研修講師 『期待される管理者となるために』

過去と未来は鉄の扉。変えられる未来に向かって挑戦しよう!

全体表示

[ リスト ]


[管理者研修] ブログ村キーワード

 こんにちは。連休中の夕方にブログ記事を投稿する方は少ないと見受けます。ただ、更新目途を週1回強としているため、これから投稿します。今回をまとめとするため、記事はやや長くなるものの別けずに行います。
 なお、連休明けまでに新規投稿の表示は消えますが、気が付かれたリピーターの方はお手すきの時ご覧下さい。

 さて、ピーター・ドラッカーをはじめとする「マネジメント論」がどの程度存在するかは知りませんが、おそらく100はあるでしょう。中でも、戦後アメリカから日本に紹介・導入された、社会保険労務士試験の記述試験対策として記憶すべき猴儻讚瓩箸靴討痢屮泪優献瓮鵐範澄廚あります。数は少ないものの管理者向け公開セミナーを受講した限りでは、指導講師との相性もあるが、理解しやすいように犖朕妖瓩砲六廚┐泙后

 ところで、人は本来他人から何かを一方的に言いつけられる(強制される)ことを好まないため「命令の与え方」を五つのパターンに分けお話ししたことがあります。これは注意・忠告を始めとする部下指導についても同じことが言えます。

 一年一昔とも言える変化の時代、犖従維持は退歩瓩任后I下は「能力開発」の必要性を分かっています。だからといって管理者から一々「あぁしろ!こうしろ!」と言いつけられると反発を覚えるものです。
 
 経営資源の効率的・効果的な活用が図られている現在、重点指向した企業内集合研修の企画も上層部の決済を得るのは容易とは思えません。
 仮に社内講師による研修会が開催される運びとなった場合、受講対象者の各所属長宛てに出席配慮の実施文書が通知されることでしょう。そのような場合、何ら狷圧”佞鵜瓩發擦此一方的な業務命令で研修会へ参加させることは、受講後の効果面からもあまり好ましいことではありません。

 従って、最も望ましいやり方は、職場の中に自己啓発的なムードを醸成し、部下自身に自主的な方法で能力開発をさせるよう創意工夫することです。
 部下が自己啓発に熱心に取り組み自己の目標に向かって努力をするようになれば、管理者が求めている仕事の能力も目覚しく伸び、それによって職場の業務目標がより良く達成できることが期待できます。
 では、部下に自己啓発を奨める場合、どんなことに気をつけたらいいのでしょう?

 先ず考えたいことは、「学習意欲」を盛り立てる以前に、自己啓発の必要性を感じていない部下がいた場合です。
 そのためには、自己啓発のメリット・喜びなどを話し、その場での納得を求めず、本人にも考え気付かせる時間を与えることが大切です。また、方法無き努力は「労多くして功少なし」です。具体的な方法・内容などについても相談に乗れるよう配慮することです。
 部下各人への犹彪祗瓩適切であれば、学習意欲を引き起こし具体的行動に繫げることは、爛丱薀張瓩呂△襪發里僚淑可能です。

 次に考えたいことは積極的、肯定的な考え方を植え付けることです。部下の中には自分の隠れた能力について消極的、否定的な考え方をしている社員が結構多いものです。しかしこれは根拠の無い考え方です。
 
 AIが開発され、株式市場では実用化されているご時世とは言え、我々の頭の働きは数え切れないほどの内容があります。あなたが、現在の会社を決めたプロセス考えてみて下さい。判断、決断、分析、批判、推理、検討、「創造」などの働きをが相乗効果を発揮して入社したはずです。

 日本の法人企業数160〜180万社からコンピュタが斡旋出来ません。また頭の働きを司っている脳細胞は
150億からあるということです。こんなすばらしい『潜在能力』を持っているのが我々人間なのです。
 この事実を部下に対して、入社当時と現在の本人を<比較>させることで、理解・納得させてほしいものです。
  
 でも、どうなんでしょう? 人間の心は弱いものです。自分が責任を果たせなかった、あるいはまた何かで失敗したときなど、中々そのことを素直には認めたがらないものです。それを認めるということは自分の能力やプライドの低さを認めることにもなるからです。そのようなことにはとても耐えられません。
 そうした何か自分の本当の気持ちをごまかすことで感情を静めるあるいは安定させるということもあります。
 
 ビジネスパーソンの中には、「自己啓発」が出来ないことについても合理化することがあります。時間がない、お金がない、指導者がいない、そんなことをやっても無駄だ、など色々なマイナスの条件を並べたてる部下は、否定的観念の持ち主です。それが狄燭陵由瓩任△襪海箸肋ないものです。

 ですから、部下に自己啓発を奨める管理者は、何よりも自分自身がそういう体験を一人密かにしたことで、現在のポストに登用されたことを「口には出さない」ものの思い出して下さい。そうすれば、<事実>が裏付けとなり、自信を持って指導し援助することができます。また、部下が思いつきで自己啓発をしないようしっかりと立案し、計画的に目標へ向かって能力開発をするような指導もしてほしいものです。

 なお、自己啓発目標として業務遂行上必要とされる資格取得があります。その場合でも、先ずは仕事ありきです。犹餝兵萋瀬泪縫↓瓩砲覆襪海箸鬚勧めしている訳ではありません(念のため)。
 では、有意義な連休をお過ごしください。ありがとうございました。


 「何もしないでとりすましている人間より、何かをして、そして恥をかく人間の方がどれだけましだか
分からない。人は人に笑われながら成長する」 (出典記憶無し)


人気ブログランキングへ

■ 人材教育研究所 『部下をパートナーとして職場目標を達成しよう!』

この記事に


.


みんなの更新記事