社員研修 『期待される管理者となるために』

「過去と未来は鉄の扉。 変えられる未来に向かって挑戦しよう!」

管理者研修講師

[ リスト | 詳細 ]

 皆さんこんにちは。今日もお仕事お疲れ様です。なんといっても健康第一。あなたのご健闘を願っています。

 ところで、あなたの会社でも社員研修あるいは社員セミナーをなさっているとは思いますが、お金と時間がかかるため、なかなか受ける機会は少ないように思えます。

 そこで、業種・業態・企業規模を問わず、あなたがビジネスパーソンとして職場生活を送っていく上で多少なりともお役に立つと思われる事柄を、人を中心に『寺子屋』としてお話していきます。
 どうぞよろしくお願いします。

【注】 掲載されている上記広告は、当方とは一切関係ありません。 ※  社員研修 『人材教育研究所』 
記事検索
検索

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


[管理者研修] ブログ村キーワード


 こんにちは。

 あなたは生活信条をお持ちだと思います。私の場合は『凡事徹底』(某先生の造語)という言葉を「生活信条」としています。

 凡事というのは、平凡な事当たり前な事でもその気になりさえすれば誰でもできるという意味です。次に徹底という言葉ですが、俗にいう身に付くということです。言葉を変えると「習慣化」するともいえます。
 
 仕事をする場合でも、その能力を意識して行うのではなく「無意識」のうちに行動化できるまで身に付けるという意味です。自動車運転でいえばアクセルやハンドルを意識して操作しているのはまだ初心者です。無意識的に運転できるまでになった状態を徹底といいます。

 業種によっては仕事が高度専門化している現在、サラリーマンがベテランの域に達するのは、実際に行うとなると容易なことではありません。
 しかし、人はあくまでも「仕事」を通して<潜在能力>が引き出され伸びていきます。換言すれば、『仕事が人を育てる』のです。

 一般的な組織に非凡な人は必要ありません。凡人をして『非凡』なる働きをなさしめるのが組織であると言われます。
 凡人とは凡事を徹底できる人のことです。その点、あなたはご自分の仕事について凡事を徹底させて取り組んでおいででしょうか。数多いサラリーマンの中には理由はともかく、凡事不徹底という方もいることでしょう。

 ですがプロサラリーマンとして生き残るには、担当業務の徹底化を図る必要があるでしょう。このことは入社した当時“素人”だったあなたの上司だけでなく、御社のトップも例外ではないと考えます。
 サラリーマン哲学は人それぞれに異なっても『継続は力なり』。人生目標を明確にして凡事徹底にお励みください。
 では、良い週末を。ありがとうございました。



■ 管理者研修講師 『人材教育研究所』 ( http://www.hanashi.biz/ )

この記事に


[管理者研修] ブログ村キーワード


 こんにちは。

 さて、管理者になりますと上から下から横からも色々なことが求めれます。その一つに経営方針・部門方針を職場の末端まで徹底させるだけでなく、管理技法としての話し方に配意することも必要となってきます。そのため管理者は部下に、話そうとする内容をよく理解させ、できれば好感を与え、職場構成員のモラールアップを図り「行動」をとらせることが肝要となります。

 ビジネス現場は、「毎日が説得の連続」と言っても過言ではありません。では、職場での話しの種類と目的にはどのようなものがあるかをザックリ整理してみます。

 まずは、共通の話題で相手と気持ちを交流し楽しくさせる目的の話があります。聞き手に話題や内容についての興味を感じさせ、安心させる性質の話とも言えます。これは日常の「会話」であり、休憩時間の雑談や社内懇親会での話などいろいろな機会があります。

 次は「報告」、「説明」です。これは何かの情報や知識などを聞き手が知らなかったり、知ってはいても曖昧な理解をしたりしている場合など、それを相手に知らせ、わからせるのが目的の話です。
 たとえば、上司が部下に仕事を指示するときだけでなく、仕事を教えたりあるいは何か知識を交換したりするなどといったようなものもこの部類に入ります。

 第三は、聞き手の心の中に管理者の信念や決意などを伝え、その話を納得させ“行動”してもらうのが目的の話があります。いわゆる「説得(頭・心・行 ☞ ズシンギョウ・・・・当方の造語)」です。 

