全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全936ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

包囲された日本レイプ文化<本澤二郎の「日本の風景」(3355)
ILO決起!追い詰められたTBS山口強姦魔>
 ジュネーブからすばらしいニュースが届いた。ILO(国際労働機関)総会で、性暴力全面禁止を、加盟国・労働組合・経済団体が圧倒的多数で採択した。職場でのレイプ事件は日常茶飯事の日本である。それに国連がストップをかけたのだ。画期的な快挙である。日本の司法当局の判断に影響する。当然であろう。追い詰められたTBS山口強姦魔と断じるほかない。
 
<法務検察・警察の甘すぎた対策に釘>
 日本の法務検察・警察は、依然として戦前の男尊女卑の風土に埋没して、近代民主主義の人権平等に覚醒していない。その特別な世界が、強姦・レイプを容認するかのような政治と文化の日本である。
 一見、紳士ぶっている文化人・教師・坊主を装っている輩が、存外、強姦魔なのだ。政治屋は言うまでもない。言論人も例外ではない。ネット社会にもいっぱいいるため、これの情報発信力は弱い。
 
 性犯罪に対する対応は、恐ろしく甘い法治だ。刑罰が軽すぎる。たとえ裁判になっても、男性判事は犯人を救済して平然としている。日本の刑事警察は、女性虐待事件に真正面から向き合っていない。
 肝心の女性の代表である国会議員が、ここから逃げてしまっている。戦後の近代民主主義も、自立しようとしない女性のリーダーによって、放棄されている。憲法の人権主義にも、対応が甘い。
 日本の男尊女卑は、男だけでなく女性にも問題がある。これに反論できる日本人はいない。たとえいても匿名である。
 
<やくざ放任の日本政治に厳しい国際社会>
 日本の政治は、今回のILO採択をどれほどの重みでとらえているだろうか。安倍晋三や山口那津男など自公の政治屋は、間違いなく無視している。これは「小さな声」ではないにもかかわらず。
 
 筆者は、2014年4月28日にやくざ浜名のドーカツによって殺害された「木更津レイプ殺人事件」の被害者のKT子さんのことを、多分、生涯忘れることはない。これほどの悲劇を、近くで目撃したことがなかったからでもある。
 三本指の入れ墨やくざ浜名にレイプ・性奴隷を強いられ、格子無き牢獄で太陽も拝めなくさせられた。彼女は、戦争遺児の平和主義者だったこと、その限りで信仰の世界にのめりこんできた美人栄養士ゆえに、妻にデーサービス「かけはし」を営業させ、そこに配下のヘルパー吉田を使って誘い込んだやくざ浜名の悪逆非道な殺人事件を、正義のペンが許さない。
 そこから覚醒したジャーナリストとして、同じような悲劇の女性がゴマンといる日本列島を、放任する日本政治・レイプ文化に対して、限りなく怒りを覚えるものである。
 
 やくざ退治が喫緊の日本政治の課題であると叫んできたが、これに文句をつける日本人はいない。いたら堂々と名乗れ、と言いたい。
 日本の警察力をとことん嘆くばかりである。木更津の殺人鬼は今も生きているのだから。これを放任している信仰者の団体も、である。これも恐ろしい。倫理が宗教からも消滅していることに、ひたすら驚愕するばかりだ。
 
 そんな日本に、国際社会が目を向けたのだ。すばらしい動きである。高く評価したい。日本のレイプ文化を退治することが、何よりも重要である。さすれば、政治も大きく変わるだろう。
 
<抵抗する財閥を露呈したILO総会>
 ILO総会で発覚した真実は、日本財閥が性虐待・レイプ文化の日本から目を背けたことである。財閥の表向きの団体である経団連が、この歴史的な投票場面で棄権したのだ。これは大ニュースである。
 
 やくざ暴力団と連携しているのは、政治屋ばかりではない。やくざ・暴力団に餌を撒いてきたのは、財閥である。この真実を教えてくれた御仁は、平和軍縮派の宇都宮徳馬さんである。
 財閥に飼われている犯罪集団が、財閥ゆえに、やくざの飯の種であるレイプ禁止のILO採択に抵抗したものだ。この財閥の傀儡政権が今の自公内閣で、支援する言論界が、読売・産経・日経・NHKと民放各局ということになる。
 
