日米蜜月は孤立の道 トランプ隷従の安倍外交への厳しい目

           https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219312
2017年12月11日 日刊ゲンダイ

イメージ


■テロ対象の危険度も増大

 米国が世界の警察官であり、唯一の超大国だった時代ならば、米国の核の傘の下で黙って付いていくだけで日本は守られたのかもしれない、しかし、今は違う。米国は自国の利益しか眼中にない。トランプが日本に求めるのは、貿易赤字の解消と米軍の肩代わりだ。日本なんて米国のサイフぐらいにしか思っていない。

 もっとも安倍も自ら進んで武器を購入して貢ぎ物外交なのだから世話はない。19日には、新しいミサイル防衛システムとなる地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」2基の導入を閣議決定する方針。1基800億円で計1600億円だ。さらには、ミサイル防衛費の一部を今年度補正で前倒しするという。

 トランプに喜んでもらうため、懸命にシッポを振る。経済評論家の斎藤満氏は、「米国は日本に防衛費をGDP2%にまで引き上げるよう要求している。10%になる消費増税の税収5兆円のうち幼児教育無償化などに充てられるのは実質1兆円ほど。残り4兆円は、防衛費拡大に使われるのが関の山」と言っていた。ツケは庶民の大増税だなんて、許し難い。

 加えて、日本の危険度が格段に高まるのである。実際、エルサレムの首都認定の件で、イスラム原理主義組織ハマスは「インティファーダ(反イスラエル闘争)開始」を宣言。アルカイダは以前から米国の同盟国にジハードを呼びかけているから、日本はこれまで以上にテロの対象となりかねない。

「エルサレムをイスラエルの首都にするという常軌を逸した行動に出たトランプ大統領を、国際社会はもはやリーダー格とは認めない。国際社会が理想を追い求めている中で、そんな米国に追従することに、正義も合理性もありません」(孫崎享氏)

 河野外相が9日、中東バーレーンを訪問し、「日本は中東の安定にもっと貢献していける」と決意表明したという。アラブ諸国は、「だったら先に、安倍首相と蜜月のトランプ大統領に鈴を付けてくれよ」と失笑だろう。世界は日本外交になど1ミリたりとも期待していない。

転載元転載元: 天地の超常現象

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

希望の党の松原仁拉致問題対策本部長は11日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、北朝鮮による拉致の被害者救出に向けた申し入れを行った。野党が直接、首相に要請するのは異例。首相は「協力してやっていきたい」と応じた。
 要請文は、北朝鮮が日本人拉致被害者らの再調査を約束した2014年5月のストックホルム合意を無視しているとして白紙にすべきだと主張。拉致被害者救出のための首相直轄の専任組織を設けることも求めた。
 
 
これ「安倍首相に拉致対策申し入れ=希望」と題した時事ドットコム2017/12/11-18:19の記事である。
 
 
政治利用だけして救出をしない安倍首相を批判した、蓮池薫さんの兄の元拉致被害者家族会事務局長の蓮池透さんの出版本の意味が分かるようだ。国会でこの事が取り上げられ批判された安倍首相は「あの本を出された事で迷惑してる拉致被害者家族もいる」と自己擁護したが、普段からの国のトップとして「丁寧に・真摯に応える」としたフレーズが空しく聞こえる安倍首相の姿勢である。そんな考えの人間が事この事に真摯に向き合う筈もないのは解ってはいたが、よく考えれば頭が悪いのかと疑ってしまう。何故なら普段からの行動が、爺元岸信介に重なり、最終的には「史上に名を」の名声を狙っているように見えるが、だとしたらこの北朝鮮拉致問題の解決が格好の題材なのに、一向にそれに向き合おうとしない。我々部外者に解らない外交問題もあろうとは思うがその気配さえ感じられない。だからこそ野党でありながら改憲盟友に近いこの希望の党からさえ上記のような要求を突き付けられるのであろう。もしかしたら言葉と裏腹の淡泊な性格なのか。
「史上に名を」だったらもう一つ、「北方4島問題解決」もあるのに何故取り掛からないのか不思議だ。アメリカ偏重だけではと私は思うのだが・・・・・

