ここから本文です
汝の人参を愛せよ

書庫全体表示


 目黒区碑文谷にあるジュンウジタへ行きました。開店(10時30分)前に着いておこうと思い、10時にはJR目黒駅にいました。
駅の西口を出ると、いきなりバス乗り場。



東急バスの「黒01」大岡山小学校行き。サレジオ教会まで乗ります。


イメージ 1


サレジオ教会下車。教会の斜め向かいにあるマンションの1階にある小さなパティスリー。

イメージ 2


店の前まで菓子を焼いている良い香りが漏れていました。店の周辺は住宅ばかり。特にやることもないので、開店時間まで店の前で待つ。私は、リニューアル前には行ったことがありません。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


店内の小さなカウンター席で生ケーキを食べました。店内では撮影禁止のため画像はありません。文字だけでレポします。



タルト・カフェ 税込560円

持ち歩き30分以内という制限が付いているケーキです。イデミスギノみたいな。
タルトカフェは、店のスペシャリテです。丸い小さなタルトの中にキャラメル掛けしたくるみが入っています。その上にコーヒーのムース。柔らかくてふわふわ。くるみとキャラメルが香ばしくておいしい。コーヒーの苦味や酸味はなく、食べやすい。




ムース・オ・ベ 税込500円

ピンク色のドーム形をしたいちごのムース。いちごのムースがこんなにおいしいのかと目からうろこ。中にはカスタードクリーム。まぁ、驚きました。




シャンティーフリュイ 税込460円

ショートケーキのようなフルーツのケーキ。しかし、実際に食べてみるとスポンジが硬くて粗め。しっかり乾かすように焼かれ、存在感がある。フルーツは、いろいろな種類のカットしたフルーツが使われていますが、バナナだけとても芳醇な香りを放ち、際立っていました。
スポンジとスポンジの間に挟むクリームは、ムースリーヌ。




クラフティ 税込390円

ケーキの冷蔵ケースの横にある焼き菓子コーナーにありました。土日限定商品。
チェリーが入ったシンプルなクラフティ。タルトではなく、パイ生地でした。
まだほんのり温かい。これがとんでもなくうまい。これだけを買いに行く価値がある。プリンのような卵と牛乳の味です。クラフティなので、小麦粉も使っていますが。

















ここからは持ち買ったものです。


ケーク・オ・シトロン 税込1250円

ジュンウジタではケークは、2種類あります。もう1つはケーク・オ・フリュイです。どちらもスリムなケークです。



イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


レモンのケークですが、レモンの香りは普通です。

全体的に適度にしっとりで、インパクトはありません。シロップに浸してびたびたでもなく、乾いてカリカリでもなく、本当に中庸な路線。


イメージ 9























サブレ・メランジェ 税込1290円

直径3センチの小さなサブレが2種類。72枚入り。
ジュンウジタには、透明の筒に入った1枚がもっと大きいサブレもありました。

裏返すとシルパンの跡が付いていました。


イメージ 10


どちらも締まっており、茶色いチョコレートの方は苦味もあり、好印象です。
でも私の求めている方向性とは違いました。

イメージ 11
























コンフィチュール いちご&フランボワーズ 税込600円

ジュンウジタでは、自家製コンフィチュールもあります。びんの大きさは1種類だけ。

フランボワーズは、種入り。


イメージ 12

いちごのみといちご&フランボワーズがありました。
いちご&フランボワーズにしておいて良かった。酸味と香りがより強まり、しっかり訴えてきます。

イメージ 13



ジュンウジタのコンフィチュールは初めて買いましたが、ここは良いかもしれない。
今後もコンフィチュールを買ってみようと思いました。









この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事