SIBO(小腸内細菌増殖症)を疑ったら、低FODMAP食 (過敏性腸症候群も)

“FODMAP”は、
fermentable(発酵性の)、
oligosaccharides(オリゴ糖)、
disaccharides(2糖類)、
monosaccharides(単糖類)、
and polyols(ポリオール)の略で、
この頭文字を取って“FODMAP”。

お腹が張ったり、下痢や便秘の方、
とにかく腸の調子が今ひつ・・と感じておられる方にはお試しあれ。

このFODMAPはアプリにもなっているほど、アメリカやオーストラリアなどでは市民権を得た考え方であり、分類です。

未だに私たち日本の国では
食物繊維をやたらに褒め称えています。

私は以前から自分も含めて野菜の多い方はなぜか不健康・・?
理屈はどうあれ、現実がそうでした。

その当時に食物繊維はミネラルをキレーションするため、ミネラル不足になることは知ってました。
ですから玄米菜食の方はよほど気をつけないと貧血や亜鉛不足で、お肌も黄色味がかって乾燥してしまいます。
さらにどちらかというとナイーブで神経質。肉食系のおおらかさとは真逆です。

食物繊維と、消化管、腸内フローラ、大腸のみならず小胃腸への影響。

色々なことが明らかになってきました。

ただし、すべてのことが、個人差があります。
下記に記した表の分類が万人に当てはまるわけではありません。
自分の体と対話しながら、実践してくださるように。

その他の最新記事

すべて表示

職場の仲間の NGワード

2018/11/11(日) 午前 11:27

ホスピタリティに溢れ、それを公私で実践されている私が尊敬する女性内科医の経験談です。 一般的にホスピタリティといえば、カスタマーサービス。 いかに顧客の方々の気持ちに沿った感動的なサービスができるか・・。 ...すべて表示すべて表示

美肌は一日してならず

2018/11/7(水) 午後 0:16

再生治療のキャンペーンの期間に一年に一度お会いする方が何人かおられます。 5年以上続けていおられる方々は、とてもお綺麗。 今年はどの部分を中心にお手入れしましょうか? ご相談しながら決めていきます。 ...すべて表示すべて表示

23歳の脱ステロイド経験の、重症型アトピーの男性が、 一月で驚く回復を見せてくれました。 全身真っ赤で紅皮症状態、全身の激しい痒みと倦怠感。 こういった場合は、皮膚だけの問題ではありません。 自分自身の副腎が疲れ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事