ロハス建材 仙石敦嗣 八王子

評判 口コミ ロハス建材手抜きなし!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
Webサービスの呼び出しやデータ操作などによってビジネスプロセスを定義するXMLベースの言語。「ビジネスプロセス実行言語」とも呼ばれ、WS(Web Services)を加えて「WSBPEL」や「BPEL4WS」と呼ばれる場合もある。IBMのWSFL(Web Services Flow Language)とマイクロソフトのXLANGをベースに、IBM、マイクロソフト、BEAシステムズなどによって提唱され、OASISでの標準化が進められている。SOA(サービス指向アーキテクチャ)が注目される中、業務システムの構築にBPELによるビジネスプロセス定義が利用されつつある

開く コメント(0)

プログラミングモデル

大量のデータを分散処理するためのプログラミングモデル。多数のコンピュータから構成される環境において並列処理を行う。オリジナルの技術は米Google社が開発した。データの処理を「Map」と「Reduce」という2つのステップに分けて行うため、こう呼ばれる。Mapステップでは大きなデータを細かく分割して複数のコンピュータで処理し、ReduceステップではMapで処理されたデータを集約し、データ全体について処理結果を得る。

開く コメント(0)

生物学用語で、生態的地位のこと。
動物であれば、餌となる植物や他の動物、隠れ家など、また、植物であれば、光合成に必要な太陽光や根を張るための土壌など、生物が自然の生態系内で生きていくために不可欠なもの(環境)がある。生物種が生態系内でこれらを巡る種間の争奪競争に勝つか、耐え抜いて、得た地位が生態的地位(ニッチ)である。ニッチを獲得できた生物種だけが生態系内で安定した生存が可能となる。
一般に、生物種は様々な生物の相互関係の中で適応して、ニッチを獲得しやすい特有の形態や習性を持つようになる(進化する)ので、生態系内には多様な生物種が複雑な相互関係の中で存在する。安定した生態系は、ニッチを持った多くの種で成り立っており、通常、空いているニッチはない。また、一般的には、ひとつのニッチを異なる種が占める(獲得する)ことはできないので、安定した生態系に新たな生物が侵入する余地はほとんどない。しかし、希には餌の食い分けや棲み分けが起こり(ニッチが分化され)、両種の共存が可能になることもある。

開く コメント(0)

絶滅のおそれのある野生生物の情報をとりまとめた本で、国際自然保護連合(IUCN)が、1966年に初めて発行したもの。IUCNから発行された初期のレッドデータブックはルーズリーフ形式のもので、もっとも危機的なランク(Endangered)に選ばれた生物の解説は、赤い用紙に印刷されていた。日本でも、1991年に『日本の絶滅のおそれのある野生生物』というタイトル

開く コメント(1)

膨大なエネルギー

このような技術が開発されれば、現在のような化石燃料の使用を前提にしながら地球温暖化を防ぐ事が可能になる。
しかし、現時点では固定化の際、膨大なエネルギーを消費し、結果的に固定化する以上の二酸化炭素を排出するなど実用化の域には程遠く、その可能性に疑問の声も多い。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事