ここから本文です
BYJ家族のささやかな幸せ
いつも覗いてくださって有難うございます♪

北斎とジャポニスム展

イメージ 3

一昨日は国立西洋美術館にて開催されている『北斎とジャポニスム展』に行って来ました。

北斎といえば思い浮かべる作品は「富嶽三十六景」。実際は10枚追加されてますね。
2019年からの新パスポートの査証欄のデザインとして起用されると以前ニュースになっていましたが、北斎は今もなお日本の象徴なんですね(^-^)
今は何がデザインされてたか忘れていましたが桜でした

昔から日本美術が欧米の芸術家を魅了していたと思うと日本人として誇らしいですが 実際 西洋美術にどんな影響を与えたかと聞かれて上手く説明出来る人は少ないかと
今回のように多くの影響を受けたとされるモネやドガなどの印象派の作品と北斎の作品を並べて比較展示してあると理解しやすいですね。

イメージ 1

モチーフから同じような構図 確かに納得出来る作品もあれば・・・
えっこれはどうなんだろうと?マークの付くものもありました(^^;

これ力士の後ろ姿とドガの踊り子たちの後ろ姿 確かに同じポーズにも見えます(@_@)

イメージ 5

でも似ていると言われると似ているけどバレリーナは良くこんなポーズするよね?なんて突っ込みながら鑑賞した人も多いはずです(笑)

今回は絵手本として発行したスケッチ画集である『北斎漫画』をじっくり見ることが出来ましたが、躍動感あって緻密で今にも動き出しそう。こぞって芸術家が手本とした訳ですね。

日本画に疎い私は北斎ってこんなに凄い画家だったのかと彼の魅力に気づかせてくれました。
もちろん大好きなモネの作品 初見の個人所有の『菊畑』もあり『冨嶽三十六景』の影響を受けた版画家アンリ・リヴィエールが描いた『エッフェル塔三十六景』のリトグラフも北斎の朝顔をイメージしたエミール・ガレのランプやドーム兄弟の花器等もどれも素敵でしたよ〜

何より盛り沢山の作品に大満足の展示会でした(*^^*)

上野の森は今"芸術の秋"真っ只中😄
『怖い絵展』はマスコミに取り上げられることが多いせいか昼間は二時間待ち
こちらは館内はかなり混んでましたが、並ぶことなく入れました。
常設展まで閲覧して三時間以上も館内にいたようです。

帰りに過門香 上野バンブーガーデン店の小籠包もお勧めですよ〜(笑)

イメージ 2


ドガといえば沢山の踊り子を描いてますが、メトロポリタン所蔵の踊り子といえば誰かを思い浮かべる私です

イメージ 4



公式HPです。
http://hokusai-japonisme.jp/

この記事に

日韓関係をめぐる発言

古市憲寿氏、自身の発言で「とくダネ!」に続き「ワイドナ」も騒然…松ちゃん「灯油かぶってライター持ってるで」
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000086-sph-ent

悪化している日韓関係が、さらに冷え込むことが懸念される事態だが、コメンテーターとして出演した社会学者の古市憲寿氏(32)は「日韓関係、あんまり心配してなくて(いい)」と示した上で、「ある一時期、ただの茶髪で眼鏡かけたペ・ヨンジュン、あのおじさん一人で。あの時期はまだ、若かったですけど」と、日本の女性が「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンに夢中になり韓流ブームに火が付いた現象を引き合いに出しながらコメンした。するとスタジオは騒然。女優の佐藤仁美(38)が「言い方がすごい、この人…」と絶句すれば、松本人志(54)は過去の発言でネットを炎上させている古市氏に「また灯油かぶってライター持ってるで」と炎上を予告していた。

こうした反応に苦笑いした古市氏だったが、自身の見解は続け「ガラっと韓国のイメージが変わるわけですよ。あの人一人で。同じようなことまた起きるでしょうから。そんなに心配していない」と持論を展開していた。


