ストリンガー

ボードの真ん中に入っている木でできた補強材のことです。

センターに1本のものが主流で、他にも3本以上のものもあります。
ストリンガーの数が多いほど、また、ストリンガーが太くなるほど、
ボードは重くなります。

材料はバスウッド(シナノキ)が良く利用されています。
バスウッドの特徴は、木目の色が薄く美しく、木材の比重対して非常に強度がたかいことです。

他に、レッドウッドが使われます。
名前の通り、赤っぽい色をしており、強度はバスウッドより少し弱くなります。
ただ、最近は乱伐の影響で、見た目にもそれ程変わらないシィダ−ストリンガー(スギ)
が使われるようになりました。

単なる補強材ですが、ボードの見た目やデザインに影響するものなので
こだわる人も結構いるようです。

この記事に

開く コメント(13)

ポリタンク

サーフポイントに必ずシャワーがあるとは限りません。
体を流したり、ウェットを洗ったり、ボードの塩を流したり・・・。
海から上がった後は結構な量の水を使うので、常備しておいた方が良いでしょう。

20リットルもあれば大丈夫だと思います。
冬はお湯を持って行くことになるので、保温バックが付いているものが良いと思います。

10リットルを2個、という選択がベストかも知れません。
1個は体を流す&温める用にお湯、もう1個はボードとかウエット用に水、
なんて使い方ができます。

最近は車のシガーソケットを使う電動シャワーなども販売されているので、
こういったものを使うのであれば広口のポリタンクが必要です。

そうそう、電動シャワーを使う場合は気を付けて下さいね。
エンジンかけないとバッテリーの寿命が縮みます。
最悪の場合、エンジンがかからずJAFを呼んでバッテリー交換、
なんてことにもなりかねません。(経験談)

この記事に

開く コメント(0)

ウェットスーツ

英語:wetsuit
意味:ゴム製の防寒着。
   最近は素材も良くなって、冬でも快適にサーフィンできるようになりました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事