いとしい地球よ ( The Lovely Earth )

Gogyohshi, 五行詩、五行詩文、五行連詩、俳句、エッセイ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2




         
                              五行詩とは何か                


   五行詩について私なりの定義をしたいと思います。簡単に言えば、五行詩の規則は五行で書
    いて、題名を付けるだけであり、それ以外に形式的な規則は一切ありません。詩の内容は作者
    自身が自分で自由に決めることですから、何の規則もありません。。また575などの音数の
    規則も一切ありません。だから五行詩(gogyohshi)は、英語のtanka(タンカ),gogyohka
  (ゴギョウカ),cinquain(シンケイン〉,limerich(リメリック)など世界中の五行詩歌の中
  で一番自由な形式です。

   題名については、題名がないとその詩が他の詩と区別できなくなるという実用的な理由で、
  できるだけ覚えやすい短い題名をつけて他の詩と区別することにしました。そのほうが作者も
  読者もその詩を覚えやすいでしょう。ただ、その題名をその詩の一行と誤解されないようにす
  るためには、できるだけ短い題名がいいでしょう。

   五行詩のジャンルとしては、ただ五行で書く五行詩、五行詩を続けて書く五行詩連、五行詩
  と散文を組み合わせる五行詩文、絵の余白に五行詩を書く五行詩画、そして五行詩と写真を組
  み合わせる五行詩写真があります。いろいろなジャンルの五行詩に取り組んでみてはいかがで
  しょうか。
             

               [   福島県 三春 滝桜   ]



                                What is Gogyoshi?
          
  
       Gogyoshi is a poem written in five lines. Writing a poem in five lines is
     its only rule. The content of gogyohshi is free, its themes are chosen by the
     poet. There are other five-line poetries in the world, for example,tanka,
     cinquain, and limerick. These poetries have certain rules such as number of
     syllables, line lengths, and rhyme. But Gogyoshi has no such rules.It is the 
     freest form of five-line poetry in the world.

       As for a title, I will always add a title to my Japanese and English gogyoshi
     because I can't distinguish one gogyoshi from the other,if I don't put a title 
     to my five lines poem.if I add it to my gogyoshi, I will be able to distinguish
     one from the others. I will write a short title in all capital letters so that
     many readers don't misunderstand the title as the first line of 6 lines poems.
     Gogyoshi is 5 lines poem with a short title.
               
      We have some genres of Gogyoshi such as Gogyoshi, Gogyoshiren, Gogyoshibun, 
     Gogyoshiga,and Gogyoshiphoto. Let's enjoy writing various kinds of Gogyoshi !

      Taro Aizu


         { This cherry blossoms is named "Takizakura" in Fukushima.   }


                                                

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

嬉しいこの桜と記事に☆ポチですよ!

2011/5/1(日) 午後 10:15 [ 清水太郎の部屋 ] 返信する

顔アイコン

声援、ありがとうございます。
桜の花も志も高く掲げます。

2011/5/2(月) 午前 0:08 [ Mont ] 返信する

顔アイコン

ああ、うれしいな。今日の五月五日の日に、五行詩のアクセス数がちょうど1万回を越えました。ブログ開設から約1年と8か月です。ゴ―、ゴー、ゴーと韻を踏んだので、とってもおめでたいです。みなさま、ありがとうございました。これからもどうか御ひいきのほど、よろしくお願いいたします。

2011/5/5(木) 午後 10:01 [ Mont ] 返信する

Montさま。
五行詩の事が良くわかりました^^
ありがとうございます。
私も、また訪問させていただきますね(^^♪
よろしくお願いいたします。m(__)m

五行ですね(笑) 失礼いたしました(^^ゞ

2011/6/13(月) 午後 8:50 天使のウィンク 返信する

顔アイコン

天使のウインクさま
さっそくの訪問、ありがとうございます。何でも五行詩で書くと楽しいですよ。どうぞ、ご自由に何でも書いてみてください。今日はやたらアクセス数が多いのでどうしたのかと思ったら、アメリカの英語版ウキペデイアに「gogyohshi」という私の言葉が掲載され、私がこのブログに書いた英文「Declaration of gogyohshi」が引用され、英米人が何人か見物に来たようですね。五行詩がgogyohshiになって、世界中に広がればいいですね。興味がある方は、どうぞ、英語版のウキペの記事を参考になさってください。http://en.wikipedia.org/wiki/Gogy%C5%8Dka
日本語のウキペには、すでに「五行詩」が掲載されています。

2011/6/13(月) 午後 10:31 [ Mont ] 返信する

顔アイコン

英語のウキペデイアに私の五行詩が2つも掲載されていた。アメリカ人のようだが、誰が書いたのかわからない。でも「gogyohka」の中に「gogyohshi」が2首も掲載されたなら、五行歌関係者はきっと怒るだろう。喜んでいいのか、悲しんでいいのか、よくわからない。一応、五行詩のためにはなるのかもしれないので、ここにそのコピーをありのまま残しておきます。

Gogyōshi (五行詩, "five line poetry"?) is a development of gogyōka, wherein the rule that line breaks are governed by breath is discarded.