ヨンジュンをただの茶髪で眼鏡をかけたおじさんって・・
はいはい!世の中 色々な人がいるわけで個人がどう思うかは勝手です。
特ダネでもこの人の発言は配慮のないものばかりで・・
失礼ながら言葉の端々から彼の歪んだ性格が分かってしまう(^^;

本題はヨンジュンのことでなく日韓関係のことですが、昔のように簡単に仲良くなれるってものではありません。

彼の努力を簡単にぶち壊した韓国政府に開いた口が塞がらない。
韓国に対するイメージは簡単に戻りません。
韓流ブーム以前は韓国に関心がなかった人も多かったと思います。ブームで韓国に関心を示した人も今では韓国が好き!と言う人は少なく、嫌韓は思った以上に進んでいると思います。

平昌オリンピックのチケットも売れず日本頼みらしい・・
あれだけ反日の態度を示しておきながら自国が困った時だけ日本にお願いするって日本人からしたら理解不能なんですけどね・・

この記事に

イメージ 3

キム・ソンウンがペ・ヨンジュン−パク・スジンの第1子である息子の外見を絶賛した。

今日(9日)夜に初放送されるFashionN『ママランド』で親友であるキム・ソンウンとパク・スジンは子どもの話を交わす。

放送前に先行公開された映像には、育児に疲れた身体と心をヒーリングするために絵を描くキム・ソンウンとパク・スジンの姿が盛りこまれて目を引く。パク・スジンは第2子妊娠後初めて放送に姿を現すということでさらに熱い関心を得ている。

サッカー選手である夫と離れて暮らすキム・ソンウンは、「夫のいない子育てが慣れている」と打ち明け、これを聞いた知人たちは「ソンウンはたくましいと思う」と言った。パク・スジンも「(姉さん)はたくましいという表現が適格なようだ」と相槌を打った。

キム・ソンウンはこれに「兄さん(ペ・ヨンジュン)もたくさん助けてくれないか。ボクドンイ(ペ・ヨンジュン - パク・スジンの息子)が兄さんだけを好きだ」と言い、パク・スジンは「ママよりパパのほうが好きだ」とクールに認めた。

キム・ソンウンは続いて「ボクドンイはあんたに似ている。あんたと全く同じだ。見ていればあんたと話するようだ」とし、パク・スジンは「私は父に似ているようだ」と恥ずかしそうに笑った。

キム・ソンウンは「ボクドンイはとてもハンサムだ。2歳になるからさらに目鼻立ちがはっきりしてきたようだ。テハがボクドンイが新生児の時の写真を見て外国人かと言っていた。目鼻が本当に大きい」と絶賛し、パク・スジンは満足げな微笑を浮かべた。
毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 / 写真=FashionN | 入力 2017-11-09 15:44:32.0
Copyright mk.co.kr, All rights reserved

http://mottokorea.com/mottoKoreaW/mFunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=64909

この時期に子供がパパだけを好きって(@_@)いつもお世話しているのがヨンジュンだったりして・・
いやいやヨンジュンが優しいんだろうね。
スジンちゃんに似ているのは性格ってことかしら。
パパのようなママって自分でも書いてませんでした?

目鼻立ちがはっきりして外人のようなお顔とはさすがヨンジュンの子だわね〜
鼻が高いから本当にサングラスの似合うもの

会いたいな・・
公式来日 もうないかしら・・

イメージ 1


(追記)
今日のスジンちゃん 契約しているジュエリーブランドのフォト行事に参加したようです。

イメージ 2

全体的にふっくらしてきましたね。
でも、これで人並みの体重になっただけかと思います。

この記事に

近況公開

“第二子妊娠”パク・スジン、新バラエティ「MAMALAND」で近況を公開…キム・ソンウンとの特別な友情に注目(動画あり)
MYDAILY |2017年11月08日13時14分

イメージ 1

写真=FashionN
タレントのキム・ソンウンがパク・スジンとの義理堅さをアピールした。

明日(9日)韓国で初放送されるT-CAST系列の女性チャンネルFashionN「MAMALAND」では、キム・ソンウンが絵を通じて育児に疲れた心身を癒やす姿が描かれる。