 伊藤詩織さん事件を報道した欧米マスコミに対して、これを1行も報道しない日本の新聞なのだ。腐ってしまった日本を象徴している。
 
<「スプリング」「ヒューマンライツ・ナウ」「ボイス・アップ・ジャパン」も決起>
 だが、欧米の波は嵐となって列島にも襲い掛かってきている。これも評価できる。昨夜、朝日デジタルが、これまたうれしいニュースを伝えていた。
 
 レイプ文化の被害者が、グループを結成、署名運動をしていたのだという。性犯罪に重罰を求める5万人近い署名を、法務省に届け出たというのだ。
 これも快挙である。自立する女性の台頭を裏付けている素晴らしいニュースだ。「スプリング」「ヒューマンライツ・ナウ」「ボイス・アップ・ジャパン」という3団体である。
 アメリカで発生した#Mee Too運動に影響されたものであろう。国際的なレイプ文化退治のうねりが、日本にも生まれていることになる。
 
 彼女らの代表が、これから国会に、地方議会に議席を持つのである。本物の日本改造を約束するだろう。武器弾薬の自公政治を根底から破壊する力を秘めている。
 
<伊藤詩織さんの勇気に感謝>
 この素晴らしい自立する女性の強姦阻止運動は、日本の戦前戦後史になかった動きである。文句なしの画期的な運動体である。
 
 彼女らは、間違いなく無党派の眠っている女性の心を捉まえるはずである。戦前戦後を通しての、偉大な日本政治改革の旗手に相違ない。
 日本の希望でもある。その契機をつくってくれたであろう、伊藤詩織さんに感謝感激である。改めて彼女の勇気をたたえようと思う。
 
 「木更津レイプ殺人事件」の被害者のKT子さんは、いまだ地獄で呻吟しているようだが、彼女こそが伊藤さんの勇気を一番喜んだ日本人であると指摘・叫ぼうと思う。
 時代は変わる。歴史は動く。日本列島も地殻変動している。そこでうごめく日本人の精神も変革する。日本は変わっていく。自公の改憲軍拡をとどめを刺す2019年にしたい。
 
 議会・国会議事堂は病んだままだが、主権者はじっとしていない。いま女性の自立が始まっている!無条件で喜びを分かち合いたい。
2019年6月25日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

転載元転載元: 憲法と教育基本法を守り続けよう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

別府市はビリから2番目〜情報公開   2015.5.25 の記事ですが・・・

イメージ
イメージ
別府市は大分県では大分市に次ぐ人口を抱える都市なのですが、民主社会の基本たる「情報公開」ではいつもビリ争い、その他市政全般にも大いに立ち遅れている気がするのは私だけでしょうか?

そんな状況だから街は「活性化」など程遠く、中でも「中心市街地」と呼ばれた部分はもはや「廃墟化」がかなり進んでいるように見えますが・・・・・

この所、有名ホテルの進出や、スギノイホテルの改装などの話題でちょっと期待しているのですが・・・・・

転載元転載元: ヒマジンの日々〜3D画像と別府情報

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-54-6e/sj566029/folder/1818926/80/71938680/img_3?20190606192714

【週刊女性PRIME】小室圭さん問題、“Xデー”は6月下旬?秋篠宮ご夫妻の会見に注目集まる!