Is my cat
really dead?
I caress
her throat
very softly

—Tarō Aizu


Sweetfish
jumps out
of the silent river
colored by the sunset
from the dark mountains.

—Tarō Aizu

2011/6/17(金) 午後 11:56 [ Mont ] 返信する

顔アイコン

Tanka、kyoka、gogyoshi、gogyohkaなど5行の詩歌を専門的に扱っているアメリカの詩歌雑誌、ATPOがgogyohkaという言葉をやめて、gogyoshiという言葉をこれから使うそうです。その理由はgogyohkaが商標登録されているので、その宣伝をするわけにはいかないので、gogyohkaは使わないそうです。当然のことですが、詩歌形式はみんなのものであり、普及すればするほどみんなのものになります。それを商標登録によって独占するのは、詩歌の普及に矛盾するものです。こんなに早く私の考えがアメリカで認められるとは夢にも思っていませんでした。その雑誌ATPOに、今年の秋ごろに私の英語五行詩が掲載される予定です。この雑誌はアメリカだけではなくて、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど世界中の英語圏に流通している国際的な詩歌雑誌です。なお、この半年間、五行歌から五行詩に発展してきた私の英語五行詩も、題名を全部の五行詩に付け、五行詩宣言もあとがきに付け、装いを新たに第3版としての英語五行詩集『THE LOVELY EARTH』を今月中に出版します。

2011/6/19(日) 午前 10:16 [ Mont ] 返信する

顔アイコン

人の心の底はそれぞれに違うもの。詩も歌も心の中であたためたものであれば、それぞれの息遣いがあるのが当然であり、そこにまたその作者の良さがあると思います。同感です。英語のほうも読ませていただきました。良き日でありますように。傑作

2011/6/19(日) 午前 11:55 瑠 返信する

顔アイコン

Ruriさん、はじめまして。
ていねいなコメント、ありがとうございます。初対面の方と詩歌についての考え方を共有できて、とてもうれしいです。またいつでも、遊びに来て下さい。

2011/6/19(日) 午後 9:59 [ Mont ] 返信する

顔アイコン

五行歌は四行も六行も認めています

そうなんですか??

2011/10/13(木) 午後 0:21 [ ヤナ・ヤヌー ] 返信する

顔アイコン

そうです。その証拠にウキペデイアの「五行歌」をご覧ください。創始者の草壁氏が書いた「五行歌五則」があって、△砲呂辰りと書いてありますよ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%A1%8C%E6%AD%8C

五行歌五則(2008年9月制定)[1]

仝濤垈里蓮∀族里噺殿絏陵悗亡陲い匿靴燭冒呂蕕譴真祁措阿涼算蹐任△襦
∈酩覆聾濤圓らなる。例外として四行、六行のものも稀に認める。
0豺圓楼豢腓魄嫐する。改行は言葉の区切り、または息の区切りで行う。
せ数に制約は設けないが、作品に詩歌らしい感じをもたせること。
テ睛討覆匹砲論約をもうけない。

,痢峺濤垈里蓮ΑΑΑγ算蹐任△襦」は、主語と述語が矛盾していると思いますね。五行「詩」ではなくて五行「歌」だと言っておきながら、「五行歌は・・・短詩である」と書かれてあるのですから。きっと「短歌」とは違うから、「短歌」とは書きたくなかったんでしょう。それならば、素直に「五行詩」と書いて、「五行詩は・・・短詩である。」とすれば、矛盾がなくてすっきりするでしょうね。

2011/10/13(木) 午後 10:44 [ Mont ] 返信する

顔アイコン

上の英文「What is Gogyohshi?」がアメリカの詩歌雑誌であるATPO10月号に、なんと全文が掲載されました。英文の題名は「 Declaration of Gogyohshi」です。けさ、そのメールがアメリカの編集長Keiさんから届きましたので、その部分だけここに掲載して報告しますね。五行詩、世界に着々と広がって行きますよ。

7 November 2011 – Perryville, Maryland, USA

This issue focuses on gogyoshi, and publishes the ‘Declaration of Gogyoshi’ by Taro Aizu, the foremost advocate of gogyoshi working in English, as well as examples of the genre by various practitioners.

2011/11/8(火) 午前 9:31 [ Mont ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事