研修講師『期待される管理者となるために』

「部下をパートナーとして職場目標を達成しよう!」

全体表示

[ リスト ]



 おはようございます。
 
 さて、二人のセールスマンが同じ標準的な販売技法・話法を使って、同じ商品を同じ条件で提供したとします。顧客側が“買う・買わない瓩函△修海貌鵑弔琉磴辰新覯未生じてくる要因は何でしょう?

 その一つは、一方は犂屐覆沺豊瓩魍茲し、一方は平板な一本調子で違った方法で語るからです。
 間(ま)というのは息が切れたからチョット一服というような単なる“息継ぎ瓩任呂△蠅泙擦鵝0媼韻袈枋イ靴芯戚曚任后O辰領れを積極的に躍動させる「声なき声」とも言えます。
 話の中に間を置くのは、それによって話しの意味をハッキリと相手に伝え、話の中身を強く印象付けるためです。イントネーションや間のない無表情な声で話す人は、仮面をかぶって話すのと同じです。

 これまでにも「間(ま)」の働きについては取り上げてきました。戦後、朗読の達人、話術の名人といわれた「徳川無声」氏(故人)は、「間」の取り方の大変上手な方であった。そのため、“間術瓩量梢佑箸眈里気譴拭8果的な間の取り方は簡単そうでも余程意識しないとできるものではありません。
話が上手いかどうかの決め手は、犂岫瓩生かされているかいないかにもあります。ここで改めて大別すると次の三つとなる。

 第一が相手に考えさせる間、
 第二が賛同を得る間、
 第三が期待を抱かせる間です。

 前にも申し上げた通り重要無形文化財として認定された俳優(役者)だけでなく古典落語家・講談師は、この点実に上手いものです。人間国宝の「声の表現力」<抑揚(イントネーション)、強調(プロミネンス)、間(インターバル)>ネットで一度聞いてみるのも勉強になります。

 ゲティスバーグ・アドレスで知られたリンカンは「説得の名人」といわれた。話をしているときに重大なところへくると必ず一瞬沈黙したという。この一瞬の沈黙は、大きな声で怒鳴るより何倍もの効果があったという。
 リンカンは朗読によって抑揚や声の区切り犂岫瓩離謄ニックをマスターしたと伝えられている。手紙や「新聞」に目を通す時いつも<声に出して読んでいた>そうです。
 そのようなことから、文章書きのプロである新聞記者の記事を注意深く読んでいると、そこには政治・経済・社会面でその性格から書き方には違いがあるようです。しかし、句読点の打ち方では分かりやすさだけでなく、小気味良いテンポを感じます。
 
 新聞記事でも大学入試に出題される「天声人語」、「編集手帳」などがあります。
 一回5分(文字数)の中での、時宜を得た話題の取り上げ方、主題(テーマ・中心思想)と表現の仕方、話の構成などのほか話の爛謄鵐櫚瓩魍悗嵶匹ざ戯爐任后そこで、各種新聞のコラム欄を牋媼鵜瓩靴瞳り返し読むことをお勧めします。

 真似る ☞ まねぶ ☞ 学ぶ。日々幾度も書き写すことが理想ですが、実際には一回でも長続きするとは思えません。ですが、<声に出し読み返す>ことなら可能でしょう。
 スマホ・SNS のご時世、もしも新聞を購読していないのであれば、ネットで読めないこともありません。それよりも時間外に、上司が読み終えた新聞(朝刊)を拝借すればお金もかかりません。

 「な〜んだそんなことだったのか、つまらネー」と言わないで下さい。テマ・ヒマを惜しんでいては話し方の上達を期待できません。就寝前に新聞朗読を狃慣瓩鼎韻襪覆蕕金もかからず実践可能だと思えます。
 「鍛錬」はあなたもご存知の宮本武蔵の言葉として有名です。『五輪書』の中で「千回の稽古をもって鍛とし万回の稽古をもって錬とする」と記載しています。
 同様に噺家の世界には「板場百回」があり、同じ話を百回練習して初めて高座に上がれるということです。その点綾小路きみまろも例外ではないはずです。(※芸能人へのさん付けは敬語使用上原則不要)
 『継続は力なり』。何事も爐任る瓩鉢爐任た瓩楼磴い泙后爐伸瓩凌瑤鯀やすことが肝要でしょう。

 以上縷々申し上げてきましたが、日本は「恥の文化」です。長いサラリーマン生活では、この先パーティーをはじめとする公の席でのスピーチを前もって依頼される、時には突然指名されることもあるでしょう。「備えあれば憂いなし」といいます。そこで、結論です。

 そのような時でも戸惑わないためには、得意分野でのテーマを決めたスピーチを3本用意することです。それをベースに場に応じ組み替え、話材だけを適宜入れ替えお話することをお勧めします。そうすることで持ち味を生かした個性ある話になると考えますが、ご理解頂けましたでしょうか?

 早いもので、関東での松の内は過ぎましたが、昨年末から4回に亘り、お付き合い頂きありがとうございました。よろしければまたお立ち寄り下さい。



■ 話し方研修講師 「人材教育研究所」 (ブログ寺子屋『ラッキー』)

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事