2019年6月6日 11時0分

お代替わりに伴い、秋篠宮ご夫妻から引き継がれた3つの公務のうち、5月中に2つお出ましになった眞子さま。

その中のひとつである『全国都市緑化祭』の式典に出席するため、5月22日から1泊2日の日程で長野県を訪問された。

『国営アルプスあづみの公園』で、絶滅危惧種のチョウ『オオルリシジミ』のご説明をした帝京科学大学専任講師・江田慧子さんは、眞子さまのご様子を次のように話す。

「眞子さまは“ほかのチョウとどう見分けるのですか”と興味を持たれていました。

ご説明しているときに、たまたまオオルリシジミが近くに飛んできたのでご紹介すると“会えてよかったです”と笑顔で話されていましたよ」

絶滅危惧種のチョウに会えてうれしそうなご様子だったというが、眞子さまがいちばん会いたいのは、海の向こうの“王子”だろう─。

「フォーダム大学ロースクールの『LLMコース』を卒業した小室圭さんは、5月中旬から夏休みに入りました。夏休み期間、寮生活をしていた学生は一時的な退寮を求められますが、どうやら小室さんは居残ったようです。

その場合は延長料金がかかりますが、例外的に夏期講習を受講する学生は継続して寮を利用できるのです。ちなみに1講座で25万円、ひと月あたりの寮費が18万円かかります」(同・皇室担当記者)

しかし小室家は、眞子さまとの婚約延期の原因となった借金トラブルを抱えている状況であり、大金を使って“夢”を追いかける小室さんには疑問が残る。

「3か月以上ある今回の夏休みにも帰国予定はないと聞いて、あきれるばかりです。今は勉強よりも、一時帰国して、秋篠宮ご夫妻にトラブルの進捗を説明しに行くべきタイミングなのに……。

思い返せば、小室さんは大学時代には『湘南江の島 海の王子』の活動のほかにも、アナウンサースクールにまで通っていました。

大学卒業後には『一橋大学大学院』で経営法務を学びながら、『三菱東京UFJ銀行』(当時)に入行するも約2年で辞職。その後、都内の法律事務所でパラリーガルとして勤務している中、昨夏から眞子さまの“婚約内定者”という立場で3年間のアメリカ留学に旅立ってしまいました。

経歴から見ても“夢追い人”のような小室さんが、最終的に何をやりたいのかがまったく見えてきません」(皇室ジャーナリスト)

一部では、小室さんの代理人弁護士が「彼は、弁護士資格の取得を目指していると言っているが、弁護士になるとは言っていない。彼は今、ライフプランを作っている」との発言が報じられている。

いまだに将来が定まらない小室さんだが、銀行員時代の同僚だったAさんによると“驚異的な図太さ”があったと証言する。

「私は丸の内支社の法人営業部で、小室さんが新卒入行してからの約半年間、同じ職場でした。彼はデスクやトイレ、駐車場で見かけたときでも常にぼーっとしていた印象で、正直、職場では浮いた存在だったと思います。

小室さんの上司は、彼のことを“話を聞かない”“言ったことをやらない”とボヤいていました。これまで、借金トラブルに関して秋篠宮さまからの助言があっても、一向に小室さんが動きを見せないのは、銀行員時代から変わっていないからだと感じます」

目の前にある仕事に対するやる気がまったく感じられなかったとAさんは言うが、別の同僚Bさんは、小室さんがこんな“愚痴”をこぼしていた話を聞いたことがあるという。

「“今の仕事は僕がやるような仕事じゃない。もっと大きな仕事ができると思っていた”といった話をしていたそうですよ。とはいえ、何もわからない新人がいきなり、そんな大きな仕事をできるわけがありませんよ」

仕事に不満があったのは、内容が物足りなかった可能性があると前出のAさんは語る。

「丸の内支社のクライアントは、誰もが名前を知る大企業もありましたが、小室さんが担当していたのは、そこまで有名ではない中小企業ばかりだった記憶があります。さらに、新人のころは書類の仕分けなどの雑用を任されることが多かったと思いますね」

自分の理想と違った銀行員生活を早々に辞め、今度は国際弁護士の夢をつかむために猛勉強中の小室さん。

しかし、資格取得を目指す一方で「弁護士になるとは限らない」という思いがある彼は、どんな仕事に就く可能性があるのだろうか。『弁護士法人・響』の西川研一代表弁護士に話を聞いた。

