ここから本文です
黒艦艦隊
「くろふねかんたい」 艦船模型をRC化して楽しんでます。

書庫全体表示

我が艦隊所属艦は艦隊司令官の性格からか、艦内に目一杯艤装して余裕がほとんどありません。
なので、電池も搭載できるぎりぎりの線を狙って選択しています。
そうするとその電池が廃番になると、同じ容量の電池が搭載できなくなります。(そこまでぎりぎりの艤装をしています)
容量を小さくしてやれば当然搭載できますが、なるべくなら航続時間をキープするために同じ要領を搭載したいですね。

実は、以前使用していた電池のメーカーが生産を終了して、代替品を捜すのに苦労したことがあります。

今回、予備の電池を確保すべく某ネットショップでLiPo電池を注文しようとしました。
一種類は在庫があったのですが、もう一種類は在庫なし。(>o<)

他をいろいろ当たっていたら、アマゾンのある店舗で見つけました。
外国のメーカーの日本法人でしたが、即注文。

そして着弾。

何時も使っている日本のお店からの着弾はLiPo電池をぷちぷちに包んでそのまま封筒に入れた状態。
イメージ 1
LiPo電池電池をこんな状態で郵送するのもどうかなと思っていたのですが、今まで数回利用して特に問題もなかったので、利用していました。

ところが、もう一方の着弾が以下の状態で届きました。

イメージ 2
イメージ 3








てっきり国内から発送されるのかと思ったら香港からFedExで届きました。
電池に比べるとかなり大きめな段ボール箱に緩衝材を一杯詰めて、かつ段ボールの外側に「注意 LiPo電池だよ」と大きく注意書きしてありました。

LiPo電池は取り扱いに注意を要すると言われていますが、同じLiPo電池の郵送するのにもこの違い。 

チョット考えさせられましたね。



この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは。

    トラック輸送と航空便の違いではないでしょうか?
    LiPo電池は航空便で危険物扱いですから外部からわかるようにしないと送ることができないはずです。

    [ フレディ ]

    2017/9/2(土) 午前 10:43

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    何処も似たよな梱包ですね。
    危険性の認知度かと?、危険物の考えが希薄と考えれば取り扱いも雑に成りますね。
    少しでも安全な?と言えば、Li-PoよりはLi-IonかLi-feでしょうね。

    フレディさんへ、輸送手段で変りますが、単純に考えて、もしもの際の保険料から航空機の場合:注意喚起程度の情報だけで運んでいますね。トラックの輸送の際は、運転手には危険との情報は価格次第で決まります!。某大手運輸の場合、自分の荷物じゃないからとか言って乱雑に扱うのも良く見かけ、こちらから注意した事も度々です。

    [ いごっそ ]

    2017/9/2(土) 午後 2:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > いごっそさん

    海外からだと一部を除けば航空便になる訳ですから外部からわかるようにするのは決められてます。しかし国内なら航空指定でないならこの規定に当てはまりませんから記入は不要です。

    [ フレディ ]

    2017/9/3(日) 午前 7:23

    返信する
  • > フレディさん おはようございます。

    航空便だといろりお規制があるみたいですね。
    LiPo電池の梱包不良で発火したなんてことになったら、大変ですからね。

    ゆきなつ

    2017/9/4(月) 午前 9:22

    返信する
  • > いごっそさん おはようございます。

    雑誌の記事等で発火した様子が記載されていましたが、万が一のことを考えて取り扱うに越したことはないでしょうね。

    ゆきなつ

    2017/9/4(月) 午前 9:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事