Charitymovie show for reconstruction of

 St.James High School in Besao.

December 22nd , Saturday 

3pm & 7pm at Besao Anglican


December 23rd, Sunday 

6pm at Sagada Anglican church    

 

Thismovie was invited 3 official competitions of International Film Festivls and cameback to Cordillera.

Cordilleran Family movie producedby NGO. Movie was invited by International Film Festivals and came back toSagada, Besao.

“ABONG /Small Home”

For living on theplanet earth

  111mins Drama feature movie.  http://www.ne.jp/asahi/small/home/

                

"ABONG/Small Home"is an epitome of this world besieged by natural andhuman influences, poverty and affluence, mercy and intolerance.While gently depicting the life and familial bonds of a Japanese-Igorotfamily- the plentiful life of their Igorot tradition contiguouswith nature and the poverty andloneliness they face in the city - this movie splendidlyconstructs an allegorical world of satire. 

              Film critic   kyoichiro Murayama

 
Production “ABONG/Small Home”  Exhibition Committee Baguio
Producers   Koji Imaizumi-NPO(non profit organization) SALUBONG. (Japan)

                    Cristina S. Aban-NPO Lubong-Baguio Inc. (Philippines).

Co - producer      Philippine Information Agency, Mowelfund Film Institute  

Format:   Digital(re-edited in2006), Original was 16mm and  35mm (in2003).   English subtitled

 

                                <Actors>:

JoelTorre, Lui Manansala Nando SanPedro,Banaue Miclat Maureen Gomez Kidlat Tahimik, Hazel Micli-ing, Nina Corpuz,Handiong Kapuno, Connie Chua, Eric Salvador. Nanding Joseph, Joey Ayala, ErmieConcepcion, Alette Dela Cruz, Ama Quiambao. MauricioDomogan, Rene Aquitania , Kawayan de Guia,Raffy&Jocelyn Kapuno. Karlo Altomonte, Wilson Capuyan, Domingo Landicho,Carmen Del Rosairo, Lopez Nauyac, Marichu Carino, Franco Bawang, Gloria Sabado, ArnelBanasan, etc.

Music : SENDONG, JOEYAYALA

 Supportedby : The Japan Foundation Philippine InformationAgency                               NationalCommission for Culture and the Arts-Philippines. MOWELFUND FILMINSTITUTE

 

この記事に

It was finished peacefully. Thank you very much.
 
無事終了しました。ご協力ありがとうございました。
 
 
 
 
The 3rd Asia Pacific International Peace
Memorial and Forum.
Neither the right wing nor the left wing, we go forward.  
  10/24 plan
   After Magellan came to the Philippines in 1521, European ships started to come to Asia and the South Sea Islands. At that time, the Americas were also colonized by the Europeans. It was only in 1776 that North America became independent from these European countries and from then on it became the United States of America. Then later, the US joined the Europeans in colonizing the Asian countries. Meanwhile, Japan had been a close country for more than 200 years but soon it remodeled its national policy as a constitutional monarchy so that in 1889, it promulgated the Constitution of Japan Empire. In 1894, Japan engaged in the Sino-Japanese War in Korean Peninsula.
     Eventually, Japan was fast becoming the only imperialist country in Asia. On December 8, 1941 (Philippine time), the Asia-Pacific war began when the former Japanese Imperial Army invaded the British Malaya and made a surprise air raids to the American Hawaii, the American Philippines and the British Hong Kong. In the American Philippines, a few hours after Pearl Harbor attack, Baguio’s Camp John Hay and Subic US Air base were bombed in a surprise attack and the long Asia Pacific War for three years and nine months began. It lasted until August 15, 1945 when the Emperor of Japan announced the unconditional surrender of Japan to the Allied forces.
     The International Asia-Pacific War Memorial organized in 2010 is then held on the date, December 8th on the same venue where the bombs fell in Camp John Hay, Baguio City. This is to commemorate this fateful event and to provide a venue for personal stories to be heard from Filipino, Japanese, Koreans and Chinese. It is believed that awareness about the war will be widened through this memorial celebration. It is hope that the insights, experiences and wisdom shared by these people will foster better relationship among all people.  
        Sixty-seven years has passed since the “end” of the war yet the untold actual situations of the war is only starting to be revealed. There is the number (calculated from the Japanese side) of 21,996,000 people announced as the minimum number of war casualties from more than 23 countries. With these numbers, it brings us to the following questions: What was the past Asia-Pacific War like ? What was the purpose of that war and who was making it happen? To remember and console the dead people by knowing the actual situation and learning a lesson from such horrible past are among the purposes of our Asia-Pacific International Peace Memorial and Forum.
                                                                    Organizers;   Baguio City Mayor`s Office          
 University of the Philippines Baguio.
NPO SALUBONG-Tokyp / NPO LUBONG-Baguio / IYAMAN Foundation.
SDS / Research Mate Inc. / S.E.E.D.S Inc.
For more info &registration (call or text); 074-309-3766 (Iyaman), iyaman@gmail.com 63-093-0312-4185(Koji Imaizumi) 
 *Note: Registration should include your name, organization and contact numbers
 Funded by: NIWANO Peace Foundation and NPO SALUBONG 
(We need to ask your donation for deeper research. )     
Registration & Exhibition.  December 7th :
10 am until 5pm at University of the Philippines, Baguio at Auditorium.
Reference war movie festival;” 66 Infantry”, NHK documentaries (Japanese and English versions) and others.
The 3rd Asia Pacific International Peace Memorial
Place: Bell Amphitheater in Camp John Hay, Baguio City.
Date: December 8th 2012, enter 9am. Exhibition 9.30am, start at 10am.
     (Free pick up jeep from UP Baguio at 9am and come back to UP for lunch)
Admission: Free but needs an application. Email or call: name, organization, contact number
        Email; lubongbaguio@yahoo.co.jp  Tel: 093-0312-4185  KOJI
INTERNATIONAL PEACE FORUM
      Place: University of Philippines, Baguio, Auditorium
      Date: Day 1-December 8th 2012,   1pm until 8 pm.
           Day 2-December 9th 2012,   (10am film show) Forum from1pm to7 pm,