「弁護士以外だと、日本企業の法務部で活躍する可能性がいちばん高いと思います。

ニューヨーク州の弁護士資格を持っていれば、海外企業の法務部とのやりとりをするうえでも信頼が高まります。

アメリカは書類関係が重要視されますし、それらをきちんとチェックができ、かつ英語で交渉などもできると需要はあるでしょう。具体的には、海外との取引が頻繁にあるような商社が候補になります。

ただ、収入面でいうと、入社した会社の同世代と比べて、月々数万円が上乗せされるにとどまると思います」

一心不乱に突き進む小室さんの一方で、眞子さまの結婚問題に頭を悩ます秋篠宮ご夫妻が“新たな動き”をお見せになるご予定がある。

「秋篠宮ご夫妻は、6月27日から約10日間の日程でポーランドとフィンランドを公式訪問されます。いずれも外交関係樹立100周年の記念行事などに臨まれます。

そして実は、この海外訪問にあたって、ご夫婦で会見することが決まったのです。今までは海外訪問を終えたご感想を文書で出すだけで、海外訪問前にご夫妻で会見するのは初めてのことなんですよ」(宮内庁関係者)

この会見について、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんに聞いてみると、

「5月1日に秋篠宮殿下は、皇太子と同格の『皇嗣』になられましたので、ご訪問前の記者会見を受けることになったのでしょう。

公式訪問にあたっての記者会見ですから、国際親善や訪問国に関する質問になります。ただ、関連質問として、外国訪問に絡めたご家族に関する質問は可能です。

昨秋の秋篠宮殿下お誕生日の記者会見以降、半年ぶりの記者会見ですから、眞子内親王殿下のご結婚についての質問が出る可能性はあります」

山下さんの言葉どおり、前出の宮内庁関係者は、会見内容について次のように話す。

「宮内記者会は今回の会見で、訪問国へのご印象や抱負をご夫婦に質問する予定です。

そして、今年1月に小室さんが公表した文書をどのように受け止められたかに加えて、眞子さまのご結婚についての今後の見通しを2問目に盛り込んでいます。

現時点ではあくまで質問案なので、宮内庁側が却下する可能性もありますが、国民の関心事である結婚問題について聞かないのは、かなり不自然でしょう。昨秋の殿下のお誕生日以来、再びご両親がこの問題について言及される可能性は高いと思います」

『令和』初の会見で、秋篠宮ご夫妻は長女の結婚問題の“行く末”をどう語られるのだろうか─。



https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-54-6e/sj566029/folder/1818926/80/71938680/img_0?20190606192714

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-54-6e/sj566029/folder/1818926/80/71938680/img_1?20190606192714

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-54-6e/sj566029/folder/1818926/80/71938680/img_2?20190606192714


小室圭さん「今できること一生懸命」発言が物議…追い詰められる秋篠宮家

2019年06月06日 10時30分

秋篠宮皇嗣殿下の長女・眞子さまの婚約者である小室圭さんの発言が、またまた不興を買っている。写真週刊誌『FLASH』6月4日号に掲載された記事によると、小室さんは「令和になっても、今できることを一生懸命やるだけです」「気持ちは以前と変わらないです」などと、代理人弁護士を通じて答えたという。

小室さんは現在、ニューヨークのフォーダム大学ロースクールを5月20日に修了した後、インターンとして弁護士事務所で実務経験を積むフィールドワークなど、複数のプログラムをこなす日々を過ごしているらしい。9月に始まる法務博士のコースを卒業するために、この夏休みも勉強を続ける必要があり、帰国している暇はないようだ。

眞子さまは7月に南米・ペルーを訪問される予定だが、米国を経由したとしても小室さんには会わない意向だと報じられている。一方、小室さんも犧できること瓩箸靴董∨〔廓郢里離魁璽垢鮟の擦垢襪泙悩堂颪靴覆し莪佞世箸いΑ

