ここから本文です
汝の人参を愛せよ

書庫全体表示


 G.W.の前半にオーボンヴュータンへ行きました。この日は、世間では休日。混むだろうと思い、気合を入れて11時半前に尾山台に着きました。
11時半に店に入り、プラ・ド・ジュール(いわゆるランチ)の受付をしておきたい。

この日のメニューは、骨付き鶏もも肉の煮込み。以前もよく似たものを食べたことがあり、デジャヴだったが、おいしかったので、満足だ。


イメージ 1




プラ・ド・ジュールの受付をした後、12時の開始までサロンの外で待つわけですが、その間にサロンで食べたいそうざいなどを追加注文します。

注文を受けたスタッフは、端末に入力しています。先ほどもらったプラ・ド・ジュールのレシートを見せます。既存のレシート番号に追加し、新しいレシートになります。









新しく始まった本日のスープ。

イメージ 2

これは注文しなくては。

イメージ 3
















ポタージュ・ドゥ・ジュー 税抜400円

この日のスープは、にんじん。

濾してあるので、形はありませんが、非常に濃い。
生クリーム、牛乳は入っているだろうと予想していましたが、それ以外にもスパイスが入っていました。量としては、十分です。

このスープは、温かいものでしたが、夏は冷たいスープになるのか?今後も注目していきます。


イメージ 4















本日のランチである骨付きの鶏もも肉の煮込み。肉の量は、多いのですが、煮込みなので食べられます。


イメージ 5


イメージ 6


肉の下にあるキャベツとそら豆がやたらおいしい。正直、鶏肉よりもこの豆の方が好きだ。


イメージ 7




















シュークルート 100g当たり税抜320円

こちらはプラ・ド・ジュールのセットではありません。

シュークルートが大好きで、よく家でも作っていたんですが、最近は作らなくなったんだよね。

オーボンヴュータンのシュークルートは、スパイスがリアルでおいしい。
煮込みは、たくさん食べられる。

イメージ 8





















ピエ・ド・コション 税抜460円

豚足のパン粉焼きです。初めて食べました。
まるで油で揚げたようですが、フライよりもカリカリでした。

イメージ 9


豚足は、弾力があってぷるんぷるん。


イメージ 11


















食事の後はデザート。


(左上)リル・ド・タイチ 税抜600円
(右上)モン・カフェ・キャラメル 税抜500円
(下)ビスキュイ・オー・フリュイ 1個 税抜400円


イメージ 10


ビスキュイ・オー・フリュイは、とても小さいケーキ。だから2個でちょうどよい量だと思って。
スポンジとスポンジの間に挟んであるのは、クレーム・パティシエール(カスタード)。久しぶりに食べたけど、これは大事なケーキ。

イメージ 12




リル・ド・タイチは、バニラのムースにパッションフルーツソースという組み合わせ。私は、どちらも好きだ。一年中作っているわけではない。

イメージ 13


イメージ 14






















モン・カフェ・キャラメルは、大きなアントルメもありますが、そちらは迫力があります。
チョコレートで作った細い棒は、ペンを表しているのでしょうチョコレートとコーヒーの組み合わせ。

イメージ 15



















この日の日替わりグラス、ソルベは、エピス(スパイス)でした。
なぬ、エピス?それは初めてだ。ぜひ試してみなくては。

いったいどんな色のものが来るのか。どれくらい癖があるのか・・・。楽しみに待つと、バニラのようなものが登場。

イメージ 16


牛乳をベースにしたバニラビーンズ入りのアイスクリーム。確かにシナモンを始めとしたスパイスの香りは少しする。しかし、少しであり、臭いというほどでもない。

イメージ 20






















(左端の3個)ベニエ 1個 税抜200円
(中央の半月形)ボストック 税抜150円
(一番上)カヌレ・ド・ジロンド 税抜210円
(右上)マカロン・ショコラ 税抜265円
(右端)バルケット・カラメル 税抜210円


イメージ 17




ベニエは、休日限定商品。
シナモンとグラニュー糖をまぶした揚げパンにフランボワーズジャムを挟んだもの。

イメージ 18














 ボストックは、一時期作らなくなったものですが、いつの間にか復活していました。

ブリオッシュ・ムースリーヌという筒形のパンをスライスし、シロップに浸し、表面に薄くアーモンドクリームを塗り、スライスアーモンドを散らして焼いたもの。

かなり甘い。そしておいしい。表面は、カリッとしています。

イメージ 19












 家で食べるためにケークを2本買ったのですが、電車の棚に置き忘れました。降りた直後には気が付かず、気付いたのは3時間後でした。4000円分の菓子が入っていました。帰る時間が迫っていたため、忘れ物センターまで行けないので諦めました。



よってオーボンヴュータンのレポは、これで終わります。



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事