犬が二毛のひとびと

白地に薄茶のぷう♀と白地にレバーのりん♂のどちらも二毛。彼らを中心にした日記です。

いよいよ来たかと身構えた

昨日の朝、お弁当を渡そうとしたときに、下から突き上げて、大きな揺れが来た。
始まりにちょっとだけ「あれ?」って思ったけど、ほとんど予兆なし。
規模こそ違うけれど、パターンは20数年前のあの時と同じ直下型。
なので地震速報は間に合わず。

なので、「おそらく津波は来んと思うよ。」という父さんの言葉を聞きながら、そうかもしれないけれど、3連動があるやもしれない。
そうなると、津波の浸水域にすっぽ入る我が家は油断はできない。
とにかく玄関のかぎを解除しに行き(あの時、閉じ込められた苦い経験)、リードを持ってきて2毛たちをケージから出し、即、室内でリードをつけた。

家族が留守中に
相変わらず元気で陽気でわちゃわちゃしているのに、耳が殆ど聞こえなくなった(指示が聞こえない)りんと、見えにくくなり、足も弱って少し動きにくくなったぷうとを、足に軽い障がいがある私が連れて逃げるにはどうしたら良いか考えたとき、とにかく室内であろうがどこであろうが、さっさとリードでまとめてしまうことが先決で、それからいろいろやったら良いと思っていたんだけど。

チーム老々。
シミュレーションどおりにできました。





.


みんなの更新記事