転載元転載元: 土木屋社長の風刺ブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

そもそもロシア、中国を筆頭に東南アジアの国は
これら地域に核を撃ち込む権利がある

今の日本政府と日本報道、日本企業の酷さを見て
「反省している」と思う被害者が居る訳がない

アメリカだけが原爆を撃ち込んで日本列島を占領しているから
日本人、日本政府はアメリカに服従するだけで
日本が残虐行為を行った地域に対してはまったく反省しないんだよ。

今からでもロシア、中国は撃ち込んで大日本帝国の主要地域を占領するべきだ

転載元転載元: 差別大国 日本を滅ぼそう

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

  日米蜜月は孤立の道 トランプ隷従の安倍外交への厳しい目

           https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219312
2017年12月11日 日刊ゲンダイ

イメージ


■テロ対象の危険度も増大

 米国が世界の警察官であり、唯一の超大国だった時代ならば、米国の核の傘の下で黙って付いていくだけで日本は守られたのかもしれない、しかし、今は違う。米国は自国の利益しか眼中にない。トランプが日本に求めるのは、貿易赤字の解消と米軍の肩代わりだ。日本なんて米国のサイフぐらいにしか思っていない。

 もっとも安倍も自ら進んで武器を購入して貢ぎ物外交なのだから世話はない。19日には、新しいミサイル防衛システムとなる地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」2基の導入を閣議決定する方針。1基800億円で計1600億円だ。さらには、ミサイル防衛費の一部を今年度補正で前倒しするという。

 トランプに喜んでもらうため、懸命にシッポを振る。経済評論家の斎藤満氏は、「米国は日本に防衛費をGDP2%にまで引き上げるよう要求している。10%になる消費増税の税収5兆円のうち幼児教育無償化などに充てられるのは実質1兆円ほど。残り4兆円は、防衛費拡大に使われるのが関の山」と言っていた。ツケは庶民の大増税だなんて、許し難い。

 加えて、日本の危険度が格段に高まるのである。実際、エルサレムの首都認定の件で、イスラム原理主義組織ハマスは「インティファーダ(反イスラエル闘争)開始」を宣言。アルカイダは以前から米国の同盟国にジハードを呼びかけているから、日本はこれまで以上にテロの対象となりかねない。

「エルサレムをイスラエルの首都にするという常軌を逸した行動に出たトランプ大統領を、国際社会はもはやリーダー格とは認めない。国際社会が理想を追い求めている中で、そんな米国に追従することに、正義も合理性もありません」(孫崎享氏)

 河野外相が9日、中東バーレーンを訪問し、「日本は中東の安定にもっと貢献していける」と決意表明したという。アラブ諸国は、「だったら先に、安倍首相と蜜月のトランプ大統領に鈴を付けてくれよ」と失笑だろう。世界は日本外交になど1ミリたりとも期待していない。

転載元転載元: 天地の超常現象

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

https://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-628758.html

イメージ

晩さん会会場のホテルのバルコニーから顔を出し、集まった人たちの「イエス・アイ・キャン」の声に応えるサーロー節子さん(左)とベアトリス・フィン事務局長=オスロで2017年12月10日、竹下理子撮影

 10日(日本時間10〜11日)、スウェーデンとノルウェーで開かれたノーベル賞の授賞式と晩さん会。平和賞と文学賞の受賞者が喜びを語ったスピーチで飛び出したのは、くしくも広島と長崎での被爆体験と平和への強い願いだった。

 【オスロ竹下理子】会場は何度も大きな拍手がわき起こり、涙を流す人もいた。核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式で、被爆者として初めて演説に立ったサーロー節子さん(85)。13歳の時の広島での生々しい被爆体験を語り、核兵器廃絶に向け「諦めるな」と、世界中の次世代に力強く訴えかけた。

 この日は、亡き母の留め袖をリメークしたという黒のドレスをまとい、車椅子に乗って会場入りした。白いワンピース姿のICANのベアトリス・フィン事務局長(35)に支えられながら、ノルウェー・ノーベル賞委員会のアンデルセン委員長からメダルを受け取った。参列席には核兵器禁止条約の交渉会議で議長を務めたコスタリカのエレイン・ホワイト駐ジュネーブ国連機関大使の姿もあり、その様子を感極まった表情で見守った。

