ロハス建材 仙石敦嗣 八王子

評判 口コミ ロハス建材手抜きなし!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ロハス建材

植物や微生物が行っている葉緑素を用いた光合成により、大気中の二酸化炭素を炭水化物に代えて生物躯体として固定させること。
この炭酸同化作用以上に効率的な二酸化炭素固定技術はない。一方で、人工的な二酸化炭素固定技術の開発も行われている

開く コメント(0)

ロハス建材

、大気中の酸素と反応して青色ないし白濁色を呈することとなる。主として東京湾で発生することが知られている。
赤潮同様に魚介類の大量死を招き、アサリが死滅する等の被害が出たことがある。
青潮防止のためには水域に流入する窒素を削減する等の富栄養化防止対策が必要

ロハス建材

富栄養化の結果として海水が青色ないし白濁色を呈する現象。
海水が富栄養化するとプランクトンが大量発生することがある。この大量のプランクトンが死滅すると下層へ沈殿し、底層で生分解される過程で酸素が消費され、貧酸素水塊ができる。青潮は、この貧酸素水塊が強風の際などにおこる湧昇現象によって、岸近くの水の表層に上昇したものである。しばしば低層の嫌気分解で生じた硫化水素等を含むため、大気中の酸素と反応して青色ないし白濁色を呈することとなる。主として東京湾で発生することが知られている
生態学的、地球中心主義的な世界観を強調する哲学のこと。
生命中心主義は、人間と自然を人間中心主義に見られるような「支配−被支配」という関係ではなく、有機的なつながりを持つ生態系の一員であるにすぎないとみなす。
人間以外の構成員は、自然の法則に忠実にしたがっているが、人間のみが自己利益のために自然の法則を無視していると考える。このため、人間は他の構成員に対して、道徳的義務を一方的に負わねばならず、生態系はその倫理的対象となる。
つまり、生命中心主義の立場における環境保護は、人間の利益のため行うものではなく、生態系それ自身がもつ価値を守るために行うこととなる。このような生命中心主義は、その後、自然の権利思想へと発展することとなった。

開く コメント(0)

人間の自然に対する位置づけ、評価の方法。自然観は、永遠不変なものではなく、時代や場所、自然条件、社会制度、文化など様々な要素によって歴史的に変化するものである。
例えば、自然条件の厳しい不毛な地域では自然は過酷なものと認識され、自然に対して恐怖と支配したいという感情に駆り立てられた。一方で、自然の豊かな地域では、自然は恵みであり、感謝の念を抱く存在であり、自然に対する情愛とともに自然との共生という感情が育まれた。現在の支配的な自然観は、人間中心的な自然観(人間中心主義)であり、自然は人間の欲望を満たすための存在であるとみなされる。人類が環境問題を引き起こした根本原因はこの人間中心的な自然観であるとの反省から、最近では生態学的理解を背景とした生命中心的な自然観(生命中心主義)も唱えられている

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事