ここから本文です
汝の人参を愛せよ

書庫全体表示


 10月下旬にリニューアルしたカルチェ・ラタンへ行ってきました。国道一号線沿いにある店です。店の裏に駐車場もあります。以前は、街の普通の菓子屋でしたが、息子がシェフになってからは、しゃれたパティスリーになっていました。



この息子は、新宿区下落合にある人気パティスリー「エーグルドゥース」でスーシェフ(シェフに次ぐ二番手)をしていたという人。
エーグルドゥースは、東京でトップクラスに属する名店です。
それを聞くと、以前はまぁまぁな店だったけど、今はいけるかも?という気がしてくるでしょ。




 この店は、中川区十番町にあります。地下鉄の駅がある六番町は、熱田区ですが、十番町は中川区なんですねぇ。
以前は、道路沿いに販売店舗、その奥に別棟のティーサロンがありましたが、現在は、全て一つの店舗になり、店の裏が駐車場となりました。国道から直接駐車場へ入れませんので、裏に回る必要があります。

エーグルドゥースに似ている外観。外壁にはランプが等間隔で付いています。

店内もキラキラしています。特に冷蔵ケース内には大理石が使われ、光っていました。


うれしいのは、コンフィチュールの種類。キウイ、桃、柿、フランボワーズ、あんず、りんごなど10種類以上ありました。
焼き菓子コーナーも大きく取られ、その中にピンク色の「ビスキュイ・シャンパーニュ」があったので、驚きました。これを名古屋で作っている店は他にあるのだろうか。


冷蔵ケースが大きく、向かって左半分が生ケーキとケーク。右側がマカロンや箱入りのギフト。
冷蔵ケースの上には常温OKの日持ちのしない焼き菓子が並んでいます。レジは、タブレット端末。その横にカヌレも並んでいます。カヌレは、先代のころからありました。
先代の頃は、黒いチーズケーキが名物でした。やぎのチーズを使ったフランス菓子で、それは引き継がれ、今でも作られていました。ザッハトルテも引き継がれていました。フランス菓子ではありませんが。


エーグルドゥースの名物は、細いケーク。カルチェ・ラタンでもエーグルドゥースを彷彿とさせるケークたちがたくさん並んでいます。10種類以上あります。どういうものがあるのか事前にネットで調べ、どれを買うか考えていました。

下段には、美しいケーキ。種類の多さに驚きます。全部で30種類を超えています。どれを買うか悩みます。興奮して抑制が効かなくなります。
フランス菓子のモンブラン、サントノレ、タルト・タタン(小さな円形)、フレジェ、ミルフィーユにオーストリア菓子のザッハトルテ、日本のショートケーキもあります。




休日の午後に行ったので、店内にはたくさんのファミリーであふれ、カフェは満席。昔なら信じられなかった光景です。スタッフが箱詰めする台も広そうで、接客も良い。オーダー後、番号札を渡されます。


イメージ 1

















ミルフィーユ 税抜420円

1枚1枚の層は、香ばしくて軽い。パラパラと崩れる、もろいパイ。
大きさは、やや小さめ。


イメージ 2


これは名古屋ではおいしいけれど、日本のトップレベルのパティスリーと比較すると、まぁまぁ平均的な味?


イメージ 3



















フレジェ 税抜500円

買ったものの中では一番印象に残ったケーキ。
いちごのコンフィチュールを使っているので、いちごだけのフレジェよりもおいしい。いや、いちごそのものもおいしいのだ。


イメージ 4


アーモンド入りのビスキュイにはキルシュ(さくらんぼのブランデー)を打つことが多いのですが、この店のフレジェは酒を感じなかった。


イメージ 5

ショートケーキも同じ形で、いちごを薄くスライスして挟んでいました。フレジェがあるのなら、フレジェを買うね。フレジェの方が大きく苺をカットしているので、満足感がある。




















モンブラン 税抜480円

和栗ではなくヨーロッパ栗を使ったモンブラン。
マロンクリームは、硬めです。ぽろぽろと破片が落ちる感じ。


イメージ 6


ベースは、大きなメレンゲ。これが焼き足りない。大きくて厚みがあるのですが、パサパサ、ぼろぼろ。香ばしくない。

見た目は良さそうだっただけに、シュートを外してしまった感がある。あれ、おかしいな。


イメージ 7




















ケーク・スリーズ・ピスターシュ 税抜350円

カットしたものがありました。1本売りもありますが、まずは味見のために小さくカットしたものにしました。

アーモンドクリームの中にも上にもチェリー。このチェリーがおいしい。もちろん種はありません。


イメージ 8

アーモンドクリームにピスタチオを入れたもの。
タルトは、アーモンド入りシュクレ生地ではなく、サクサクしたパイ生地です。


イメージ 9



















ケーク・シトロン 税抜1000円
 
ケーク・バニーユにしようかと思ったんですが、悩んだ時は柑橘系。失敗しない定番。

要冷蔵品です。


イメージ 10


しゃれた箱に入っています。


イメージ 11


箱に名刺を差すスリットがあり、公式サイトやフェイスブックのQRコードが。

イメージ 12




長さは、18センチくらい。幅は、5センチもないくらい。

イメージ 13


外側に塗ったグラス・ア・ロがしゃりしゃりしておいしい。


イメージ 14


目が詰まっており、弾力がある。しっとりして上品なケーク。

イメージ 15


カルチェ・ラタンでは、ケークを買おう。











この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事