 演説では時折、顔をゆがめながら72年前のつらい記憶をたどった。爆心地から1.8キロの学徒動員先で被爆。がれきの下敷きになったが、近くにいた人の「諦めるな、(がれきを)押し続けろ。光に向かってはっていけ」という声に従い、建物からはい出した。振り返ると建物は燃え、中にいた同級生のほとんどが生きたまま焼き殺されたという。

 わずか4歳で水を求めながら亡くなったおいに触れ、「彼の小さな体は何者か判別もできない溶けた肉の塊に変わってしまっていた。世界で今まさに核兵器によって脅かされているすべての罪のない子供たちの代表だ」と表現。「核兵器は毎日、毎秒、私たちの愛するすべての人たちを危機にさらす。この異常を、これ以上許してはいけない」。全身から振り絞るように言い切ると、聴衆の拍手はしばらく鳴りやまなかった。

 カナダに移住後、核廃絶運動に取り組んできたサーローさん。最後に「今の私たちの光は核兵器禁止条約だ」と力を込め、被爆時に自身を救ってくれた「光に向かってはっていけ」という言葉を、世界中の人々に贈った。
 授賞式終了後、サーローさんは「喜びも大いにあったが、重い責任を受け継いだ気がした。これから核廃絶までの道のりを思い描いた」と語り、決意を新たにしていた。
 ◇被爆者や関係者、現地で受賞喜ぶ
 【オスロ竹下理子】授賞式には、日本から被爆者をはじめ核兵器廃絶を訴えてきた関係者が集まり、ICANの受賞を喜んだ。

 式典に出席した長崎市の田上富久市長は「(サーローさんとフィン事務局長の)2人の演説はシンプルなメッセージだが、これまで世界に届かなかったこと。世界のみなさんが感動し、核兵器のない世界に向けてエネルギーが集まればいい」と語り、広島市の松井一実市長は「式典の最後、(会場に)西日が差してきたのが象徴的だった。良い兆候ですね」と笑顔を見せた。ICAN国際運営委員でNGO「ピースボート」共同代表の川崎哲さん(49)は「会場に来て、受賞を実感した。今日一日は仲間と喜びに浸りたい」と破顔した。

 広島と長崎の被爆者20人もピースボートのツアーで駆けつけた。会場の外で、授賞式の様子を中継で見守った後、夜には氷点下5度のオスロ市街地で恒例のたいまつパレードに参加した。「イエス・アイ・キャン」と声を上げながら約600メートルを歩いた広島の被爆者、斎藤政一さん=岩手県在住=は「オスロまで来て、多くの人と思いを共有できて良かった。死ぬまで核廃絶を訴えたい」と話した。

 【ことば】核兵器禁止条約

 核兵器を違法とする条約。核兵器の使用▽開発▽実験▽製造▽保有のほか、核抑止力の根幹である「威嚇」や条約で禁じられた活動への援助も禁止する。今年7月、国連でオーストリアやブラジルなどが主導して、国連加盟国の6割を超える122カ国の賛成多数で採択された。核保有国の核の傘の下にあるオランダは反対、シンガポールは棄権し、日本や核保有国など約40カ国は、条約の交渉会議に参加しなかった。


転載元転載元: ニュース、からみ隊

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

週刊誌に白鵬の愛人問題が掲載された。
 横綱は「心・技・体」が大事と言われており、それにふさわしくないと判断された横綱は悉く引退していった。

 しかるに白鵬は土俵でも問題は起こすは、土俵外でも問題を起こしている。
 しかし、相撲協会は「厳重注意」だけでことを済ませている。

 でもネェ、今度だけはダメでしょう!!!!
 全く横綱としての品格はゼロでしょうが・・・・これで引退勧告しなかったら横綱は何をやってもいいことになる。

 白鵬は
40回優勝しただけのただの相撲格闘家でしょうが、八角理事長、腹を括りなさいよ!!!!
イメージ
                                       横綱を締める資格のない白鵬

転載元転載元: 大和男子の独り言ブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

強姦男に「いいね!」のどこが悪い、と居直る安倍昭恵!

