艦船ラジコン始末記

ラジコン旧海軍艦艇の顛末。1/16スケール3Dプリント「チハ」も始めたよ。

1/200海防艦「志賀」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

ボートダビット

イメージ 1

あー、全部表示としたら後部マストに電探が出ちゃった。w
ボートダビット付いたら艦中央の解放感がなくなった。
イメージ 2

大スケール3D系の良いところは、初回は作らねばならぬ部品のオンパレードだけど、艤装品の殆どが後発のモデルに使えるのだな。その分緻密に作らないとってなるんだが。
イメージ 3

4番3連装機銃座から方位測定所越しに艦橋を臨む。
画面の中央がアセチレンガス発生装置だがこれと同一形状かは自信がない。
古い溶接機のHPや文献から参考にしたので、雰囲気だけのザックリした形状だけ。
ボートダビットが甲板に覆いかぶさってきたので、歩行するところはやや制限される感じ。
後は錨甲板に突入?また戦車?

開く コメント(0)

イメージ 1

ウチには軍艦警察来ないのか・・・?w

開く コメント(0)

CADデータ整理

東莞出張でマイPC持参していくのでデータ整理してたら、いろいろと作り溜めたデータが出てきたのでサルベージかねてSTEPデータに変換してみた。
天窓トランクとか結構作ってあったのな。
鵜来型にサルベージした13号電探置いてみた。志賀は積んでたっけかな?
イメージ 1

置いただけなんで空中浮遊です。w
こっち側じゃなかったかもな。
ついでなんで、サルベージした山城艦橋を霧島船体の上に置いてみた。
イメージ 2

山城艦橋格好いいなぁ。
鵜来型の船首楼甲板からみたら、こんな様子だったはず。
イメージ 3
やっぱ戦艦でっかいわ!
海原じゃなくて砂漠なのが辛い。爆

開く コメント(0)

昨日は新年会でnaruchanさん、すまさん、アズケンさんとでアキバで飲み会してました。
アキバ巡りでは、6v駆動のミニモーターやら、中華怪しいモデルやら、アリイ1/200タグやら、オータキ1/800ミッドウェーやら、各個人の思いのまま。w
で飲み会ではすまさんのVR2等輸送艦を満喫。
こりゃー、うちの鵜来型でやったら相当面白くなりそうな雰囲気。
なもんで、今日もレーザーカッター受け入れ準備の型付けした後、ちょこっと作り足しました。
イメージ 1
ここは判りにくいんで説明がてら図示してみました。
赤丸の部分は野菜箱。といっても冷蔵機能はなく、図面上では形状しかわかりませんが、戦艦霧島などの機能と同じなら、風通しが良い様に簀の子状になっていたと思われます。室内に糧食小出し庫、一層下に冷蔵庫があるんで、傷みにくい根菜類を収納してたんかなと思ってます。
水色が天幕支柱格納庫。文字通り天幕の支柱を収納してた。左舷側の船首楼に上がる階段脇にもあります。
緑が爆雷積み込み口。120個の爆雷を船倉甲板まで下すため。これより後ろにも、乗員出入口兼用の積み込み口があり、デリックの旋回半径直下にあります。
青がスパンウォーター。キャンバーが船体幅の9mで50mmという、殆ど分らない程度のものなのですが、雨水の誘導をしています。先端は跳ね上げて雨水を溜めることが可能で、溜めた水をバケツに移したりして使ったようです。真水は貴重品だったでしょうから。

イメージ 2

ここでは高角砲より艦首側の射界制限枠、爆雷積み込み用ダビット、強制排気筒、艦尾フェアリーダー、舵取り機室出入口、ボラードを作り足し。
左右両舷に付いている射界制限枠については、付いていない写真の方が多そう。Youtube動画でも付いていない。
他艦尾については煙缶とあるが、横からの形が記載されていない。設置位置だけの可能性もあるのでスルー
煙幕発生器なんだろうけど。
イメージ 4


イメージ 3

艦尾は賑やか。ミッドシップ以前はこれから作りこみ。
イメージ 5
20日までにVR眼鏡調達しないとな〜。w



開く コメント(0)

発射箭とラッタル

昨年末更新以降、1/200新規現用艦艇の船体フレームをメインでやってました。
船体長を12mmごとに分割、63フレームとしてますが、そんなに多くした理由は近日中に発表するかと。
なんで12㎜かというと、確か「高雄」型?巡洋艦以降は船によって異なると思うけど、大体の船体長の艦首及び艦尾側の約1/3ずつは肋心間距離は600mm、船体中央部は900mm。現用はその倍くらいかな。
1/200でその寸法で作っちゃうと6mm間隔とかになるし、フレーム数も120を超しちゃうので面倒。
とりあえず倍の寸法で分割。
なんで面倒なことと思われそうですが、上部構造物の位置とフレームの位置は一致してるので、それなりの形状をと考えるとこうなります。
で、なんで3の倍数かというと、昔の船が1フィート(304.8mm)基準で設計してたから。
高雄?以降は切りの良い300mmにしちゃったんかなと思います。

で、鵜来は発射箭とラッタル、烹炊所の壁とか作ってました。
イメージ 1

発射箭のみです。w
壁に固定用の棚が必要なんですが後回しです。右の桝は洗い場、その向こうが屑溜め箱。
発射箭ですがこうやって使います。
イメージ 2
爆雷投射装置に差し込んで、その上に爆雷をセットします。右舷側はセット済み。w
左舷側見ればわかりますが、向こう側から爆雷を滑らせてきます。
50kgぐらいある爆雷を持ち上げないで済むわけですね。
イメージ 3

ラッタルです。
3Dプリントで作れるように、相当厚めに設計してます。(発射箭も)
外観的には、大まかな形は出来てきましたが、デリックやリール類は全く手つかず。
手摺なども未だです。
さて20日までにどこまで進むかな。


開く コメント(1)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事