ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全654ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
■目指せ!建築士【建築施工】仮設工事
仮設などの安全施設に関する事項。
【ZE−213−5】
●解説
(5)安全点検の実施
・足場、架設通路、作業構台は安全点検を行う。
・作業開始前に、手摺等の取外しや脱落の有無を点検する。
・悪天候などの後に実施する点検内容などを記録し保存する。

■マンションコンサルティングオフィス ル−プデザイン (大阪:マンション管理士事務所)
http://loopdesign.web.fc2.com/
イメージ 2


開くトラックバック(0)

イメージ 1

■目指せ!建築士【建築計画】気候と建築
環境問題に関する事項。
【ZE−213−75】
●解説
オゾン層破壊は、フロンガス排出が一因。

■マンションコンサルティングオフィス ル−プデザイン (大阪:マンション管理士事務所)
http://loopdesign.web.fc2.com/
イメージ 2


開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


■風水である都市の運気を調べてみたら、とんでもない事が判明した!?

家を買う時に断トツに人気がある家屋方位は南向きです。

次に東向きで、この理由としては日当たりがあります。

東から昇り、西に沈む太陽の向きや高さにより、その家の部屋内に明るさや暖かさが変わってくるからです。

ただ、この方位は自然の摂理だけではありません。

目や肌で感じない方位もあります。

それを家相と言います。

わりかし女性はこの手を信じる人が多いですが、男性は眉唾と捉えている人が多いです。

長年、家に携わる仕事をしていると、この家相、あながち単なる占いの域では説明付かない事があります。

同じ地域、隣同士の家なのに、全く運気が違う家屋があります。

幸福な家屋、不幸な家屋。

どこに違いがあるのか。

その住む人柄もあるでしょう。

ただ、それをも持っても説明付かない事があります。

人間が持つ五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)だけでなく、第六感と言われる感覚に伝えてくる域です。

一般的に家相は風水や陰陽五行説を用いて調査します。

本格的な易者は道具を使い調査しますが、第六感が効く人はその家に行っただけで何となく感じ取る事ができます。

これらは家屋に限らず都市造りにも活用されています。

古くは平安時代の京都や江戸時代の東京などの都市計画にも活用されています。

東西南北や干支(子丑寅卯辰巳午未申酉戍亥)、月日(陰陽)火土金水木(五行)や四神(玄武、青龍、朱雀、白虎)を取入れた風水や陰陽五行説、現在のある都市に落とし込んでみるととんでもない事が判明しました。

その都市には気道を遮るように巨大な壁が建ち、運気を上げる幸運気は巨大壁が立ちはだかり入れず、さらに都市内の悪運気は巨大壁が流れを止めて滞る。

都市内にはゴミ溜まりのように邪気が溜まり、そのマグマがいずれ破裂し災いが降りかかる。

無秩序無知識の建造物は、神をも恐れぬ破壊行為と同様。

それとも十分に承知の上での行いなのか。

神の御加護など必要ない。

今さえうまく生き残ればそれでいい。

そのツケは子孫に先送り。

相続は何も不動産や現金などの資産だけではない。

自分達が犯した悪行による天罰も相続される。

己の祟・呪・罰は、子、孫、ひ孫、そして子孫へまとめて相続。

災いの相続である。

先の世界大戦で犯した大罪を、戦争を知らない政治家などが責任を取らされているように。

ちょっと調べてみたらこの都市、こんなん出てはぁりますわぁ。

家と土地は南と東をより大切にしはぁって、風通しをよぉし気道を遮らはったらあかんぇ〜。

日本の各都市はぁんは、応仁の乱(1467年〜)を反省した京都を見習ってしとぉくれやぁす。

ちなみに鳥羽伏見の戦い(1868年〜)は京都の責任やおまへぇんでぇ!