この小室さんの発言や行動に対して、ネット上では、

《あと2年会えないんじゃなくて あと2年で別れなさいって意味だと思うけど》

《え? まだ会う気でいるの?笑》

《破談しないつもり? 2年じゃなく永遠に会わないでください》

《2年間警備とかで税金の無駄遣いするなよ》

などと批判の嵐。さらに、

《弁護士になるかどうか決めてないくらいだしどうせそんなに必死に勉強しないでしょ。でも謎のパワーで合格すると見た》

などと、小室さんの「弁護士になるか決めていない」という発言を持ち出し、勉強はウソだとする意見も見られた。

国民に説明もなく不信感が増す

小室さんは5月31日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、狄突Л瓩半里垢訖擁が「帰国すると友人や護衛のSP、マスコミなど大勢の人に影響を与えるから帰国しない」と証言したことが炎上に油を注ぐ格好となっている。しかも、親友と称する人物も「実は劇団員では?」と疑われる始末。国民の中には、もはや好感度どころか嫌悪感しかない状況といえる。

当事者の眞子さまは去る5月12日、母・紀子さまと一緒に『大聖寺文化・護友会』の総会に参加。1泊2日で母娘水入らずの時間を過ごした。『週刊女性』によると、「お2人で仲良さそうに会話されていたとのことでした。とてもいい親子関係だと感じましたね」などと報じられている。さらに6月2日には、お2人で一緒に代替わりを記念した特別公演『大典 奉祝の芸能』を鑑賞。母娘での公務が続いている。

これについて、ネット上では、

《例の問題が宙ぶらりんの状態で、問題は一向に解決されず、解決しようとする姿勢も見せず、心配をする国民に説明もせず、相手も海外で逃げ回り、不信感がこれだけ増してる状態なのにもかかわらず、平然と公務をする眞子さまに違和感を感じざるを得ません》

《秋篠宮家や紀子さんにしてみれば、公務だけはします! ということなのだろうけど、誕生日会見以降、国民に何の説明責任も果たさないでのお出ましは、国民にとっては何か挑戦的な態度の様であります》

など、非難の声がある。

どうやら小室問題は、着実に秋篠宮家を追い詰めているようだ。




「批判している皆さんはそんなに立派な人間なの?」橋下氏と石原良純氏が、小室圭さんをめぐる加熱報道に苦言

2019年6月2日 10時0分

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-54-6e/sj566029/folder/1818926/80/71938680/img_4?20190606192714

30日放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』に出演した橋下徹氏と石原良純氏が、小室圭さんをめぐる過熱報道に苦言を呈した。

石原氏は「やっぱり僕も娘がいる父親として、最初はどうなの?という気持ちもあった。だけど最近ではメディアがニューヨークにまで行って連日報じている。やっぱり興味がある人がいるから報じるんだと思うけど、お母さんの問題を通り過ぎて、ご学友の話、周辺の話と、尾ひれのような報道になっていると思う。まだ若いし、メンタル面や生活のことを考えたら、ここまでやっていいのかなって、そろそろ思わないのかな。僕たちは表に出て禄を食んでいる立場だからしょうがないと思うけど、それでも私生活に興味を持たれるのは辛い」と問題提起。

すると橋下氏は「僕自身は小室さんよりも人間ができてないと思っているから、批判することはできない」ときっぱり。

「政治家であれば投票率40〜50%くらいの選挙で、そのうちの半分としたら有権者の20%くらいの支持を得て当選する。その20%の支持を得るだけでも本当に必死。だけど天皇の地位、皇室の地位というのは、"国民の総意に基づく"となっている。つまり全国民の8割、9割が支えてくれないといけないということ。政治家やテレビに出ている方だったら、それがどれだけ大変なことかわかると思う。普通はそんなライフスタイルは無理だと思う。そんな中、天皇家の皆さんは、すごいことをやっていただいている。特に上皇さまは平成時代の30年間でそれを築き上げられてこられた。それをいきなり小室さんにやりなさいって、僕はよう言わない。むしろ大変ですね。頑張ってくださいね、という感じ」。

また、紗倉まなは「四六時中、立ち入るような形になるのは過剰な気がする。マスコミの方と見ている方とで焚き付け合うようになっているように思えて、不快だなと思うことがある」と話した。