 その他、行動や考え方を改めさせるための「忠告」、話し手の考え方に共感させ協力し援助しあう目的の「感化」などもあります。

 このように考えると話す時の目的をしっかり掴(つか)むことは、非常に大切なことです。ここだけは敢えて強調しておきたいと考えます。
 しかし、実はそれだけでは足りません。いくら話の目的をつかんでその仕方を工夫してみても、“リーダーシップ”と同じくその目的が「達成」されなければ、話の効果があったとはいえません。

 たとえば、説明の仕方がまずいと職場では、「俺は、そんなつもりで言ったんじゃないよ」とか、「あたしは、そんなふうには聞いていないわ」といった誤解・曲解を招くだけでなく、場合によっては邪推されることにもなりかねません。これは、家庭においても同じです。

 以上から目的が達成された話は効果があり、「上手な話し方」と言えます。そうでない場合は、時には雑音であり逆効果になることもあります。
 従って、あなたが話しをする場合には、この話は一体何のためにするのかということをよく考え、その目的にあった話し方をするように心がけることを、部下・後輩にも指導して頂きたいものです。
 
 ネット社会が進展し部下との対面コミュニケーションの場が減っている現在、ここに問題意識の目を向けることが職場での『情報の共有化』を図り、マネジメントを<効率的・効果的>に進めていくことになります。 
 この観点に立つと「上手な話し方」とは、口調は訥々であっても、わかりやすく感じの良い(表情)話し方ともいえます。後は質問する(させる)ことで部下との齟齬を防ぎたいものです。
 では、また。ありがとうございました。



■ 管理者研修講師 『人材教育研究所』 ( http://www.hanashi.biz/ )

この記事に


[管理者研修] ブログ村キーワード


 こんにちは。

 あなたはアルキメデスは知っていても、デモスデネスをご存知ですか?
 クイズ番組で出題された覚えもありません。知らないから常識が無いということではありません。

 紀元前300年頃のギリシアで「雄弁術の神様」と言われた人です。そのデモスデネスのところへある時一人の男が雄弁術、つまり「話し方の秘訣」を教わりたいとはるばる尋ねてきた。その人はデモスデネスに向かって訊きました。

 ― 雄弁術の秘訣は何でしょうか?
 「それは何よりもまず自分の“態度”に気をつけることです」 
 ― なるほどそうですか。ハイッそのことはよく分かりましたが、その次は何でしょうか?
 「それは“態度”に気をつけることです」と、再度答えた。
 
 それを聞いたその人は心の中で、「気の毒にデモスデネスはどうも耳が不自由らしい」と思ってその場を立ち去ったということです。

 一般的に「話し方」というと、直ぐに話術・雄弁術といわれるような「技術」だけを連想しがちです。
 しかし本当の話し方の<極意・根本>とは、何といってもその人の心構え、つまり「態度(内面的)」にあるということを彼は気が付かなかったわけです。

 たとえば大勢を前にしての話では、その時間が長く(30分以上)なるにつれ、不思議とその話し手の「人間性」が、良きにつけ悪しきにつけ表れてくるものです。
 良い話し手と言われる人は、「人柄」もそれに相応(ふさわ)しい人たちです。どんなに技術的に話しが上手い人でも態度(内面的)のよくない人は相手から信頼されません。
 ですから、良い話し手になるためには、たとえ訥(とつ)弁であっても誠実さを示し熱意をもって語りたいものです。

 こうしたことから考えると話し方の勉強をするということは、結局<人間的魅力づくり>をしているのだということになるといえましょう。そういう観点からあなたも本当の意味での話し上手な人になり、雇用形態が複雑化している中で業績向上が求められる職場で“対人影響力”を発揮し、ビジネス活動に「成功」(目的・目標達成)していただきたいと考えます。
 ここでの問題提起は実に難しいテーマですが、あなたご自身はどのようにお考えになりますか? 
 
