ここから本文です
HP「誠斎伊東甲子太郎と御陵衛士」「なるほど!幕末」管理人ヒロの備忘録。背景は伊東甲子太郎「九州行道中記」和歌書付。

書庫最新記事

すべて表示

  • 元治2年1月30日〜2月12日までUPずみです。 老中阿部正外・本庄宗秀、上京にともなう京都のみなさんのあんなこんなが面白いです。そして、慶喜に酔っぱらわさせられて、本当の使命を早々に白状しちゃった本庄宗秀とか、容保に追及されて、本当はいやいや上京したと愚痴っちゃう阿部正外とか・・・今回の上京をしかけた(らしい)老中水野・諏訪・牧野あたりが、どこ ...すべて表示すべて表示

  • 元治1年1月29日の続き、老中本庄宗秀と阿部正外の率兵上京関連をUPしました。 松平春嶽が近衛前関白にあてた手紙と薩摩藩江戸留守居添役柴山良助の報告書です。 柴山良助の報告書によれば、率兵上京中の本庄宗秀・阿部正外は、このころ、「御不印(ふじるし)」と噂されていたようです。どうやら阿部は前回の上京で将軍上洛を断りきれなかったのが響いていて、本 ...すべて表示すべて表示

  • 慶喜、またまたふらふらする。

    2019/1/26(土) 午後 10:54

    元治2年1月29日、UPしました。 一橋慶喜、尾張の主張する有志諸侯召集の根回しにいったん賛意を示したはずなのですが、いざ尾張藩が朝廷に内願すると、会津藩・桑名藩に同調して「諸侯召不宣」の建言、しかし、その数日後の1月28日には慶勝に直談判されて「それしかないと思ってた」 (え?) とまたまた諸侯召集に賛同するなどふらふらしてました。そして、29日 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事