フィットネス

ようこそ!私のブログへ

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

ゲーセン

このあいだとあるゲーセン併用のバッティングセンターに行ったのですが

そこに「あなたの力は?」なんて機械がありました。

見ると、握力と背筋力を計ることができるみたいで面白半分にやってみました。


結果は握力82キロ!背筋力なんと368キロでした!!


なんともふざけた機械ですね。かなり高めに設定されています。


まあ、話のネタにするにはいいんですかね。このブログみたいに。

開く トラックバック(2)

怪物クン

みなさんの周りいはいわゆる怪物といわれるような人がこれまでいましたか?


怪物というと語弊がありますが、いわゆる常識外れた体力の持ち主ということです。

自分のまわりには2人いました。(過去形なのは2人とも今は40代と50代のため以前ほどの

体力がないということ、これは2人とも30歳くらいの時の話です)

まず、一人は握力が100キロありました。握力100キロあるといろんな芸当ができるんですね。

自分が見たのは柱に打ち込んだ五寸釘を親指と人差し指だけで抜くというものです。

もちろんリンゴなんかは木っ端みじんに握りつぶします。

もう一人は体重が70キロなのに片手で60キロのダンベルを頭上まで持ち上げることができました。

自分も50キロくらいの時、その人に襟首を掴んでもらい片手で頭上まで持ち上げてもらったことが

あります。

もちろん、普通の人がいくら鍛えてもこうは決してなりません。

究極の遺伝的要素というものですね。

ストレッチも大切

筋トレをする前にはストレッチで十分体をほぐしましょう。

自分はこれで過去に失敗しています。ろくに体をほぐしもしないで

いきなり60キロのバーベルでカールをはじめました。3,4レップほどしたとき

左の肩甲骨内側のあたりに激痛が走ったのです!!2,3日寝返りもうてない程でした。

その怪我が年末のことだったので、とんだ年末年始になりました。

せっかくの休み無駄にしないよう気をつけたいですね。

パワーアップ

よく言われますがパワーと筋力は別物ですね。

パワー(重さxスピード)には体重が大きく関係してきます。

でも、スピードも関係しますのでただ重ければ強いというわけでもありません。

ではパワーアップするにはどうしたらいいでしょうか。

そのためには体幹部(尻まわり、腹筋背筋、肩の関節周り)の筋肉を鍛える必要があります。

それによってスピードを増すことができるわけです。

その力を先端部(腕の先、足の先)にうまく伝えればよいのです。

同じ太さの棒と先が細くなった棒を同じ力で突くと細くなった棒で突かれたほうがダメージが大きく

なります。つまり、手首足首はそれほど太くしないほうがパワーが伝わりやすいということです。

イチローやブルース・リーのような体が一番理想ということになりますね。

知恵袋でよく見受けられる質問にどうしたらパンチ力を強くできるかというものがありますが、

体幹部をよく鍛えてみてください。驚くほどの効果を期待できますよ。

体動かしてますか?

昨日は友人たち30人ほどで、市の体育館を借り切り久しぶりにバレーボールやバトミントンを

楽しみました。

スポーツで汗を流すと気持ちがいいですね。体が軽くなる気がします。

わたしも今はジムには通ってはいません。生活のパターンが変わり忙しかったりするためなのですが

それでも筋トレは続けています。腕立てなどの自重トレーニングや昔通販で購入した40キロセットの

ダンベル、チューブトレーニング、あと10キロの重りを使ってジャンピングスクワット50x3

セットほど行っています。

マイブームなのが腹筋ローラ。

それを10回行います。これが全身の筋肉に効いていいんですよね。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事