 なお、世間での出来事を見聞きしていると先日も申し上げた通り家庭では両親が、狠Ν瓩罎箸蟠軌蕕粒惺擦任篭詰,教えていないためと見受けることがあり、「これでいいのかな?」と思えることがあります。
 その一つに狄討靴き瓩鉢狷襪貽襪譴靴き瓩あります。用語の違いはネットで検索すれば容易にわかることです。要は狎疆扠瓩あるかどうかです。

 では、「節度あるとはどのようなことか?」について職場での具体的行動をお訊きすると学問とは関係ないためか答えに窮する方もいます。これは新任管理者がマネジメント理論には知悉していても、職場での具体的行動内容を改めて問われると、即答できないのと似ているように思えます。人は神様ではありませんから珍しいことではありません。今週もお立ち寄りいただきありがとうございました。



■ 管理者研修講師 『人材教育研究所』 ( http://www.hanashi.biz/ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【話し方勉強会(基礎コース)のご案内】:『より良き話をするために』

★ 今回の受け付けは終了しました。次回開催は、テーマを替え会場を変更します。またのご応募を
 お待ちしています。〔10月19日(金)22時16分 現在〕

この記事に


[管理者研修] ブログ村キーワード


 おはようございます。 

 ビジネス現場では、現場・現物・現実(6W3H)の「3現主義」が重要視されていることはあなたもご存知のとおりです。また、事実を掴むチェック方法としての言語データなどは、「目」に見える工夫をするよう、日頃から部下指導する必要もあるでしょう。

 ただ、管理監督者が多忙なためか報告を受ける時でも、知らせを受け「アーわかった。」ということだけで、『ねぎらい』のコトバ一つかけず終わってしまう場合が多いものです。 部下が苦労してでの報告の場合これではガッカリとなる。

 それよりも業務管理上、事実が正確に知らされず猩超・省略瓩気譴討い討楼嫐がない。上司が望んでいる「正しい報告」でなければ上司は意思決定を誤ることにもなりかねない。
 従って、部下の言葉に<フィルター>がかかっていないかにも気を配らなければなりません。

 部下が報告してきた時、「課長、その件については大丈夫です。ご安心下さい。」といっても、何をもって大丈夫かの“根拠”を確認する必要がある。これは、部下を信用していないこととは猜面簑雖瓩任△襦
 だからといって、部下を「詰問」しては部下との<信頼関係>が崩れるおそれがある。あくまでも相手が答えやすい『質問』をして追究する姿勢を保つことが大切なことです。

 部下はサラリーマンである。誰しも自分が可愛い。そのため報告を受ける上司の狢崚扠畆‖茲任蓮部下は失敗をすると隠すか、責任回避の報告をするようになる。

 ミスをとりつくろうため言っていることは正しいが、都合の悪いことは言わない。あるいは問題が生じても責任感旺盛な部下の中には、上司に心配をかけぬよう自己責任で処理しようとする。また上司に報告することで同僚に累が及ばぬようにするため、悪意はないが事実を隠すこともある。これを『言わない嘘』という。

 上司(管理者)といえども人間である。自分の期待にそぐわない悪い報告は聞きたくないものだ。それも初回ならまだしも、普段から口が酸っぱくなるほど注意しているのに失敗されると、「あれほど言ったのに、そんな馬鹿なことがあるか!!」とついつい怒鳴る場面も出てくる。それでは部下が上司を敬遠するのがオチである。

 ですから、そんな時でもグッとこらえて「いやよく知らせてくれた。君も辛かったことだろう」と先ずは爐佑らい瓩離灰肇个鬚け、度量の大きさを示すことです。
「よしっ、わかった。今から手を打てばなんとかなるだろう。私も手伝うから君ももうひと頑張りしてくれたまえ」と、知恵を出し合い善後策を講じるのが良いのです。
 そうでないと大事な報告がタイミング良くされず、コンプライアンス重視の時代、企業の信用が失墜することにもなりかねません。

 当ブログ「社員研修」(『上司補佐』シリーズ)の中で「悪い報告ほど早くしよう」のサブタイトルで申し上げたことでもあります。
 とにかく、ネット社会の現在、「以心伝心」を職場だけでなく家庭に期待するのも難しいご時世のようです。だからこそ、対人コミュニケーションの場である指示命令を与えるにしろ報告を受けるにしろ、相手(部下・上司)との意思疎通を図ることは肝要な事と言えます。
 では、良い休日をお過ごし下さい。ありがとうございました。



■ 管理者研修講師 『人材教育研究所』 ( http://www.hanashi.biz/ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【話し方勉強会(基礎コース)のご案内】:『より良き話をするために』

 少人数での秋の勉強会を行います。会場は「ららぽーと富士見」前のバス通りを隔てた左はす向かいです。ご興味のある方はどうぞお気軽ご参加ください。お待ちしています。
 詳細はこちら
  