番組が街頭インタビューを試みたところ、「お互いが好きならどんな状態でもいいのでは」という意見もあった一方、

「報道されているお母様の問題点についてクリアになっていないので、そんな状況で眞子さまをお相手にご結婚を進めるのは自分自身でよく考えられた方が」
「定職に就いてから結婚を申し込まれるのが普通かな」
「金銭問題があるじゃないですか。解決していないのに、留学って形で逃げてるとしか思えない。良い印象はない」
「眞子さまの婚約者として説明責任を果たさずにニューヨークに行ってらっしゃるのでちょっとそこが気になるな」
「結婚するにあたっては国民の税金が支給されるわけなので、説明はするべきなんじゃないのかな」

と、厳しい見方も相次いだ。

橋下氏は「厳しいね」と感想を漏らし、「結婚する時に説明責任を果たしている人なんているの?俺だって定職に就いてないときに結婚しているからね。正直、小室さんの何が問題なのかが全然わからない。犯罪を犯したわけでもないし、親のことなんて持ち出したら、何があるかわからない。金銭トラブルはきちっと法的に解決すればいい話であって、小室さん自身は当事者じゃないんだから。かわいそうだ。過去の写真についても色々言われるけど、20歳くらいだったらちょっと調子乗ってやることくらいあるでしょ?批判している皆さんはそんなに立派な人間なの?」と困惑。サバンナの高橋茂雄が「奨学金で勉強している人に400万円のお金を作れって、むちゃくちゃなこと言ってる」と思うと話すと、橋下氏は「クラウドファンディングで集めたっていいと思うし。それで食事会の権利とかあったら、俺だったら買うけどね。これから就職して、きちんと頑張りますって言えば全然問題ない。後は食事参加券(笑)」とコメントしていた。(AbemaTV/『NewsBAR橋下』より)

転載元転載元: ‘まなかつお’のしゃべり場へようこそ。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



【高齢者に仏像押し売り】
d「アートコアコーポレーション」
玉木文博

(産経 2019.5.24 07:09)

 滋賀県警は23日、
高齢者をだまして
仏像を無理矢理売りつけた
として、

詐欺と特定商取引法違反
(不実の告知、書面交付義務違反)の疑いで、
東京都千代田区の通販会社
★「アートコアコーポレーション」の
★ 社長、
玉木文博
容疑者
(54)=東京都中央区=と、
★ 同社の元従業員ら4人

を逮捕した。
 5人はいずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年2月14日から
同12月18日ごろにかけて、
兵庫、埼玉、沖縄の3県に住む
当時86〜90歳の男女3人の高齢者宅に、
「木彫りの観音様のお届物です。
あなたが注文していることに間違いないのだから、
購入していただかないと困ります」
などと嘘の電話をかけ、
仏像の代金として複数回にわたって、
3人にそれぞれ現金42万円を振り込ませ、
だまし取ったなどとしている。

 県警によると、名簿業者から
入手した叙勲受章者リストなどを使い、
高齢者を狙って電話をかけていた。

 仏像は2万円程度で市販されていたものとみられ、
被害者の約9割は80代以上で、
昨年1年間で被害者は全国で100人以上、
被害総額は約4千万円超に上る。

 同社は
★「日本書芸センター」
の社名で仏像を売りつけており、
平成29年ごろから
詐欺行為をするようになったという。

 県内では、
草津市や大津市などで被害が確認されており、
県警は過去数年にわたって
被害が及んでいるとみて捜査を進めている。

転載元転載元: アッチョンブリケ総研

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

中国外相、米は「ファーウェイいじめ」

5/23() 0:06配信 時事通信

 

 【北京時事】中国の王毅外相は22日、訪問先の中央アジア・キルギスの首都ビシケクで記者団を前に、「米国は国家の力で華為技術(ファーウェイ)のような中国民営企業を理由もなく圧迫しており、経済的ないじめ行為だ」と批判した。

 

 中国外務省が発表した。

 

 王氏は、米国人の一部が「中国の発展する権利を望まず、発展を妨害しようと企てている」と主張。「米国の唯我独尊的なやり方は国際社会の合意や支持を得られない」と強調した。 

転載元転載元: kat*r*giki*iem*nnのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全936ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事