ここから本文です
汝の人参を愛せよ

書庫全体表示


 京浜東北線で南浦和へ行きました。さいたま市南区にあるパティスリー・ロタンティックへ行くためです。

調べてみると、この店のシェフはオーボンヴュータンのOBであり、ネットで画像検索するとフランス地方菓子もあり、私の求めているパティスリーな気がしていました。



イメージ 1



 文蔵2丁目にあるKSマンションの1階にあります。南浦和駅の西口から徒歩10分ということで、歩いて行こうとしました。しかし、30分以上住宅街をうろうろしたものの、見つけられず。現在地も分からなくなりました。
後から分かったことですが、文蔵4丁目まで行って、住宅街の狭い道路をさまよっていました。タクシーに乗ろうと思っても全く走っていない。
大きい道路まで出て通りすがりのタクシーを探していましたが、いない。その途中で国際興業のバス停を見つけたので、バスで一旦南浦和駅まで戻ることにしました。駅からタクシーに乗ってロタンティックまで行きました。



 ちなみに帰りは、店の西にあるさいたま市文化センターの前にあるバス停からバスに乗りました。しかし、駅までは1区だけなので、大した距離ではなかったのですが、メンタルの問題。














イメージ 2

マンションの1階にあり、小さな店でした。小さい割に生ケーキ、焼き菓子、ヴィエノワズリー、コンフィズリー(砂糖菓子)、自家製コンフィチュール(ジャム)もありました。



イメージ 3



↓アニョー・パスカルの型
イメージ 4

 休日だったので、ファミリーやアベックが途切れず入ってきます。店内が狭いので、待つような場所はありません。
狭いとところにたくさんの商品が並んでいるので、じっくり見たかったのですが、視界が妨げられ、もやもやしていました。
















フレジェ 税込540円

奇をてらわずシンプルなフレジェ。この店はいけるかもしれないと期待は高まる。いちごもおいしい。


この店のケーキは、ファミリー向けにしてあるためか、強く酒を感じない。さらにあまり強い個性が際立っていないと言いますか、とがっていない。



イメージ 5


イメージ 6




















パン・オ・パティシエール 税込250円

パンの中にクレーム・パティシエール(カスタード)が入っています。
カスタードを入れるので、要冷蔵になります。するとパンが湿気って柔らかくなってしまうので、できたてを食べなければならないと思いました。


イメージ 7


イメージ 8






















ムラング・シャンティー・カラメル 税込450円

素晴らしい。遠くまで行ってよかったと思えるケーキでした。時々こういう当たりがあるからやめられない。


イメージ 9

香ばしいメレンゲ。カラメル入りのクリームは、甘くて苦い。苦い香りがあり、GOOD。クリームだけ食べても不快ではない。

しっかりめりはりがある。


イメージ 10























フォレ・ノワール 税込500円

さくらんぼを使ったチョコレートケーキがフォレ・ノワールの条件です。フランス語で「黒い森」という意味ですが、隣接したドイツでも作られています。(ドイツ語ではシュヴァルトヴァルト。)

これもフランスのものですが、普通のおいしいチョコレートケーキになってしまっている感がある。

キルシュというさくらんぼのブランデーを使うものですが、たっぷり打ってほしい。



イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13























トロワ・ショコラ 税込490円

トロワは、3という意味。3種類のチョコレートのムースを重ね、外側を柔らかいチョコレートでコーティング。

とろとろで柔らかい。嫌みのないチョコレート。


イメージ 14



イメージ 15











次回は、「パティスリー・ロタンティック その2 焼き菓子」です。





この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事