  ☞ https://www.kokuchpro.com/event/95997af3940eec590875cb791af55a7f/   
  ☞ https://jmty.jp/saitama/les-lif/article-anlfr
  ☞ https://atnd.org/events/100850

                                をご覧ください。
    
(注1) 主催者はポスターに記載した講師と同じです(念のため)。
(注2) 勉強会の性格上、同業の方の参加はご遠慮願います。
                 (旧ハンドル名):「ブログ寺子屋(ラッキー)」

この記事に


[管理者研修] ブログ村キーワード


 おはようございます。

 さて、仕事で失敗すると、上司・先輩から注意されるだけでなく、叱られることもあるでしょう。辞書の定義は別として、ここでの「注意」・「叱る」は、広い意味での<忠告>に含めます。そこで、あなたにお考えいただきたいことがあります。
 
 世間には忠告(注意)されるのが楽しみだなどという人はいるのでしょうか。まずいないでしょう。
 ですが人間は誰にでも「盲点」があるもので、他人から指摘されないと中々気付かないものです。これは組織が法人としての生命体を有した“企業体”の場合も同じであり、その盛衰の鍵が存外ここに隠れていることは前にも申し上げた通りです。

 親は自分の子が良くなってほしいから叱っても、他人の子は気がついても注意しません。その点生徒・学生時代、あなたの“親友”は本気になって忠告してくれたのではないでしょうか。

 それと同じで、職場で上司から忠告(注意)されるのは、あなたに見込みありと期待しているから言うのです。どうでもよい人には、最低限の注意しかしないものです。嫌な顔をされ、怨まれるだけ損だからです。

 忠告されない人間は、スマホ時代でも見放された人であり、 “孤独”ともいえます。
 「言われるうちが花」です。注意されたことを感謝しましょう。それも、素直に忠告を受け入れる部下は、上司からますます目をかけられることになります。同じ忠告(注意)されるなら、自分を伸ばし好感を与える「忠告(注意)」の受け方に留意したいものです。

◆ 忠告(注意)の受け方6ポイント

1.上司の忠告(注意)はその真意を汲み取り、言い訳(合理化)せずにまずは素直に受
 けましょう。そうでないと言葉には出さずとも、名奉行遠山の金さんのセリフではないが「この期に及んで見苦しいぞ‼」ともなりかねません。

2.自分の間違いや失敗に気づいた時は自分の方から謝ることです。ただ、謝ることはい
 ともたやすいことです。何故そうなったかの原因を確かめて、今後の自分としてはどう
 したらよいかの対策を考えて素直に報告しましょう。
  「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。何故間違ったか(失敗したか)を確
 かめました。今後このようなことのないよう気をつけます。すみませんでした」
 
3.先輩が注意をしてくれることもあるでしょう。ここが大事なことですから強調します
 が、“誰が”言っているかではなく、“何を”注意されているかに注目して、素直に聞
 くことです。

4.自分の言い分があれば、注意が終わってから正直に“簡潔”に話すことです。

5.報告の時と同様、責任回避をしたり言い訳ばかりしたりして理屈づけはしないこと
 です。

6.人間ですから自己防衛規制が働き、自分を守ろうとするのは当然のことで理解でき
 ます。しかし、感情的になったり強がりを言ったりして、開き直らないことです。

 今回はここまでとし、以下管理者研修に続けます。
 では、また。ありがとうございました。

 「うたた寝の 叱り手のなき 寒さかな」 (小林一茶)



■ 管理者研修講師 『人材教育研究所』 ( http://www.hanashi.biz/ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【話し方勉強会(基礎コース)のご案内】:『より良き話をするために』

 少人数での秋の勉強会を行います。会場は「ららぽーと富士見」前のバス通りを隔てた左はす向かいです。ご興味のある方はどうぞお気軽ご参加ください。お待ちしています。

 詳細はこちら
        ☞ https://jmty.jp/saitama/les-lif/article-anlfr
        ☞ https://atnd.org/events/100850
                                    を、ご覧ください。

(注1) 主催者はポスターに記載した講師に同じです(念のため)。
(注2) 勉強会の性格上、同業の方の参加はご遠慮願います。
              
                      (旧ハンドル名):「ブログ寺子屋(ラッキー)」

この記事に

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事