社員研修 『期待される管理者となるために』

「部下をパートナーとして職場目標を達成しよう」

全体表示

[ リスト ]



 こんにちは。よく仲間内で「アイツは人がいいからなー」と言っているのを耳にすることがあります。話題になっているご当人にとって、これは喜ぶべきことでしょうか?
 
 ときに、心の爐貝瓩箸蓮言葉の爐貝瓩箸い錣譴襦8斥佞蓮屬海箸陵奸廚判颪が、心という種から芽を出し成長したものです。話し手の意思・感情・思想などを表す道具・手段が、「言葉」であり話し方の「技術(技能)」です。

 一般サラリーマン(ビジネスパーソン)にとっての話し方は、技術ではなく犁伺臭瓩任△襪噺朕妖には考えています。その点、世間には「話しは技術(技能)ではない、人柄だ!」と考え、話し方について猝鬼愎喚瓩平佑發いでです。私もこの考え方は間違えているとは思いません。
 話は人柄だという考え方は、『襤褸(ボロ)をまとえど心は錦(にしき)』というのとよく似ています。ボロをまとっている人でも心の美しい方はおいでです。決して珍しいことではありません。

 でもどうなんでしょう。誰でもボロをまとっていればいいということにはならないように思えます。
 それは公正な人事効果をする際の三つの注意点の一つである、“ハロー効果”にもいえるよう、ボロをまとっていると世間的にはどうしてもそのように見られがちなものだからです。

 話し方でも同じでしょう。人柄が立派であれば話し方の技術が多少まずくても人を動かすことのできる人は、これまた数多くおいでです。
 しかし人柄だけで、いつでも、どこでも、誰にでも、話の「目的」を達することができるかというとまた別です。

 スマホ・SNSの時代でも業務を遂行する上で、話し方に無関心という訳にはいかないでしょう。話すことが不得手なためにマイナスの評価を受けることもあります。また、無口ではないが表現力が乏しいがためにその人間性と反対の人柄を感じさせ、誤解・曲解されるという場合もあります。
 そのようなことから「話し下手は損をする」と言われますが、あなたはどのようにお考えになりますか?
 
 この先仕事の一部ともいえる社内外の新年会続きで体調を崩さないようお気を付けください。では、正月疲れを取りエナジーを蓄えるよう良い連休をお過ごしください。ありがとうございました。


人気ブログランキングへ

■ 話し方研修講師 「人材教育研究所」 (ブログ寺子屋『ラッキー』)

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事