この記事に

3回アジア太平洋国際平和慰霊祭およびフォーラム開催のお知らせ その1
(右でも左でもなく、私たちは前に進みたいと思います) 1115
 
旧大日本帝国は1941128日にアジア太平洋戦争、別名大東亜戦争を開始しました。そして1945年の終戦からすでに67年が過ぎました。当事者たちが次々と他界しその実態がやっと語られ始め、長かった戦後が終わろうとしています。あのアジア太平洋戦争とはいったい何だったのでしょうか。大日本帝国は欧米が支配していた大東亜世界に、その欧米と同じ覇権主義(武力侵攻)で挑み、そして完膚なきまでに打ち砕かれました。残念ながら大東亜共栄圏〈アジア共同体〉構想は絵に描いたすばらしい餅でした。戦後西欧列強はもはや武力で植民地を統治することができず、アジアの国々は独立します。現在多くの日本人はアジア太平洋戦争がアジアの国々を解放した聖戦だったと考えています。23カ国以上を巻き込んだ大戦で亡くなった人の総数は、少ない総計でも2,1996千人(日本側の総計)という数字があります。そのうち日本の民間人は80万人。日本兵は230万人でその多くが飢えによる餓死だったと言われています。大日本帝国の人々はなぜあのような戦争を行ったのでしょうか?途方もない多くの人々の命を奪ったあの戦争を総括せずに、当事者だった人々はこの世を去ろうとしています。しかし戦後生まれの私たちは、日本が当事者だったこの戦争のことを何も教えられていません。その日本の教育方針は現在も続いています。何も知らない日本人は果たして今後アジアの人々と平和を築いて行けるのでしょうか。戦中派の人々〈とその影響を受けた一部の若い人々〉は今でも天皇が日本の元首だと考えています。主要なマスコミ報道機関でさえもしばしば誤った報道をします。戦後日本の国体は変わりました。しかし多くの日本人がいまだにその真意を受け止めようとしていません。
戦後生まれの私も、郷土日本に対する誇りと日本人としての誇りを持っていますが、それは大日本帝国時代の日本にではありません。これは自虐史観などではありません。旧大日本帝国のどこかに非があったとしたら、日本人自らそれを検証し、悔い改めていくのが日本の良心だろうと考えます。日本の見識を損なわないために、私たち日本人はアジア太平洋戦争とこれからも向き合っていかなければなりません。良識のある日本人を次の世代に引き継ぐために、私たちはこの慰霊祭とフォーラムを行います。なぜあんな戦争を行ったのか。戦争の実態を知り、そこから教訓を学ぶことにより、犠牲になったすべての死者たちを慰霊するのがアジア太平洋国際平和慰霊祭とフォーラムです。どうぞこの機会に戦前から日本とゆかりの深い山岳都市バギオにぜひお越しいただきたく、ここにご案内させていただきました。
 
