月夜の出来事

音楽が大好きな色鉛筆画家の日々の泡

BEATLES ESSAY

すべて表示

ポールに逢えた。         (BEATLES ESSAY)

今回の来日では27日に東京ドーム前の後楽園口の近くで,ポールのドーム入りを待つ事にしたのですが,そこにはすでに多くの人が待っていて,歩道橋の上にもかなりの人達が待っていました。この場所はこれまでにも何回かまっているので,恐らくここをポールが通るのは3時から4時の間という事はもう解っているのです。まじめなポールはほとんど3時45分に通過するのです。僕はここで1時間ほど待ってポールを見る事ができました。と言っても本の一瞬なのですが,ポールがやってくると,まるで後光が射した様に身が清められる様な気がするのです。そしてポールを待っている間にもポールのファン達がとてもみんなやさしいのに気がつきます。ポール本人がやさしいのでファンもやさしくなってしまうのですね。ポールがやってくると結構低い声でポールと叫ぶ声が聞こえます。みんないい爺さんなのです。ルックすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

It's time /M...

2017/7/21(金) 午前 2:09

マックス・ローチはジャズ史上において燦然と輝く名ドラマーの一人です。彼のドラムスはモダン・ジャズ・ドラミングのケニー・クラークの奏法を発展させたもので、バド・パウエルとの傑作ウン・ポコ・ロコでのドラミングとカウベルのリズムの凄さには参ってしまいました。そしてチャーリー・パーカーとの名演の数々、天才トランぺッター、クリフォード・ブラウンとの名演や、そうそう、ソ ...すべて表示すべて表示

Don Cherry /Mu fi...

2017/7/14(金) 午前 4:22

Don CherryはNewYork Contemporary Fiveやオーネット・コールマン、ジョン・コルトレーンなどの競演盤で昔から随分聴いてきて彼の共演者達とのインプロヴィゼーションの凄さは凄いものがありました。しかしその彼の存在というものはコルトレーンやオーネットコールマンとも違う軽さがあったのです。軽さと言うと薄っぺらいものの様に誤解されてしまい ...すべて表示すべて表示

Thelonious Monk w...

2017/7/7(金) 午前 4:00

僕はやはり、特別にモンクが好きだと思います。高校時代に買ったレコードにはPlays Ellingtonがありますし、マイルスやミルト・ジャクソン、ソニー・ロリンズとの競演盤などはよく聴いたものです。その中でももっとも好きなのはロリンズとの競演盤でそのなかの”More than you know"などは特に好きです。しかしそれは僕が大学時代に手に入れたプレステ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事