研修講師『期待される管理者となるために』

「部下をパートナーとして職場目標を達成しよう!」

話し方研修講師

すべて表示

話し方研修 【ブログ話し方教室】 (196) 「ここぞという時は あなたの誠意にプラスして 熱意を相手に示そう」 

ID:8559fx
イメージ 1



おはようございます。
 
ときに、人はオギャーと生まれた瞬間から誰でもが向かっているところがある。それは、墓場です。人は言葉を使えるようになると、自分の〝欲求〟を満たそうとする。これは神経細胞の働きであり、乳児でも同じです。
 
例えあなたが営業マンではなくても毎日、極端な言い方をすれば息を引き取るまで誰かに何かを売っている。それは、彼女に愛情を売り込むこともあれば、友達に友情を売り込んでいる場合もあるでしょう。残念ながら、神経細胞の仕組みがマッチせず、惚れた相手の心を動かすことができなければ、〝及ばぬ鯉の滝登り〟となり、失恋の憂き目を味わうことになる。
 
 あなたの考えを売り込み、相手を動かすことを『説得』と言う。日本には大小合わせ17万からの宗教法人があると聞く。人の心を動かすことのできない宗教家は信者を増やすことはできないでしょう。
 
 あなたもご存知のアメリカ大陸を発見したコロンブスは、長い探検の旅へ出るために莫大な資金が必要であった。スペイン王と王妃イザベラに「インド最短航路を発見するための航海の資金援助をしてやろう」と決心をさせるために、コロンブスは何と6年を要している。
スペイン王はコロンブスを資金面で支援するに当たり、それまでの6年間「説得」を続けたコロンブスの〝人間性〟を買ったのです。
 
 会社でいえば、部下が上司を説得して能力やアイデアを認められれば、大きな仕事に腕を振るうチャンスに恵まれる。同時に上司は、部下に目標達成の『信念』を売り込む必要もあるでしょう。
 
 U・S・スチールの社長チャールス・シュワブは、次のとおり言っている。
「世間の大多数の人々は、セールスマンとは見本をカバンにつめて旅行する人間であると考えている。しかし、我々の全てが、我々の生涯を通じて、毎日セールスマンなのである。我々は、〝アイデア〟とか、プランやエネルギーや〝熱意〟を、我々が接触する人々に売っているのである」と。この考え方には全く以って同感です。
 
 管理者が自己のポリシーを部下に共感させることができれば、マネジメント活動で成功する可能性は自ずと高くなります。
スマホ・SNSの忙しいご時世でもここ一番という時は、上手な言葉で流暢に話すよりも、熱意を持って〝一生懸命〟では身が持たたないが、<一所懸命>相手に話し、且つ聴くことを心掛けて下さい。
 
 では、また。お立ち寄り頂きありがとうございました。 
 
[https://blog.with2.net/link/?1395018 人気ブログランキングへ]
 
■ 話し方研修講師 『人材教育研究所』 (ブログ寺子屋『ラッキー』)

その他の最新記事

すべて表示

ID:8559fx  こんにちは。心地よい天気ですが、昼食はお済ですか?   前に「部下の能力開発のために管理者の要求(期待)水準を明確に示そう」と題して2回に分けて申し上げたことがあります。では、 ...すべて表示すべて表示

ID:8559fx  おはようございます。管理者は、毎日が「説得の連続」であり、同時に「問題解決の連続」と言っても過言ではないでしょう。  令和時代に入っても〝大型倒産〟が報じ ...すべて表示すべて表示

ID:8559fx  こんにちは!  あなたの中にはご自分自身ではそうは思っていないかもしれませんが、恵まれた企業・団体に勤務している方もいらっしゃることでしょう。実際には色々あるでしょうが、一つでも ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事