬県。
ふうん。
 
アイスクリームを食べるために、200KM近く走って牧場に行くくらいだから、うどんを食べに群馬県に行くのは極普通の流れだった。
 
それはテレビで放送されていたようで、峠のうどん屋と呼ばれていたりもするらしい。
藤屋 という。
イメージ 1
お爺さんが一人でやっているようなお店でたくさんの人間をさばく事は出来ないので、数量限定の販売らしい。
かき揚げが盛り盛りでお椀からはみ出しているんだって。
 
だって、なんて全部、聞いたような口になっちゃうのは、
行ってみたら、運悪くちょうどお休みだったから〜〜〜!!
と言うわけで、食べられなかったのよね。
イメージ 2
              お昼ごろ到着したら、私達の他にもどんどん車がやってきたよ。
               皆でがっかりして、どこに行く?って考えている姿まで一緒でした。
 
そこで残念でしたと、帰るには遠くまで来過ぎていたよ。
高速のICからがかなり長い。
御巣鷹山の近くです。群馬県上野村。
 
私達が、かわりにと選んだお店も、同じテレビ番組で取り上げられたお店。
すりばち荘 という。
メニューは一品で、天ぷらうどんのみ。
値段は1000円と言う事でした。
ちょおっと私には量が多かったけれど、他の皆はぺろりとしていたからちょうどいいのかな?
イメージ 3
 
主人曰く、ここのお水は凄くて、とにかく体にいいから飲みなさい、と言う事でかなり勧められた。
飲んでみると、うん、しょっぱい。
不思議〜〜
懐かしいにがり水っぽいお味がしました。

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事