 かつて世界中で帝国主義の侵略戦争が横行している時代がありました。フィリピンは300年以上スペインの植民地でした。そしてアメリカが40年、続いて日本が3年間支配したとフィリピンの歴史書には記載されています。日本は200年以上の鎖国時代を経て、自ら大日本帝国と名づけ〈明治維新〉、欧米列強の植民地争奪戦争に参加しました。日清・日露戦争でおびただしい数の犠牲者を出しながらも台湾、朝鮮、遼東半島、南サハリン島を植民地にしました。さらに満州から中国全域に侵攻しようとし米英と衝突。大東亜共栄圏構想を掲げ、欧米の自由主義連合軍と全面戦争を引き起し、日本のみならずアジアの国々に甚大な被害を及ぼしました。大日本帝国は戦争責任を負った敗戦国とされ、極東軍事裁判でABC級戦犯あわせて1068人が処刑されたという記録があります。戦後日本は米国と協議し、主権在民の日本国憲法・平和憲法を発布。天皇は元首ではなく象徴になりました。以来日本は米国の従属国となりながらも、朝鮮戦争特需の助けを借り短期間に高度経済成長を果たしました。日本は大戦で被害を受けた国々に謝罪をし賠償を払ったものの、多くの日本国民は悪いことをしたとは思っていません。国民は大日本帝国軍がアジアで行った事実は何も知らされておらず、帰還兵も黙して語りませんでした。勝てば官軍と言う言葉があるように、多くの日本人は今でも勝てない戦争をしたのが悪かった、勝てなかったことが悪かったと考え、戦争を起こしたこと自体は悪いこととは考えていません。日本の歴史学術書の中には日本の非を指摘する著作が多く出版されていますが、日本国と日本国民は戦後自らあの戦争を総括しようとしませんでした。日本の文部科学省は明治以降の近代史を教えようとしません。日本人が帝国主義に加担した歴史を知らずに、植民地にされたアジアの人々とうまく行くはずがありません。今アジアの国々とのわだかまりはますます深まりつつあります。これは戦争を起こしたことのみならず、戦後にも汚点を残したことになります。そしてこれは戦争を知らないわれわれ戦後世代の責任でもあります。私たちはこの負の遺産を後の世代の日本人に残したまま逝ってしまっていいのでしょうか。
1941128日に大日本帝国軍は英領マレー半島に侵攻しアジア太平洋戦争が始められました。その後米領ハワイ諸島の真珠湾、米領フィリピン、英領香港を奇襲し米英軍に宣戦しました。フィリピンでは真珠湾攻撃の数時間後にバギオの米軍キャンプとスービック空軍基地が奇襲され、フィリピンにおけるアジア太平洋戦争が開始されました。フィリピンでの戦争は39ヶ月に及び、日本の兵隊52万人が亡くなりましたが、フィリピン人はその倍の110万人が亡くなっています。大日本帝国は1945726日に通告されたポツダム宣言を黙殺し、米軍により広島と長崎に原子爆弾が投下されました。そして814日にやっと無条件降伏を受け入れましたが、フィリピンの山下大将が投降したのは92日、その間におびただしい数の日本兵が飢えと病気で亡くなったと言われています。この国際平和慰霊祭及びフォーラムは大日本帝国軍が奇襲攻撃した128日に、空爆されたバギオの元米軍キャンプにて、フィリピン人、日本人、韓国人ほかの戦後世代の人々が一堂に会して行われる慰霊行事です。
(公式スケジュール)  *プログラムはすべて英語で行われます。
127() 午前10時からフィリピン大学バギオ校講堂で受付開始。平和映画祭開催。
8() 午前9時大学集合して移動。10時からアジア太平洋国際平和慰霊祭。大学に戻り昼食。
午後2時から国際平和フォーラム1
   9() 午前は大学で映画上映。午後1時から国際平和フォーラム2
  10() 日本兵と戦ったフィリピンゲリラ隊基地キャンプ・ユートピア(カパンガン)へ日帰り旅行
〈マニラ国際空港−バギオの送迎サービス〉126JALANA午前便で午後3時ごろマニラ着、1212日午後便でマニラから帰国に限りお世話をさせていただきます。(往復航空運賃57,000円程度はご自身で予約願います。市中の中級ホテル2人部屋13000円程度から。格安宿、団体用ドミトリーもあります。
問合せ:lubongbaguio@yahoo.co.jp  電話フィリピン639303124185今泉光司、
NPO法人サルボン東京0338430877 
 *慰霊祭およびフォーラムは皆様の寄付で運営しております。郵便口座サルボン00160758096
に「バギオ128」と書いてお送りください。後日完全収録の報告書をお送りさせていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

