過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

飲む紫外線対策は MSM・ビタミンC・トラネキサム酸

そろそろ紫外線が降り注ぐ時期になりました。
まだ3月と思っていると、すぐに4月・ゴールデンウイークと紫外線が最も多い時期に突入です。

紫外線にはA.B.Cと三種類の波長があり、一般的に黒く(メラニン色素が増える)のはB波。
比較的波長が長くて深部にまで届くために真皮の大切な弾力線維を破壊してしまうのがA波です。
このA波は一日中、曇りの日でもそして結構一年中降り注いでいます。
ですから最近は一年中の紫外線対策が必要とされています。

私自身はいわゆる日焼け止めのクリームが結構苦手なので、よっぽど日差しの強いところ以外では使用しませんが、老化を進める紫外線はやはり気になります。
年齢とともにあまり悠長なことを言っておられません

最近は ”飲む日焼け止め” 製品が登場していますが、
私のお勧めは MSM・ビタミンC・トラネキサム酸 の内服。

MSMは体内の抗酸化機構のグルタチオンを増やしてくれます。
ビタミンCも強い抗酸化力を持っています。
トラネキサム酸は何と言ってもメラニンの合成を抑えてくれますので、美白効果が最強です。

本来のメラニン色素の役割は紫外線カット。
春から夏の強い紫外線から肌を守るために体の備わった天然日焼け止めです。
黒くなって、皮膚の老化を防いでくれるのです。
ですから、実はメラニン色素が増えるための黒さは悪いことではありません。

同じ黒さでも皮膚の老化(弾力繊維の変性)や血行の悪さやリンパの滞りよるくすみのような黒さは良い黒さではありません。残念な黒さです。
これは欧米人の年配の方々の肌色です。

でも我々日本人は美白好き。
トラネキサム酸でメラニン色素の合成を抑えたい。
でも紫外線の酸化ストレスから肌を守る必要がさらに高まりますから、
強力な抗酸化力をもつMSMとビタミンCを必ずお供に!

前回の記事の美白点滴も取り入れると尚安心です。

ちなみに夏野菜はソラレンという紫外線に当たるとメラニンを増強する物質が含まれています。
これも自然の紫外線から肌を守る仕組みです。

美白希望の方は自然の仕組みを上手に避けて、
抗酸化力を自分で勝ち得ましょう


この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事