この日の放送でキム・ソンウンは、親友パク・スジンと共にセルフカメラで放送を行い、皆を驚かせた。パク・スジンは第二子を妊娠した後、初めて「MAMALAND」を通じて近況を公開すると共に、キム・ソンウンとの特別な友情をアピールした。

二人は一緒に絵を描きながら近況トークを続けた。7歳の子供を育てているキム・ソンウンは、1歳の子供を育てているパク・スジンに育児の先輩としてアドバイスを惜しまなかった。

特にキム・ソンウンは「育児自体が幸せだ。第三子が欲しい」と伝えた。またサッカー選手のため遠くに行っている夫を恋しがる姿を見せ、周りの人々の心を痛めたという。

「MAMALAND」は最近の母親たちが夢見て、目指す“ワナビーママ”スターたちの日常を公開するリアリティバラエティだ。キム・ナヨン、キム・ソンウン、イ・ヒョニのトレンディな日常を確認することができる。

韓国で毎週木曜日の午後9時に放送される。
動画はこちらで
http://news.kstyle.com/m/article.ksn?articleNo=2081717

先月 この撮影のためにスタイリストさんが衣装を用意していたのですね。

イメージ 2


目指せ"ワラビーママ"!のリアルバラエティ面白そう。
女優さんといえどもあちらの方は私生活も隠しません〜
お互い旦那様自慢したかしらね。

ソンウンさんは旦那様がそばにいないのに二人目を出産して早々と復帰・・
今では0歳時から預ける人も多いものね。正直 昔の子育てとは違いすぎて話に付いていけない(^^;

彼女も子供が授かってから生まれるまでほとんどスタイルが変わらないままで(@_@)出産されたのは5月でしたっけ?
産褥院でしっかりお手入れしてもらっているとはいえ心の持ちようも違うのでしょうね。

それより誰かさんは今 どんな姿なのか気になる・・(追記 6日お寿司やさんでヨン様に遭遇された人がいたようです)
昨日 梨花さんが久しぶりに番組に出ると劣化としか書かれないって言ってました(^^;
今回は三日間お手入れして本番に臨んだそうです。
少しづつ顔出しておかないと・・

そういえばヨンジュンのあの絵は今 いづこ?
奥様の作品より高尚かと・・

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日は暦の上では冬の到来を告げる「立冬」でしたが、なんと20度超えの暖かさ(@_@)
先月は雨続きで寒かったからこんな暖かい冬の始まりは素直に嬉しいです(*^^*)
これからゆっくり晩秋を堪能したいものですね♪

ソウルの秋は・・

イメージ 1

イメージ 16

ティッシュボックスは桜ショップのかしら?
そしてお花も庭の花でしょうか。自然たっぷりのお庭 柿まで自家製。
羨ましい限りだけどお手入れも大変だろうなあ・・
この二枚から花より団子と言っているような気がします(笑)

でも美味しそうというには手袋が・・。
まあスジンちゃんらしいですかね(笑)
拘らないこの性格が彼には必要なのかも・・

こちらは銀座の秋・・

イメージ 2

イメージ 3

銀座FANCL恒例のローズガーデンを見てきました。
気楽に銀座でバラを堪能出来るのは嬉しい限りです。

ちょうどヴァイオリン王子こと(笑)桜井雅彦さんによるアフタヌーンライブも聴くこともできました。
逆光でよく撮れてませんが雰囲気だけでも・・

イメージ 4

王子目当てで来ていらっしゃるかたも多そうです

イメージ 5

イメージ 12

イメージ 15

イメージ 7

清楚なバラ

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9


我が家の秋
いやいや早々とクリスマスのキャンドルアレンジです。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 13


そうそう昨日はついにタムトク登場でしたね!!
このシーンを初めて見た時の興奮は忘れません。主人も惚れたタムトクです

イメージ 14


録画してまで見る私(笑)今日も予約済み(*^^*)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事