《八卦》
・乾(けん) 天 陽陽陽 戍亥 北西 友好・成就
・巽(そん) 風 陰陽陽 辰巳 東南 臓器・発展
・坎(かん) 水 陰陽陰 子  北  病気・迷悩
・艮(ごん) 山 陽陰陰 丑寅 北東 家財・止変
・坤(こん) 地 陰陰陰 未申 西南 仕事・貯蓄
・震(しん) 雷 陰陰陽 卯  東  男性・成長
・離(り)  火 陽陰陽 午  南  女性・燃焼
・兌(だ)  澤 陽陽陰 酉  西  歓喜・成熟

《五行相互作用》
・相生(そうじょう):木から火が起り ⇒ 火が燃え土に帰り ⇒ 土から金が生まれ ⇒ 金が冷えて水になり ⇒ 水が木を育む
・相剋(そうこく):木は土から栄養を得る ⇒ 土は水を堰き止める ⇒ 水は火を消す ⇒ 火は金を溶かす ⇒ 金を加工し木を切る

《五常》
全てを持って徳となす。
木 ⇒ 仁:心情
火 ⇒ 礼:礼節
土 ⇒ 信:信頼
金 ⇒ 義:義理
水 ⇒ 智:知識

《現生と後世の心得》
●立体視点
現生の地(陰)だけでなく天(陽)を敬う人生の心得。
宇宙や天空などから見れば人間は自然の一部であり、己さえよければの傲慢な思考を抑制し共存する思想を持つこと。
また、今の弱さは後の強さに変わる。

●平面視点
現生の地(陰)は生活の心得で、国政や経済は地(陰)をもって判断し決定されそれに基づいて日頃の生活を営んでいるが、うまく行く事、うまく行かない事は今ある全てが天(陽)によって成り立つ事を忘れてはならない。
ただ、その中でも奢り溺れ己さえよければという醜い人種も多く、国境や地域によって地の紛争が繰り広げられる。
今の強さは後の弱さになる事を歴史が証明している。
いつしか人間は自然と共存することを忘れてしまっている。
世を見渡しても常識人が少なくなり、非常識な行動が繰り返される事が目につく。
人は長生きすることに執着することよりも、人生の役目を終えた時に成仏できるかどうかを心得て人生を歩む必要がある。

●立体視点と平面視点の違いでその人生は変わる
地(陰)だけの視点で判断し決断していれば当然に天(陽)を見ずに人生が終わり成仏はできない。
地(陰)、そして天(陽)を敬い判断し決断があれば煩悩や未練が弱まり人生を悟り成仏する事ができる。
現生で病気や貧困などの苦行を遂げた社会的弱者の方は煩悩や未練が薄まり黄泉の国に成仏される。
障りはこの世で恵まれた生活を与えられた人は、現生への執着心が大きく天に成仏できず、再びこの地に戻される。
しかも、現生の行いによっては再び同じ人間とは限らず、前世の行いによっては最もなりたくない生命体で生まれ変わる可能性がある。
はたまた、生物に生まれ変わることすら出来ず、魂だけが浮遊することもある。
御先祖のお墓参りやお正月の初詣くらいでは成仏の足しにはならず、日頃から徳をもって人生を歩んでいるかが問われます。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


開くトラックバック(0)

イメージ 1

■目指せ!建築士【建築計画】気候と建築
環境問題に関する事項。
【ZE−213−74】
●解説
ヒートアイランド現象は、コンクリート建築物やアスファルト道路の増加が一因。

■マンションコンサルティングオフィス ル−プデザイン (大阪:マンション管理士事務所)
http://loopdesign.web.fc2.com/
イメージ 2


開くトラックバック(0)

イメージ 1

■目指せ!建築士【建築施工】仮設工事
仮設などの安全施設に関する事項。
【ZE−213−4】
●解説
(4)安全通路
・通行を支障なく照明を設置する。
・用途により必要な幅を有する。
・通路面では、つまずき、滑り、踏抜きなどの危険がないようにする。
・通路面より高さ1.8m以内には障害物を置かない。
・安全通路として誰にでも分かるように表示する。

■マンションコンサルティングオフィス ル−プデザイン (大阪:マンション管理士事務所)
http://loopdesign.web.fc2.com/
イメージ 2


開くトラックバック(0)

全654ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事