ここから本文です

書庫全体表示

■陰陽五行不動産思想

イメージ 1
■陰陽五行不動産思想

好不景気の経済循環は子供の積み木遊びと同じです。

子供が一つ一つ積み木を積み上げていきどんどん高さが増していく。

途中までは一つでも多く高く積み上げたいと無心集中し上手くいっているが、そのうち心の中に不安が過る。

次の一つで崩れるのではないか、この程度で止めておこうかと。

ただ、周りの大人や友達が上手上手と褒め称え、周囲の期待に応えなければと子供心に思い、止めるに止められない重圧が掛かる。

そうすると上手くやり遂げたいという気持ちの反面が現れ、この重圧から逃れるため全てを破壊しようとする気持ちが芽生える。

そして、その時が来る。

ガァッシャ ガァッシャ ガァッシャ〜ン

高くそびえ立つ積み木を両手を使いひと思い破壊。

そして子供は正気に戻って何事もなかったかのように再び積み木を積み上げていく。

積み木一つ一つが景気の積み重ねであり、子供はルールを決める時の決定権者達である。

上手くいけばいくと同時に不安も募り、周りの期待とは逆の行動をしてしまう人間の性。

これは人類歴史上、どの時代でも見られる現象である。

この事を心得ておれば、おのずと経済が見えてくる。

では、どうすれば経済を見通す事ができるのか。

万物の物事には永遠など無い事は御承知の通り。

人類がこの地球上に誕生してから3000年余りとされている。

この間、発達発明が数多く誕生し人類に恩恵をもたらしたが、その中で権力争いが繰り返され多くのものを失ったのも事実。

歴史をないがしろにした結果である。

日本で言えば、石を使って狩りをしていた石器時代に、エジプトでピラミッド、ギリシャでアポロ神殿を建造している。

ようやく稲作が主流になる弥生時代には、イタリアではコロシアムやパンテオン、中国は秦が統一を果たし万里の長城を建造していた。

そして中国では漢の後に起こった三国志だが、日本の戦国時代はその1000年以上も経ってからの事。

少なくともこのような出来事や情報は当時も何かしら入っていたはず。

では、なぜ構築と破壊が繰り返されるのか。

それは先に申した子供の積み木遊びである。

時代は繰り返すと言われるが、歴史は繰り返さない。

本来、愚行は繰り返してはならないのである。

これは歴史的偉業だけの話ではない。

どんな小さな些細なことでも同じである。

誰も知らない出来事や日々の生活もだ。

人ひとり、誰もが持つ人生にこそ必要で大切な事である。

人生、上手くいかないのは自分の経験で計るからであり、地球上の歴史を学ぼうとしていないからである。

時代を知るのではなく、歴史を知れば見えてくる。

歴史を知れば、必然的に時代も知る事ができる。

ではその手法とはいかに。

歴史は天のみぞ知り、そして創り上げる。

この天の力を借りる事ができれば、他人に見えない事が自分だけに見えてくる。

では天が力を貸す人物とは。

天に嘘偽りは通じず、嘘偽りのない心を持つ事で幸福の女神はその清い心の中に宿る。

この地球上の自然の道理を取り入れた思想。

自然界を陰(月)と陽(日)に分け隔て、木は火を、そして土、そして金、そして水という相生の永遠の循環。

その陰陽五行思想を学ぶ事にある。

邪気を払い運気を上げる陰陽五行思想を取り入れれば、想像想定し感じ気付く事ができる。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

この思想で一歩先の不動産市場を見ては如何でしょうか。

■マンション管理士事務所ループデザイン■

マンションに関するご相談はループデザインにお任せください。

メール相談は無料です。

【メールアドレス】
open.closet@gmail.com

■マンションコンサルティングオフィス ループデザイン (大阪:マンション管理士事務所)
http://loopdesign.web.fc2.com/

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事