つちのこ日記

「今こそ立ち上がろう!」と言って抗議の「座り込み」。

全体表示

[ リスト ]

結婚記念日旅行で、2泊3日の山口県旅行に行ってきた。

10/11(金)お昼頃、山口ニュージーランド村の跡地に到着した。

だだっ広い駐車場の入り口にはバス停があって、バスの運行はまだ生きている。
だが肝心のニュージーランド村自体はもう経営されていない。
イメージ 1

結構な団体客を収容できる施設だったことをうかがわせる。

駐車場の奥に園へと進む道が続いている。
イメージ 2



誰もいない閑散とした道を一人で歩いて進んだ。
イメージ 3



曲がった道を抜けると、開けたところに出た。
しかし、建物は一切無い!
イメージ 4

建物の建っていた形跡はある。
ということは壊された跡ということだろうか。

さらに奥へと進んでみる。
イメージ 5



道は1本とは限らないし、どちらの道がどこへつながっているのかもわからない。
イメージ 6

まぁ気長に行こう。


池は静かに水を湛えている。
イメージ 7

この園がアクティブだったころはボート営業でもやっていたのかもしれない。


小高い丘を利用した滑り台的な場所を発見。
イメージ 8

表面は粘着テープをはがした後のような質感になっていたので、
おそらく人工芝か特殊な表面をはがしたのだろう。

丘の向こうには何が有るのか気になったので登ってみたけど、
ホントに普通の丘だった。
ちょっと見晴らしが良いだけだった。
でも園の全体像はなんとなく分かった。


行く先々で見かける、建物の基礎跡。
イメージ 9

駄目だ。
やはり建物は全て解体済みだ。


跡だけでは、何が有ったかを想像するに難い。
イメージ 10



何処を見ても建物は無く、しょうがないので、帰ることにした。
でも1本だけ、丘から見ても何処へ繋がっているのかわからなかった道へと入ってみることにした。
イメージ 11



道も荒廃が進み、倒木があっても、もちろん管理する人が居なければそのままだ。
イメージ 12



草木が生え放題。道が埋まるほど。
イメージ 13

誰も通らないから蜘蛛の巣が多く、蜘蛛のサイズも大きい。
なるべく蜘蛛の巣は壊さないように、くぐったり避けたりしながら、道を進む。

この道の先に何が有るのかはわからない。
おそらく園が生きていた頃だって、こんな辺鄙なエリアには観光客は入らなかっただろう。
管理棟的な物が在るなら、それはそれで。
無いのならそれでもいい。
どうなっているのか、を知りたい。

というか暑いし虫が多いし、早く決着をつけて園を出たかった。
もう人の気配とかそんなのはどうでも良くなっていた。


とか思っていたら、終点に到着。
イメージ 14

まさかの「ただの行き止まり」!!
なんのためにアスファルトを流し込んで道を作ったのだろう。

まぁいい。
そのまま、もと来た道を帰った。

なんだ・・・事前に調べていた時に見た、建物は全て解体されてしまったのか・・・
もう少し早く来ればもしかしたら見られてかもしれないんだけどなぁ。


ハウステンボスもあわやここと同じ運命だったのだろう。
オランダ村はまさにここと同じことになった。
そうだ、今回のニュージーランド村の規模は、長崎のオランダ村と同じぐらいだったように感じた。

そんなこんなで、旅行の第一目的地、終了。
一応言っておくが、これは結婚記念日旅行だ。

閉じる コメント(2)

実は、この施設はすでに買い取られてるとの情報です。
メガソーラーができるとのことでこの撮影日よりちょっと前には解体作業をしていましたよ。

2014/10/14(火) 午後 2:19 [ 115 ] 返信する

顔アイコン

そうだったんですね・・・
残念。
たしかに面積的には申し分ない場所でした。

2014/10/15(水) 午後 1:14 [ lockin_break ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事