研修講師『期待される管理者となるために』

「部下をパートナーとして職場目標を達成しよう!」

全体表示

[ リスト ]


 おはようございます。

 ここでは、話の裏打ちとしての『例』の扱い方の注意点について箇条書きします。該当箇所があれば意識して改善なさることをお勧めします.


◆ 話の裏打ちとしての『例』の扱い方

 1.身近な例を、具体的に活かしきっていない。

 2.体験した話をする場合、言葉だけに頼っているため気持ちが乗らず印象が伝わらな
  い。

 3.問題意識が弱いので、例が生きてこない。

 4.例だけが頻繁に引用されると、要は何が言いたかったのかが分からない。

 5.聞き手が興味を惹くように、例にふくらみをもたせる工夫も必要である。

 6.例の取材範囲がごく身近な出来事で、普遍性が感じられない。

 7.書物からの受け売りだけでなく、生きた事例も欲しい。

 8.他人の間接体験だけでは、話に“迫力”が欠ける。

 9.間接体験を話す場合は、話し手の身近な人の例を選ぶようにした方が良い。

 10.時間との対応を考え、例を採り上げ「テーマ」を裏付けるようにする。

 11.例の一人歩きに気を付ける。これでは、単なるおしゃべりになってしまう。

 12.前もって聞き手を分析し、聞き手が共感出来る例を選ぶ。

 13.できれば明るい例が好ましい。場所(結婚式など)によっては暗い例は場に合わな
い。

 14.滅多に起こらない特異な例は、聞き手の納得を得られない。

 15.例は聞き手がスンナリ分かるものがよく、例を解説しなければならないものは避ける。

 16.下品な例は、いくら分かり易くても避けた方がよい。

 17.一人よがりの例であってはいけない。よく考えてから、使うことである。

 18.TPOを考えて、例を使おう。

 19.例は主題(テーマ)を裏付けるものである。聞き手の受けだけを狙うと失敗し、結果はアガルこと

  になる。

 20.主題(テーマ)を裏付ける例は、陳腐なものであってはいけない。


 取り敢えずここまでとします。「スピーチ草稿」作成のお役に立てればと寺子屋流に箇条書きしたものです。
 では、良い週末をお過ごしください。ありがとうございました。



■ 話し方研修講師 『人材教育研究所』 (ブログ寺子屋『ラッキー』)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事