えび助の多趣味なブログ

明けましておめでとうございます。

全体表示

[ リスト ]

船弁慶

イメージ 1今晩は、えび助です。
残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日は続くようですが皆さん、如何お過ごしでしょうか。今回は落語の記事を書きます。

今回紹介する落語は少し時期が遅いかも知れませんが夏に相応しい噺、「船弁慶」です。

      あらすじ
夏の暑い時分のお噺。
喜六が家で一人で留守番していると友達の清八が「我か俺かの友達で大川に船遊びに行こう」と誘われる。
一人三円の割前と聞くと迷いながらも清水の舞台に飛び降りるつもりで行かないと喜六は言い出す。
それを聞いた清八は喜六の事を散々侮辱するが、良く理由を聞くといつも人の金で奢ってもらっているので芸妓や舞妓は喜六と呼ばず「弁慶さん、弁慶さん」と呼ぶ。中には弁慶をひっくり返して「ケベンさん」と呼ぶ人もいるという。これでは三円の割前が死に金に成るという喜六。
清八はもし、「弁慶さん」等と呼ばれたら喜六の割前は俺が出すと言って
喜六を連れ出そうとするが、その時に帰って来たのが喜六の女房であるお松さん。このお松さん、「雷のお松」や「雀のお松」と近所でも評判の女。
声を聞くなり二人は驚くが、清八が何とかお松を説得して二人は大川で向かう。

大川へ向かう途中に喜六が
「お松が焼き豆腐を買ってくるように言われて家を出たものの,こともあろうに一度目は葱、二度目は蒟蒻と二度も違うものを買ってしまう。喜六はもう一度買いに行こうとするがお松は猫撫で声で「ああ、御苦労はん。ちょっとあんさんに話あるよってこっちおいはなれ。」と言うなり喜六を引っ立てると井戸端に引きずって行く。怖がってしまった喜六は「なにするねん。」と叫ぶが、お松は怒り心頭。
「何いうてねん。人がちょっと甘い顔したらつけ上がりくさって、ど性骨入れ替えてるんじゃ。」と井戸の水を頭からザボ…。喜六が「嬶、冷たいわい!」というと、「冷たいンならこないたる。こっち来さらせ。」今度は縁側に引きずっていかれ、大量のお灸をすえられて「熱いわい!」「熱いならこないしたる!」と、また井戸水…。これを何度も繰り返され、熱いと冷たいで焼き豆腐を思い出した」という話をすると流石の清八も驚き、全く関係無い氷屋までついてくる始末。
そうこうしている間に二人は大川に到着。喜六と清八は遊山船に乗り込む。周囲の人が喜六の事を「弁慶」と言おうとするが、清八が口止めしたためとりあえず清八が喜六の割前を払う事は無い。芸妓や舞妓と飲めや歌えの大騒ぎで喜六も上機嫌。

一方のお松は近所のお上さんと一緒に難波橋に夕涼みにやってくる。
すると、あるお上さんが喜六と清八が船遊びをしているのを見つける。
騙された事を知ったお松は早速喜六達の船へ。
「あんた!ここで何をしてはんねん」とお松が大きな声を出した瞬間、喜六はギクリとするが友達の手前もあるし、何せ酒が入っているのでお松をドンと突くとお松さんは川の中へドボン。
幸い水は腰程の深さしか無いがお松は髪はザンバラ。顔は真っ青。
丁度流れて来た竹を持つと「そもそもーこれーはー、平知盛ー幽霊なり…」と狂い出す。
周囲が呆然とする中、芸者から手ぬぐいを借りると、それで数珠を作って祈り出す。

「その時喜六は少しも騒がず、数珠をさらさら押し揉んで。東方大威徳・・・」と「船弁慶」の知盛と弁慶の俄を始める。

これを橋の上でみていたある二人組。「もうし、あれ何だすねん。喧嘩でもやってんのかいな。」
「知らんのかいな。弁慶やってんのが幇間。川ン中立ってのが仲居でんな。『船弁慶』の俄やってのや。こら褒めたらなあきまへんで。」
「ああ、そうでっか。ようよう、川の知盛はんも秀逸なら、船の上の弁慶はんも秀逸。よう!よう!船の上の弁慶はん!弁慶はん!」

