ここから本文です
北海道バス図鑑〜Byのんpapa
Twitterで毎日深夜1・2時配信中の「北海道バス図鑑」に解説を追加して配信しています!(2017年5月より隔日朝5時に配信)
【北海道バス図鑑】
★札幌200か4808(537-7918)
ジェイ・アール北海道バス厚別営業所のブルーリボン・ノンステップ
2017年10月に導入されたマイナーチェンジ後の290系第二次グループで、同所には53型4台が配属された
https://t.co/mcbhw06bpv

イメージ 1


【北海道バス図鑑】
★札幌200か3809(647-4952)
ジェイ・アール北海道バス札幌営業所のセレガ・ハイデッカー
2014年に導入されたノーマル仕様の高速車で、前年度に続く増備車として小樽営業所に配属され高速おたる号と宮65系統で運用された
なお2017年12月に高速おたる号減便で小樽営業所担当が1台分減った事に伴い、同所に転属となって引き続き高速おたる号で運用されている
https://t.co/AZN5BrjdRf

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

【北海道バス図鑑】
★札幌200か4841
北海道中央バス 札幌東営業所のブルーリボン・ノンステップ
2017年11月に導入された290系の第三次導入グループ
同所に配置された同系はこれまでブルーリボンみで、この年度は3台が配属されている
https://t.co/mAlFxCGIJT

イメージ 1


【北海道バス図鑑】
★札幌200か2958
北海道中央バス西岡営業所のブルーリボン・ワンステップ
首都圏の事業者が1998年に導入した車で2011年に同社に移籍した
なおブルーリボンでありながらリアのナンバーが中央部分に取り付けられているのが特徴である
https://t.co/f51w5eU1we

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

【北海道バス図鑑】
★札幌230い9339
エムズメッセ本社のガーラ・ハイデッカー
2015年か16年に導入された車で、これまで保有していた"あ9339"の代替で導入されている
なお金のアクセントが特徴で、ガーラにも関わらずJピラーは固定となっている第一窓のアクセント部分まで施されおり、セレガのオーナメントライト部分も金色に装飾され、またガーニッシュもメッキとなっているため高級感が出ている
https://t.co/VFBtjvqYm2

イメージ 1


【北海道バス図鑑】
★札幌230い4
エムズメッセ本社のガーラ・ハイデッカー
2015年か16年に導入された車で、外国の旅行会社の契約車となっている
なおセレガに似せたメッキのガーニッシュやオーナメントライト風のアクセント、そしてJピラーもメッキ風で第一窓のアクセント部分に施されている
またリアのガーニッシュもメッキとなっている
https://t.co/DBGMyusvl8

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

【北海道バス図鑑】
★札幌200か3485
夕鉄バス(夕張鉄道)野幌営業所のブルーリボン・ワンステップ
1998年に首都圏の事業者が導入した車で、リアのナンバー取り付け位置が中央部分にあるのが外観上特徴である
なお2013年の移籍時より行先表示はLEDが搭載されている
https://t.co/go9zqzv0pa

イメージ 1


【北海道バス図鑑】
★札幌200か2463
夕鉄バス(夕張鉄道)野幌営業所のセレガ・GJ
1993年に関西の事業者が導入した車で、スーパーハイデッカータイプについては同社の生え抜き車がGDであったため、移籍車によってGJ導入が図られた形となるが当車は移籍2台目となる
https://t.co/czPdPKFFzA

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

【北海道バス図鑑】
★室蘭200か957(145)
道南バス若山営業所のUD+96MC(スペースランナーJP)・ノンステップ
2002年に首都圏の事業者が導入した中型ロング車で、2015年に同社へ移籍を果たした
https://t.co/btaNLmSlqj

イメージ 1


【北海道バス図鑑】
★室蘭200か364(863)
道南バス苫小牧営業所のいすゞ+7E・ツーステップ
1992年に首都圏の公営事業者が導入した短尺車であるが、当時の石原東京都知事が公営事業者の車両について中古売買を以降取り止める事を決めたため、苫小牧市営バスに移籍したのはこの92年式グループのみである
https://t.co/IQRxH039V8

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事