全体表示

[ リスト ]

今回は栄養や病態のお話を少し離れて・・。
 
人は出会って3秒で相手を判断するそうです。
見た目と言っても、姿形だけでなく、表情・物腰や話し方も含まれます。
言語的や論理的は判断では無いだけに、覆すのは結構難しいと思います。
 
美容の世界(美容皮膚科)の近畿大学の山田先生が、美しさの三つの要素として、
造型美・表情美・姿勢美とおっしゃっていましたが、これは見た目の要素を的確に示していると思います。
 
造形美  最近は美容外科・美容皮膚科の進歩で様々な技術が応用され、実践されています。しわやたるみの改善・しみとり・等々です。
表情美  ダントツに笑顔が大切です。緊張感のない自然な笑顔は何にも勝る魅力であり、コミニュケーションツールになります。実は日本人は笑顔が苦手。にやにやした感じは得意ですが、美しく微笑む・口角を上げて楽しそうな笑顔は実は割に難しいのです。
かく言う私も口角を上げて笑うと、どこそこ筋肉の突っ張りのような違和感が同居してしまいます。
顔面のマッサージや指圧などで顔面の筋肉の緊張をほぐしたり、むくみを取る、等の努力が必要だと感じています。
姿勢美 これまた日本人は苦手ですね。立ち姿、歩き方など、ぎこちない方が目立ちます。美しい立ち姿は、胸の部分がゆるんで開き、肩の力は抜けています。頭部はそのボディーに最小限の力でバランス良く乗っています。ウオーキングはまたまた奥の深い部分です。内股でO脚やX脚で膝をまげ、腰を落として歩いている姿を見て、外国人は日本人だけの特異な歩き方だと指摘します。
私もウオーキングを                           勉強の途中です。
 
この見た目は3秒で最初は判断されてしまいますが、栄養を重視する皮膚科医の私の眼で言わせていただくと、見た目はとても変化するのです。
私は肌の状態、眼の力、姿勢・話し方を見ますが、特にその方の周囲の空間に注目します。美しい人はその空間がきれいです。まるでなにか素敵な香りや音楽を思わせるような軽やかで周囲を照らすような空間です。
その方の力が弱って、皮膚疾患を患って来院されたときはその空間は暗く閉ざした感じを受けます。
これは時々オーラ等と表現される物に相当しているかも知れません。
 
来院毎に美しくなる方は皮膚もきれいになっていきます。
もちろん栄養や食事に十分注意をしてもらっています。
 
ということは、人は全ての人が、本来はとても美しい存在、、に間違いないですね。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事