にゃん太くらぶ☆彡 ネット支部 with Yahoo!

つれづれなるひとり言、医療トピック、気になるニュース、等々。。。あそび心をおりまぜながら書いてます。気軽に遊びにきてネ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

漫画家の赤塚不二夫さんが死去されました。
長くご病床にあったことは知っていたのですが、また、さびしくなりました・・・
ご冥福をお祈り致します。


*** 漫画家の赤塚不二夫氏死去 「おそ松くん」「天才バカボン」 ***

  【8月2日21時22分配信 産経新聞】
 
 「おそ松くん」「天才バカボン」などで知られる漫画家の赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名・藤雄=ふじお)さんが2日午後4時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。72歳だった。旧満州(現中国東北部)出身。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15。葬儀・告別式などは未定。

 終戦で大陸から引き揚げ、奈良県で育つ。小学生時代に手塚治虫作品に感激し、漫画家を志した。中学を卒業して3年間、新潟市の看板店に勤めた後、昭和28年に上京。化学工場で働きながら、漫画雑誌への投稿を重ねた。

 31年、「嵐をこえて」でデビュー。東京都豊島区椎名町にあったアパート「トキワ荘」に転居し、石ノ森章太郎や藤子不二雄らと腕を磨いた。34年には“赤塚ギャグ”のはしりとなる「ナマちゃん」が好評に。37年には「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」が爆発的にヒット。続いて「天才バカボン」「もーれつア太郎」などのヒット作を連発し、“ギャグ漫画の王様”となった。

 ニャロメ、ウナギイヌ、レレレのおじさんなどのユニークなキャラクターを生み、「シェー」「ダヨーン」「これでいいのだ」などの流行語も数多く誕生させた。

 平成9年12月に自宅で吐血して入院、食道がんが判明。その後も急性硬膜下血腫や脳内出血で緊急手術を受け、14年以降は創作活動を休止していた。

 昭和40年に小学館漫画賞(おそ松くん)、47年に文芸春秋漫画賞(天才バカボンなど)を受賞。平成10年に紫綬褒章を受章。15年には東京都青梅市に「青梅赤塚不二夫会館」がオープンした。 



@_さらば、赤塚不二夫!なのだ・・・[漫画家の赤塚不二夫氏死去] ***

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

先生、さようなら、合掌

2008/8/3(日) 午後 5:47 hay**u2020 返信する

ある程度、予感はありましたが、現実になってみると、とても寂しいです。正直言って、もう少し生きていて欲しかったです。(あまりにも近い存在でしたから。)72才は、絶対に若過ぎると思います。でも、いろいろあったし、仕方ないのかな?赤塚ギャグは、これからも、けして忘れないようにしたいと思います。本当に、素敵なギャグをありがとうございました。(ご冥福を心より祈念致します。)マサでした。

2008/8/4(月) 午後 9:10 マサ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事