月夜の出来事

音楽が大好きな色鉛筆画家の日々の泡

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

昨日、中学校時代からの友達がビートルズの海賊版を沢山抱えて,やって来た。彼は通販でよくビートルズの海賊盤を買っているのです。いい友達は持つものです。彼が今回持って来たアルバムの中にはあのサージェント・ペッパーの別テイクが沢山入っていました。まぁ,たいした事も無い様なものもありますが,なかなかいいものです.そしてこのアルバムのいいところは,ジャケットデザインに凝っていると言うところです.なかなかいいです.それに裏面には、EMITEXのマークさえ入っているのです。
 そして,このアルバムにはサージェントのオリジナルのモノ・ヴァージョンが入っているのですが,これが音がいいのって、なんで,海賊盤の方が,本物より音がいいのでしょうか?偽物のヴィトンの方が本物より出来がいいみたいで,変です。EMIはなんとかしなければいけません。いい加減,音が悪すぎます。とは言っても,あの赤いナンバーワンの音でも,困るのですが・・・・。
 僕はこう見えても,結構音にうるさいのです.ビートルズが世界で初めてのテレビでの宇宙中継で演奏した時,其の時の音は僕の頭に焼き付いてしまいました。後で.“ALL YOU NEED IS LOVE"が発売されたとき,其のシングル盤の音はあの時の音ではないと思ったのもです。明らかに違いました.また,サージェント・ペッペーが発売されたときに流れた音は,モノーラル盤の音だったと言う事は後で解りました。モノーラルのサージェント・ペッパーを買った時に,初めて聴いたときの音だと思ったのです。でも,EMIはモノとステレオ盤を用意してくれていて,とても良かったと思います。音質で言うと、モノ盤は味があります。当時はモノは完成している状態だったのに,ステレオ盤の方は過渡期だったからでしょうが,モノに比べると、薄っぺらい感じがしますし,パワーも落ちる様な気がします。EMIは出来る事なら,モノーラルを最高の装置で再生して,それを最高のデジタルで録音すれば,いい音でとれると思うのですが,何をやっているのでしょうね。プリーズ・プリーズ・ミーのモノーラル盤の音に比べたら、現行のCDの音はお茶の出がらしにお湯を注いだ様なものです。価値も意味もありません。あれがビートルズの音だと言われるとくやしいのです。何年か前にイギリス人のオーディオファンと話をする機会がありました。彼はビートルズのCDの音はイギリスの恥だとさえ言っていたのです。

DS inside (ESSAY CITROEN)

イメージ 1

世の中、世界中が今までに経験した事の無い様な不況に突入していっている。つい、この間まで,いったい誰が,こんな事態に陥るなんて予測したことだろう、まさか,あの,ついこの間まで,最高の利潤を誇っていた,トヨタまで,こんな風になるなんて・・・・・。
 しかも今年の東京モーター・ショーにはシトロエンはやってこないのです。そんな事は考えも着きませんでした。いったいこれから先、どうなっていくのでしょうね。
 そんな中、先日、シトロエン本社から先のジュネーブ・ショーの時にデビューした,シトロエンの新しいモデル、DS INSIDEの小冊子が届きました.ううむ。時代は変わったと思いました。シトロエンも随分と変わったものです。僕のこの車の第一印象は筋肉質と言う事です.フィジカルなんでしょうか、ボデイを見るとまるで,ジムに毎日通って鍛え上げた筋肉が着いている様です。其の名前,DS INSIDEって,中身がDSなのでしょうか,そんなはずはありませんがもし出来る事なら,DS OUTSIDEにしてもらって,外身があのDSで中身がC6だったら、さぞ、いいでしょうね。まぁ,それは夢ですが・・・・・。
 僕はシトロエンから,いろんなイメージを感じるのです.例えば,初期のシトロエン、シトロエンが車を作り出した頃の事です.そこからは,僕はイメージを思い浮かべる事が出来ません.なぜなら,シトロエンはフォードをお手本にしていたからです.シトロエンがシトロエンになったのはあの偉大なる車,TRACTION AVANTからです。其の車に僕は哲学と政治を感じました.DS,其の車には,芸術とテクノロジーです。文学や絵画、デザインも詰まっていました。2CVはやはり哲学と生き方、CXは優雅さ、エレガント、洗練さ,ここで,ちょっと,シトロエンは女性的になりました。そして,XMは効率と経済でしょうか,ちっとも効率はよくありませんでしたが・・・・・・。クサラがでた時は,時代はスポーツの時代なのかなぁと思ったものです。Cシリーズになると,グローヴァルというところでしょうか、悪くはありませんが,シトロエン度が薄くなりました。そして,このDS INSIDE,筋肉質で,体が一番大事と言う事でしょうか?健康がキーワードかもしれません。それとも,戦いに始まりなのでしょうか、こんな車に乗るには,スポーツ用のサングラスなんかかけちゃって,ナイキやアデダスに身を包まねばなりません。少なくとも,僕は似合わないだろうなぁ・・・・。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事