社員研修 『期待される管理者となるために』

「過去と未来は鉄の扉 変えられる未来に向かって挑戦しよう」

全体表示

[ リスト ]


[話し方研修] ブログ村キーワード


 こんにちは。

 さて、相手を大事にすれば相手からも大事にされるのは当たり前のことです。その一つが朝の気持ちの良い「挨拶」です。尊敬はされずとも関心を示されて怒る人間はいません。無視されるから不快感を持つのです。ある心理学者が次のようにいっている。

 「お互いに挨拶を取り交わしている仲というのは、無言の契約書を結んでいるようなものだ。何かあったときには、私はあなたを応援しますよ、といっているのと同じです。挨拶の無い人間関係は、その契約書が無い。応援してもらえるかどうかもわからない。家庭でも職場でも」と。私も同感です。
 
 そこで、あなたが仮に挨拶をしないタイプであれば、今日からお帰りになったら疲れていても「ただいま↑」と言って玄関の扉を開けてみて下さい。同じ言うにしても「今帰ったぞ↓」ではダメです。「いやー、今さらあの女房にネーですか?」 そうですよ。

 ある若いお父さんがセミナーで挨拶の必要性についての話を聞いて共感し、家へ帰った時ぐらい挨拶をしようと実行してみたそうです。奥さんが部屋から飛び出してきて、「アラッあなたどうしたの。今日は酔ってんの?」と、いぶかしげに言ったという。「バカヤロー、俺は酔っちゃいねーや」と照れくさげにこたえた。
 その後食事をしていると奥さんがポロッと、「あなた、さっき“ただ今”っていったけど、いい言葉ネ」、こう言われたそうです。
 
 その様なこともあり、無口なその人も「ただいま」の挨拶だけは言えるようになったという。いいですネ。これでいいんですよ。どっからでもかかっていけば。難しい問題ではありません。その気にさえなれば。関心を示されて怒る人間はいません。
 詩人のエマーソンは『我を愛する者を我愛す』と,言っている。人の『深層心理』を衝いており言い得て妙だと思いません?
 では、暑さに負けず良い週末を。お越しいただきありがとうございました。



■ 話し方研修講師 『人材教育研究所』:「部下をパートナーとして職場目標を達成しよう」

※ お問い合わせはこちら ☞ http://www.hanashi.biz/ どうぞお気軽に。

この記事に


.


みんなの更新記事