ここから本文です
汝の人参を愛せよ

書庫全体表示


 27日に高島屋から郵便でクリスマスケーキのカタログが届きました。その前日には名古屋店の公式サイトでも公開されていました。それを一通り見ました。しかし、ページの拡大に限界があって見づらいと思っていたところだったんです。読み込むには紙のカタログの方が早い。

今年の表紙は、ミッシェル・ブランでした。名古屋にあって東京、大阪にはないので、名古屋の誇りとして推していけばいいのではないのでしょうか。クオリティも高いので、恥ずかしくないレベルです。


まず1ページ、2ページはオーボンヴュータン。
エッフェル塔と凱旋門のチョコレートが乗ったチョコレートケーキ「ラ・ニュイ・ド・パリ」(5238円)と小さめのケーキ「レキップ」(2700円)の大小2種類。
レキップは、一人分の大きさですね。7センチ四方のキューブ形。ムース、ババロアの組み合わせです。レキップは、名古屋店限定で、ラ・ニュイ・ド・パリは高島屋限定です。


 私が引き込まれたのは、ケーキではなく、オーボンヴュータンの「トレーズ・デ・セール」です。フランスのプロヴァンス地方でクリスマスに食べる菓子のセットです。トレーズは、13という意味。

ヌガー、フルーツのコンフィ、カリソン、ナヴェットなどが3段の箱に入っているものです。

実は、昨年関東地方では販売していました。高島屋オンラインショップで予約して、店頭受け取りで販売していたものです。
ついに今年は名古屋でもやりますか。そんでもって、その価格に驚きました。昨年は、しっかり見ていませんでしたが、7555円。私には無理です。

トレーズ・デセールを日本で販売する店はまずないと思われるので、貴重なものであることは確かです。現在では、フランスでも13種類全部を揃えることはあまりなくなったことをシェフも残念がっていました。(河田勝彦・著 「フランス郷土菓子」に記載されています。)





 ミッシェル・ブランもベラベッカ(3240円)、シュトーレン(2592円)を販売します。
はっきり言ってシュトーレンの方が好きだ。しかし、他店でもシュトーレンを買うので、シュトーレンだらけになってしまう。ここはベラベッカにして重ならないようにした方が良いと思うが・・・。


 ピエール・エルメは、2種類あり、名古屋限定品はマスカルポーネ、バタークリームの真っ白なケーキ。17000円という凶暴な価格。それと丸いチョコレートケーキが6000円。こっちが現実的な線かな。


 生ケーキで良さそうだと思ったのは、ラ・メゾン・デュ・ショコラとピエール・マルコリーニかな。
ラ・メゾン・デュ・ショコラは、チョコレートムースとスポンジを重ねたチョコレートケーキ。ありきたりな組み合わせですが、これがおいしいと思う。
ピエール・マルコリーニは、赤いチョコレートケーキ。チョコレートクリーム、ビターチョコレート、ヌガーという組み合わせ。どちらも6000円超え。クリスマスだから割高でも許されるか。

 昨年も感じていましたが、クリスマスケーキは値上がりしています。
最近は一流パティスリーなら6000円は普通にします。このカタログでも5000円前後のものが多かった。さすがに10000円はやり過ぎな感はあります。(シェ・シバタなど。)



最後のページにはシュトレンが載っています。
今年は良い感じ。毎年お馴染みの高山の「トラン・ブルー」に名古屋の新しいパン屋「レキップ・ド・コガネイ」、「ビゴの店」
また今年も「ピエール・マルコリーニ」はチョコレートのシュトレンを。「シニフィアン・シニフィエ」は、栗とチョコレート入りの変わり種。(名古屋高島屋限定品)


ここで今年のシュトレンを検討したい。
高山のトラン・ブルーは、4000円するが、大きい(27センチ)ので決して高くはない。直接店に申し込んで通販でも買えるけど送料がかかる。ポイントも発生する高島屋で買う方がいいだろうが、ここは毎年人気だ。さすがに初日の朝に並ばないといけないということはない???

「レキップ・ド・コガネイ」は、東山公園にある小さなパン屋です。名前は聞くものの、私はまだ一度も行ったことがありません。ここのシュトレンは、小さくて安いので、試しに買ってみて、味を見るのもいいですね。

現時点ではトラン・ブルーは確定かな。シュトレンは、リリエンベルグでも大きいものを買うし、気が向いたらイル・プルー・シュル・ラ・セーヌでも買うかもしれない。



 11月になったらシュトレン。12月は、クリスマス商品を買いたいのを我慢して、1月のガレット・デ・ロワに備える。そしてすぐに正月になり、ガレット・デ・ロワを食べまくり、また1年がたつんですね。家でごろごろしているだけの引き込もりにとっても1年は早い。




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事