それを聞いた喜六は「何ィ!弁慶やと。今日は三分の割り前じゃい!」

この噺は上方種で東京で演じられることは殆どありません。

古くは五代目の笑福亭松鶴の得意ネタで最近では五代目桂文枝、二代目桂枝雀などが得意としていました。
今でも色々な噺家さんが手掛けています。

如何だったでしょうか。もっと速く紹介するべきでしたが遅くなってしまいました。
余りこのブログで夏の噺を紹介出来ていませんが今後も色々と落語の記事を書いていきたいと思いますのでお楽しみに。


それでは、皆さんさようなら。

この記事に

閉じる コメント(11)

この噺は文枝師匠ですね。『遊山船』と『船弁慶』が上方落語の夏ですなぁー

2012/8/25(土) 午後 8:26 [ Mars_jj_boy ] 返信する

Marsさん
確かに「船弁慶」と「遊山船」は如何にも上方の夏らしい噺ですね。
夏になると必ず一回は聴きます。

2012/8/26(日) 午後 3:18 [ えび助 ] 返信する

顔アイコン

この話はよく祖母がしてくれていた昔話(?)に似ているんですが、案の定落語だったんですね……(*´・ω・)(・ω・`*)ネー 削除

2012/8/28(火) 午後 1:03 [ 奈津紀 ] 返信する

顔アイコン

船弁慶は文枝師匠です。夏の定番でした。

2012/8/28(火) 午後 7:35 [ 珍太 ] 返信する

奈津紀さん
お婆ちゃんが落語を題材にした昔話ですか。流石にうちではそんな事はありませんね。
お祖父ちゃんお婆ちゃんに話を聞く事自体少ないのでね。

2012/8/28(火) 午後 10:30 [ えび助 ] 返信する

珍太さん
コメント有難うございます。珍太さんのブログはときどき訪問させて頂いています。
この噺は上方落語の夏の定番で文枝師匠の噺というイメージが強いですね。
残念ながら僕はリアルタイムで文枝師匠を聴けませんでしたが音源が残っているだけでも嬉しいです。

2012/8/28(火) 午後 10:33 [ えび助 ] 返信する

アバター

「船弁慶」は、東京落語の故人の演目をメインとしているウチのブログでも、東京で上方落語をやった元梅團治の三遊亭百生さんの音源を出してますが、上方の噺家さんで、この演目をやっていない人を探すのが難しいほどの定番演目ですね。

この演目に比べると「こぶ弁慶」は、多少オカルト的な事もあって、「船弁慶」よりはやる人が少ないようですね。だったらその音源を使った記事を書かねばと思うのですが・・・記事を書くよりも、この暑さで生命維持する事の方が大変なので、いずれにしろ、涼しくならないと私の脳は動かない(^ω^)

2012/8/30(木) 午後 3:46 藪井竹庵 返信する

藪井さん
百生さんのはお松さんが強烈でインパクトがあって良いですね。
「船弁慶」は二、三回聴いておりますが「こぶ弁慶」は生ではまだです。「こぶ弁慶」の前半部分が独立した「宿屋町」なら聴いた事が有るのですがね。
まだまだ暑いですが、楽しみにしております。

2012/8/31(金) 午後 11:03 [ えび助 ] 返信する

アバター

「こぶ弁慶」は「船弁慶」と同じように弁慶の名前が演題に入っているのですが、コンセプトはまったく違う演目で、「こぶ弁慶」はどちらかと云うと「景清」に近いオカルト的演目ですね。

「こぶ弁慶」を東京でやった噺家は皆無だったと思いますので、東京でその演目を知っている人は少ないと思います。そろそろウチで取り上げてみますかね。

「こぶ弁慶」は東の旅と云う長編の最後の方の演目で、三十石の一つ前の演目ですね。東京では「二人旅」の演題でやったりする「宿屋町」の次の演目ですね。

2012/9/5(水) 午後 4:57 藪井竹庵 返信する

「こぶ弁慶」は滋賀が舞台で時系列的に「矢橋船」の次ですね。
落語にはSF的な要素が含まれている噺が幾つか有りますがこの噺も不思議ですね。

2012/9/5(水) 午後 10:21 [ えび助 ] 返信する

顔アイコン

このページを根拠にWikiの船弁慶(落語)ページの削除依頼が出されています。 削除

2018/2/26(月) 午前 10:17 [ 通りすがり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事