2017/12/06
 半歩前へ


強姦男に「いいね!」のどこが悪い、と居直る安倍昭恵!

強姦男に「いいね!」をしただけで「なんで責められるの」と安倍昭恵。これに対し、夫の安倍晋三は「まぁ昭恵もね、悪名は無名に勝るっていうしね」だって。この夫婦、一体どうなっているのだ?

こんなのが日本の首相夫婦だよ。いいのか?

若い女性を泥酔させた上に無理やりホテルに連れ込み犯した強姦魔・山口敬之に「いいね」をする総理大臣夫人がどこの世界にいる? しかも昭恵は被害者と同じ女姓ではないか。

はずかしめを受けた彼女の屈辱が分からないのか? 安倍昭恵はバカだ!  (敬称略)
********************
女性セブンが次のように報道した。

515日に東京・日比谷のプレスセンタービル10階のホールで開かれた『安倍晋太郎を偲び安倍晋三総理と語る会』でのこと。安倍晋三(62才)は妻・昭恵(54才)と母・洋子(88才)と共に出席していた。

その場所で昭恵はこんな発言をしていた。 

「いいね!しただけで、あんなに責めなくてもね(笑い)」

昭恵の言う「いいね!」の発端は『週刊新潮』の報道。安倍首相に近いとされる自称ジャーナリスト・山口敬之(51才)が知人女性を酩酊させてホテルに連れ込み、無理やり犯したというものだ。

山口は報道後、自身のフェイスブックで報道を否定したが、その投稿に「いいね!」を押したのが昭恵だった。「被害女性よりも山口の肩を持つのか!」と、ネット上は瞬く間に炎上した。

「日ごろから女性のためにと言って講演を開き、女性の味方だと訴えてきた昭恵ですが、それも真剣なわけじゃなくて、すべて雰囲気で言ってるだけだとバレてしまいましたね」(『偲ぶ会』出席者の1人)

安倍晋三は5月中旬に行われた報道各社の幹部が集まる別の会合でも、こんな軽口を叩いていたという。

「まぁ昭恵もね、悪名は無名に勝るっていうしね(笑い)」  

(以上 女性セブン)
 

転載元転載元: 真実の報道

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

強姦男に「いいね!」のどこが悪い、と居直る安倍昭恵!

2017/12/06
 半歩前へ


強姦男に「いいね!」のどこが悪い、と居直る安倍昭恵!

強姦男に「いいね!」をしただけで「なんで責められるの」と安倍昭恵。これに対し、夫の安倍晋三は「まぁ昭恵もね、悪名は無名に勝るっていうしね」だって。この夫婦、一体どうなっているのだ?

こんなのが日本の首相夫婦だよ。いいのか?

若い女性を泥酔させた上に無理やりホテルに連れ込み犯した強姦魔・山口敬之に「いいね」をする総理大臣夫人がどこの世界にいる? しかも昭恵は被害者と同じ女姓ではないか。

はずかしめを受けた彼女の屈辱が分からないのか? 安倍昭恵はバカだ!  (敬称略)
********************
女性セブンが次のように報道した。

515日に東京・日比谷のプレスセンタービル10階のホールで開かれた『安倍晋太郎を偲び安倍晋三総理と語る会』でのこと。安倍晋三(62才)は妻・昭恵(54才)と母・洋子(88才)と共に出席していた。

その場所で昭恵はこんな発言をしていた。 

「いいね!しただけで、あんなに責めなくてもね(笑い)」

昭恵の言う「いいね!」の発端は『週刊新潮』の報道。安倍首相に近いとされる自称ジャーナリスト・山口敬之(51才)が知人女性を酩酊させてホテルに連れ込み、無理やり犯したというものだ。

山口は報道後、自身のフェイスブックで報道を否定したが、その投稿に「いいね!」を押したのが昭恵だった。「被害女性よりも山口の肩を持つのか!」と、ネット上は瞬く間に炎上した。

