ルフトキュールングの日誌

春にロス近郊でクラシックポルシェのイベントが続けてあります。

全体表示

[ リスト ]

 今日8月12日はモンブランを諦め、テート・ルース小屋を朝6時に出発し、ニーデ・グール下り始発の

 登山電車に乗り継いでロープウエイに乗りレ・ズーシュへ。ガイドの奥さんに車で迎えに来てもらい

 シャモニーの街を横断し、ロープウエイに乗りグランモンテ3295mへ。

イメージ 1

 グランモンテの展望台からプチベルトPETITEVERTE3512mを見ます。

イメージ 2

 奥にモンブランです。

イメージ 3

 展望台を降りてガイドさんが準備します。

 ガイドさんは南仏出身の方でフランス人です。日本語は全く話せないので会話は英語で行っています。

 彼は普段、体育系大学の先生(教授)をしており、夏休みの2か月間だけアルパインガイドの仕事

 をしています。厳しいことでしられるフランス国立登山学校の出身でガイドのライセンスを持って

 います。

イメージ 4

 プチベルトに登るため、右側のリッジへ進むが途中、雪が落ちて氷壁になっており引き返して

 左のリッジへ。日本に帰って詳しい人に聞いたらプチベルトの登りは、雪が落ちて氷壁が出ていると

 難易度が上がる。と言っていたので私には無理とガイドが判断したのだろうと思いました。

イメージ 5

イメージ 6

 岩と雪のリッジを登っていきます。

イメージ 7

 Dさん。

イメージ 8

 ガイドさん。

イメージ 9

 私です。岩と雪のリッジを登り大きな岩稜の下で休憩。上のかぶった岩稜は険しく見えアイゼンで

 登れるのかなあ?とか思っているとガイドさんがここまでと。岩稜を超えると頂上みたい

 でしたけどね。普通はここまでで、他のグループもそこで引き返していました。

イメージ 10

 左から

 AIG DU CHARDONNET3842m

 AIG D'ARGENTIERE3902m

 TOUR NOIR33837m

 綺麗

イメージ 11

 下はアルジャンチエール氷河。

イメージ 12

 奥はMONT DOLENT3823m

イメージ 13

 グランモンテを見ます。

イメージ 14

 降りていきます。

イメージ 15

 自分たちが途中まで登った岩稜を見上げます。私達もですが他のグループも2つ連なった岩稜の下までで

 引き返してきます

イメージ 16

 少し降りたところの雪壁で皆さんダブルアックスで、雪壁を登っていまして私達も参加。私達は

 シングルアックス(ピッケル)で、登ったりクライムダウンします。ガイドさんが上にアイス

 スクリューで支点を作りロープを確保します。 登っているのは私です。

イメージ 17

 何回か登ったら、今度は登りでアイゼンだけで登り、下りはシングルアックスで。

イメージ 18

 アイゼンで岩稜登ったりします。

イメージ 19

 今日はこの岩稜登りで終了です。頂上には行きませんでしたが、景色も良く楽しい一日でした。

 ロープウエイを降りてホテルまで車で送ってもらいました。

 帰り際にガイドさんが。明日はバレーブランシュ氷河トラバース(イタリアまで)へ行く?それとも

 赤い針峰群へ岩登りに行く?」と聞くので、いまさら高度順応もないし、バレーブランシュは

 過去2回行ってるし、Dさんも去年行ってるし、で岩登りにしました。


 明日は赤い針峰群 クロッキュ針峰(2837m)Aiguilles Rouges Aiguilles Crochuesに

 岩登り(アルパインクライミング)へ行きます。

 



 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事