3回アジア太平洋国際平和慰霊祭およびフォーラム開催のお知らせ その2
2012年 12月8日9日
登録受付と資料展示会、ドキュメンタリー映画上映
              (NHK「戦場の軍法会議」ほか)
127日(金)午全10時から午後5時まで 場所;フィリピン大学バギオ校講堂
  参加費すべて無料(寄付金受け付けています。募金箱ございます)
3回アジア太平洋国際平和慰霊祭 (すべて英語ですが、後方で通訳するボランテイアスタッフ募集中)
128() 9時会場 資料展示 10時開始 11時半終了後フィリピン大学講堂に移動して昼食
場所:キャンプ・ジョンヘイ内ベルアンピシアター(9時にフィリピン大学集合、送迎車あります)
参加費無料、要申し込み。電話・メイル・テキスト等で人数・名前・団体名・電話番号をお知らせください。Email; lubongbaguio@yahoo.co.jp  tel:63093-0312-4185 今泉光司
1.    Opening remark             6. Singing our theme song, ”Open Hands”
2.    Opening chant.              7. Antiwar peace song of praise 2012.
3.    National anthem             8. Closing.
4.    Peace messages.             9. Back to UP and Lunch time.
5.    Offering flowers
 
国際平和フォーラム(すべて英語です。通訳のボランテイアスタッフをお願いしています)
初日:128()午後1時から8時ごろまで討論会(軽食サービス2回あります)
2日目:129()午前10時戦争に関するドキュメンタリー映画上映(各自昼食)
  午後1時から8時までフォーラム討論会 (軽食サービス2回あります)
場所;フィリピン大学バギオ校講堂(参加無料、募金箱あります)
すべてのセッションに質疑応答・意見交換があります。
初日 午後2時から
1.     アジア太平洋戦争の歴史的背景と戦争の概略とフィリピンにおける戦争の経緯。(UPリカルド・ホセ教授)
2.     コルディリエラ山岳地帯で何が起こったか? バギオで何が起こったのか?
3.     スナック休憩
4.     日本の反戦歌(俳優・竹本泰広さん)
5.     日本軍が戦ったフィリピンゲリラの拠点キャンプ・ユートピアとイゴロット部隊・米軍66歩兵隊 (リサーチメイト代表ベティー・リスティノさんと退役軍人)
6.     バギオの日系人の体験談。
7.     バギオの中国人の体験談。
8.     カンカナイ族の反戦歌の解説して唱和とテーマソング「オープンハンズ」ほかを唱和 
9.     スナック休憩
10.  ドキュメンタリーNHKスペシャル番組上映。英語版「戦場の軍法会議」
2日目 日曜の2時より
1.     東京裁判に反論したパール判事は何が言いたかったのか?(フィリピン大学リカルド・ホセ教授)
2.     戦争に関する個人的な体験談と、台湾における日本の植民地統治の実態あるいは聞いた話〈台湾人〉
3.     台湾の反戦歌紹介と唱和
4.     戦争に関する個人的な体験談と、韓国における日本の植民地統治の実態あるいは聞いた話〈韓国人〉
5.スナック休憩
6. 韓国の反戦歌を唱和 (Korean student)
7.     戦争に関する個人的な体験談と、カバヤンにおける日本軍による虐殺の報告
8.     カバヤン村の若者が歌う犠牲者追悼の歌〈            Linton & Agi 2006年作曲〉
9.     日本人による戦争に関する個人的な体験談。
10.  戦争メカニズム。戦争を起こさせないために。(台湾の東海大学古川ちかし教授)
11.  スナック休憩
12.  イバロイ族の反戦歌解説と唱和、テーマソング「オープンハンズ」他の唱和 (Linton & Agi)
韓国・台湾・日本・世界の反戦歌の唱和
 NPO法人サルボン 今泉光司 lubongbaguio@yahoo.co.jp
111-0041東京都台東区元浅草485、℡0338430877
フィリピン639303124185, #94LubasLa Trinidad, Benguet 2601
Philippines
庭野平和財団20012助成事業 慰霊祭のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/lubongbaguio2/
1119から121まではemailのみ問い合わせ可。それ以前と以降はフィリピン639303124185で今泉が応対いたします

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事