ここから本文です
時々更新します!

昼寝も一緒

イメージ 1













仲の良い2人ですが昼寝も一緒にしてますね(^^)
ちなみに猫が甘える時にのどを鳴らすゴロゴロ音は、体に良い影響があるらしいです!

この記事に

開くトラックバック(0)

なかよし兄弟

イメージ 1 我が家に来て1年半の猫(ラッキー)と長男のピアノの共演中でございます。
 いつも2人でじゃれて遊んでいますが、長男がピアノを弾き始めたら、ラッキーも弾きたいのか隣に座ります。
 いつの日か2人で連弾する時が来るかもです(^^)v

この記事に

開くトラックバック(0)

我が家の招き猫?

昨年の12月に我が家にやってきた「ラッキー」玄関の出窓に飾ってある招き猫の横でお昼寝中。後ろ足で猫を蹴っています。替わりにラッキーが招き猫になってくれるのかな。イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1





















今年もやって来ました ツバメくん。5つのたまごが無事かえり、5羽元気に頑張ってるようです。

昨年は、これくらいの時期にカラスにやられてしまいました(T_T)
今年はなにがなんでも守らねばなりません。先日も朝早くカラスの鳴き声で目が覚めて玄関を飛び出しました。近所の屋根から狙ってましたね、セーフでした。

全員元気に飛び立って欲しいですね(^^)v
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

1月20日に三宮の希望の灯りに手を合わせて来ました。
 
20年前、2歳と1歳の子供の4人家族で六甲アイランドの高層マンションに住んでいました。1月17日は朝一に高槻で取引があったので7時には自宅を出発する予定でした。嫁さんは早めに起きてぼちぼち起こそうとしてた時に、ゴォーという地鳴り音を聞いたそうです。瞬間ドンッと下から突き上げられチョイ丸の重たい体が飛び上がり、その衝撃で目がさめました。マンションのコンクリートの梁がミシミシと音を立てて大きく揺れ、壁にはヒビが走りました。下の子を抱いて潰れるなと祈りました。パニックのあまり懐中電灯に電池を入れる事が出来ませんでした。今思えば、揺れがおさまってからもギシギシ鳴ってたのはマンション全体がずっと揺れてたからでした。上階の方は船酔いに近い揺れだった様です。
 
明るくなって、灘区にいる親の家が心配で当時乗っていた1BOXカーに布団をつんで六甲アイランドから出たんですが、初めて見る凄まじい状況にショックを受けました。まず見たのが六甲ライナー(モノレール)のレールが折れて海に落ちていました。島に入る側の橋が途中で折れていて気付かずに走って来た車がドーンと落ちていくのが見えました。
 
43号線に出ると阪神高速が倒れてトラックが下敷きになってました。警察の方が運転席に声をかけてましたが、まさに倒れて来た高速道路のコンクリートに挟まってる状況でした。さらに進んで2号線まで行くと、何棟ものマンションのが潰れて傾いているので、これは現実ではないんじゃないか という気持ちになりました。
 
かなりの渋滞の中、なんとか親が住んでる団地に着いたのですが、古い団地にもかかわらず無事でした。が近所の親しくしてた方の家は完全に倒壊してました。救助に来てくれたレスキュー隊の方も手の付けようが無く泣きながら次の現場に向かってました。
 
私の家族は幸いにも全員無事でしたが、近所の大勢の方が家の倒壊で亡くなられました。隣の中学校に亡くなった方の遺体を畳にのせて運びました。その時の感情は不思議にも涙も出ないくらい麻痺してたように記憶してます。
運んでる様子を報道の方や記者が追ってるのを見た被災者が怒鳴ってる光景もありました、ただ報道の方達も泣きながら仕事をしてる様でした。救急車・消防車のサイレンやヘリコプターの音が常時聞こえてましたので、一瞬、戦時中はこんな感じだったんだろうか みたいな感情が起こったのを覚えてます。
 
あれから20年が経ちました。猪名川町に引っ越して来てからも地震があるたびにドキッとして体が緊張します。子供達も成人しました。事あるごとに地震の話はしてます。2度と経験はしたくないですが必ず起こります。
 
最低限の準備はしておきたいですね。
ちょっとした記憶を書いてみました。
イメージ 1
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事