ここから本文です
汝の人参を愛せよ

書庫全体表示


 1月31日に栄の三越へ行ってきました。バレンタインの催事「サロン・デュ・ショコラ2018」が始まったのです。31日ってかなり遅い気がしますが。


イメージ 1

さて、催事場ですが、三越は広くありません。通路も狭い。しかし、あまり人は多くありません。ジャン・ポール・エヴァンといった行列ができているブースと、全然人がいないブースと極端に別れました。





私は、まず全体をざっと見渡してから、高島屋にはないブランドなどを見てきました。フレデリック・カッセルなど。

最後にクリスティーヌ・フェルベールのブースに並んでコンフィチュールを買いました。

クリスティーヌ・フェルベールは、単独のブースではなく、他のチョコレート屋と同じショーケースを共同で使っていました。

イメージ 2

販売されているのは、チョコレートを使ったコンフィチュールとチョコレート。カタログに載っていたのは、ジャン・ポール・エヴァンさんとのコラボ商品。バナナ、フランボワーズ、チョコレートのミックス。


イメージ 3

このブースに並んでいる人は、5〜6人でしたので、すぐに買えました。そもそも並んでいる人は、全員がクリスティーヌ・フェルベールのお客さんではないですし、チョコレートを買いに来ている人が多いです。

しかし、私はコンフィチュール狙い。余裕でした。


イメージ 4
























ポ・カード パッション・バニーユ 税込2700円

こちらはカードです。カードと言ってもcardではなく、curdです。

アフタヌーンティーでスコーンに付けるためにカードが出されたことがありましたが、なかなかカードは日本では見ません。あったとしてもレモンが多い。

それがパッションフルーツとバニラとは。もう気になって仕方がありません。


イメージ 5


カードの特徴として卵を使うことです。バターも使います。


イメージ 6


まるでバニラビーンズ入りカスタードクリーム(クレーム・パティシエール)のようです。実際に柔らかさも同じです。スプーンで持ち上げると、小さな角が立つくらい。


イメージ 7

パッションフルーツの強い酸味はなく、マイルド。卵の味もします。バニラは弱く、主にパッションフルーツの香り。





















ポ・キャラメル オランジュ 税込2700円

これは2回目です。2018年の新作キャラメル。
オレンジの酒、皮が入っているキャラメルスプレッドです。


イメージ 8

何も入っていないプレーンなキャラメルよりもオレンジ入りの方がおいしい。何度もリピしたい。カード、キャラメルともにフルーツのコンフィチュールとは違い、賞味期限は短くなっています。





 さて、私は三越の後に高島屋へ行ってきました。高島屋のアムール・デュ・ショコラの方でも動きがあったからです。何とフルーツのコンフィチュールが追加されたのです。

こちらは、クリスティーヌ・フェルベールの専用ブースがあります。相変わらず人は少ない。値段が高いからなのか、知名度が低いからなのか分かりませんが。


新たに取り扱いを始めたのは、ブラッドオレンジ、種なしフランボワーズなど。伊勢丹のサロン・デュ・ショコラほど種類は多くありません。当たり前ですが。

ブラッドオレンジがおいしいことは試食しているのでわかっている。しかし、常備している種なしフランボワーズもちょうどなくなった。伊勢丹オンラインでは、最近になってグリオット(チェリー)も投入された。どうする私。かなり悩んでいます。





この記事に

  • 顔アイコン

    名古屋の人はわかりやすい商品が好きなんだと思います。
    JR高島屋のサイトで毎日売り上げランキングが公開されていますが、ほぼ毎日1位がクラブハリエ、2位がオードリーなので。 削除

    [ 愛知県 ]

    2018/2/3(土) 午前 6:24

    返信する
  • 顔アイコン

    > 愛知県さん

    オードリーは、いちごを使ったもの専門だそうで。
    調べてみたら、キースマンハッタン、グラマシーニューヨークをやっている愛知県の会社でした。

    [ 戸塚彩加 ]

    2018/2/3(土) 午後 8:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事