「日ごろから女性のためにと言って講演を開き、女性の味方だと訴えてきた昭恵ですが、それも真剣なわけじゃなくて、すべて雰囲気で言ってるだけだとバレてしまいましたね」(『偲ぶ会』出席者の1人)

安倍晋三は5月中旬に行われた報道各社の幹部が集まる別の会合でも、こんな軽口を叩いていたという。

「まぁ昭恵もね、悪名は無名に勝るっていうしね(笑い)」  

(以上 女性セブン)
 

転載元転載元: 真実の報道

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
イメージ
 
 
 
猿以下どころか犬同然の日本国民
 
一般的に猿が悪知恵の働く悪者で、犬が人間に忠実な良識ある生き物と思われているようである。
しかし
それこそが
いかに人間の身勝手で都合の良い解釈(論理)であるかという事を最近になって痛感している。
 
なぜなら、安倍がアメリカのポチであるどころか、日本国民は江戸時代さながらの「お上」の飼い犬に過ぎないと言う事実が歴然としてきたからである。
 
飼い主がどんなに人の道を外れた無知無能無教養の上に凶暴な外道であっても、その飼い主の命令があれば、アメリカの為だろうが安倍の嫁の為だろうが、強姦魔の山口の為だろうが、タダで自分の命を献上して死ぬという、まるで、ゴキブリ以下の生き物が「日本国民」なのだということに気付いたからである。
 
 
私は、日本国に生まれた事と日本人である事を、5年前までは誇りに思ってアメリカ・中国・韓国などに行っていたけれど、安倍の支配する日本になってからは、日本人である事が恥ずかしくて仕方が無い・・・
 
 
 
 
イメージ
 
 
 
 
 

転載元転載元: 平和へのブログ 過去から未来へ!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
アメリカの糞の安倍晋三には無理だけど
私が日本国の首相なら
この位の事は単独で北朝鮮に乗り込んで行って言うよ!
 
安倍は日本国民の為に命を掛ける気などカケラもないけど
私が首相なら
日本国と世界の平和の為に惜しむ命など無いのだから
 
腐った欲望と煩悩の塊の人間は
政治をやってはいけないのだ
南無阿弥陀仏・・・合掌!
 
閻魔さん
安倍があの世に行ったら
祭でイでも100回くらいは舌を抜いて
地獄の痛みと苦しみを味あわせてやってくださいね!
 
 
 
お前は、夫婦揃って嘘を衝いていると言¥いう自覚さえ全く無い
「国難」とまで言われた大嘘つきだったんだぞ〜〜〜安倍晋ぞ〜〜〜よ!
イメージ
 
 

国連事務次長「一つの判断ミスが戦争の引き金に」 訪朝で警告

12/10(日) 12:37配信
AFP=時事
【AFP=時事】国連(UN)は9日、4日間の日程で8日まで訪朝していたジェフリー・フェルトマン(Jeffrey Feltman)事務次長(政治局)が、たった一つの誤判断が北朝鮮との戦争の引き金となりかねないと警鐘を鳴らし、対話の窓口を開いておくよう北朝鮮に呼び掛けたと明らかにした。

【写真】北朝鮮、『火星15』発射実験を盛大に祝う

 フェルトマン氏は、北朝鮮による米全土を射程に収めた新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験実施から1週間を経ずに北朝鮮を訪問していた。国連高官の訪朝は2010年以来。

 国連によると、フェルトマン氏は北朝鮮で李容浩(リ・ヨンホ、Ri Yong-ho)外相、朴明国(パク・ミョングク、Pak Myong-Kuk)外務次官と会談し、「朝鮮半島の現状が、現在の世界の平和と安全保障における最も緊迫かつ危険な問題となっている」という点で合意した。

 また、戦争リスクを減少させるためには誤判断を防ぎ、緊急に対話窓口を開くことが必要だと指摘し、緊張が高まる朝鮮半島問題を平和的に解決するためには国際社会が関与していかなければならないと強調。現在の北朝鮮問題の解決方法は「誠実な対話を通じた外交的手段による解決しかない」との認識を示した。【翻訳編集】 AFPBB News

転載元転載元: 平和へのブログ 過去から未来へ!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事